アンサンブル・ド・ミューズ ニュースレター

レッスンの事、日々の出来事などいろいろと…。

水曜日のアンシャンテでは…♪

2017-05-11 08:52:34 | Weblog
昨日はアンシャンテ原宿バレエ&ダンスでのバレエ初級基礎のクラス。
すでにレギュラーメンバーとなっているヤスコちゃんチヒロさん
バー・レッスンはプリエの練習から。
その前に…。
基本の2番ポジシオンの足の間隔は、自分の足 の長さの1.5倍くらい。
基本の4番ポジシオンの前後の足の間隔は自分の の長さ1つ分くらい。
でね…、二人とも両手バーで鏡に対して横向きになってごらんなさい。
はい、右前の4番ポジシオンで立ってみて。
じゃ、大事なポイントを説明します。
前側の小指と後側の拇指を結ぶ線を引きます。
前側のカカトと後側のカカトを結ぶ線を引きます。
「その2本の線が交わる点が出来るね…。その点の真上に背骨=軸を置くようにコントロールするのよ」
「…おぉぉ……点の上に…」
そう。
そしてね、正しい4番ポジシオンに立っているなら、片方の脚だけ上げる動きは出来ないのよ。
「…あ゛…っ、上がらない…ホントだ、動かせない…
それが正しい4番ポジシオン
じゃぁね、左手バーで4番ポジシオンに立ってみて。
はい、2本の斜線がクロスする真上に軸を置いているね。
その軸を上へ上へと引っ張り上げるイメージでルルヴェして。

じゃ、バーから手を離してア・ラ・スゴンドに。
うん、いいねぇ…
全然グラグラしないでしょ、安定して立ってられるね
「…うわぁぁぁ… すごぉぉい…
でしょ。
正しいポジシオンで立っているってことは、そういうことですね
センター・レッスンではまずバットマン・タンジュのアンシェヌマン。
ピルエットの基本の≪基≫。
それからグリッサードの基本の≪基≫を練習。
右脚後ろ5番ドゥミ・プリエから→右にグリッサード×3回→シャンジュマン→左後5番ドゥミ・プリエ→左にグリッサード×3回→シャンジュマン→右後5番ドゥミ・プリエ⇒…………
アームスはア・ラ・スゴンドのままでいいですよ。
気を付けることは、
先行する脚も後から引きつける脚も、両方の足首をきちんと伸ばしきること
片脚ずつポッコン カッコン と飛び移るような動きをしないこと
ではどうぞ

うん、ふたりとも横移動はちゃんと出来てるからね。
細かいところも丁寧にやりましょう。
グリッサードっていうのはね、“滑ること”“滑る”っていう言葉が元になっている動きなの。
だから床の上を滑るように移動するのよ、飛び跳ねちゃダメね。
それからね、必ず両脚の膝も足首も伸びきっている一瞬を見せること。
こんな風にね、とバーに凭れて両脚を左右に開いて見せる。
「ふぅぅぅん…」
実際の動きだとさ…こんな風に…、とグリッサードの見本を…。
「ほぉぉぉぉ~…
あ~、驚くほどのことじゃぁ…
はい、もう一度どうぞ

お、そうね、そうね。
跳ねなくなってきた、いいわよぉ
グリッサードは、昨日練習したグリッサード・ドゥシュのほかにドゥスもあるし、前方に移動するアン・ナヴァン、後方に移動するアン・ナリエールなどいろいろありますから、まずは基本の≪基≫を大切にしましょうね
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« そろそろノースリーブの季節ね…♪ | トップ | フェッテで方向転換…♪ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。