アンサンブル・ド・ミューズ ニュースレター

レッスンの事、日々の出来事などいろいろと…。

はじめの1歩…♪

2016-11-08 10:16:29 | Weblog
最後にグラン・アレグロね。
右脚アティチュード・ア・テール、アン・ファスから。
右にパ・ドゥ・ブーレ→グリッサード→アッサンブレ→左にパ・ドゥ・ブーレ→グリッサード→アッサンブレ→右にパ・ドゥ・ブーレ→グリッサード→パ・ドゥ・シャ→右脚からアラベスク・ソテ→アラベスク・ソテ→シャセ→アラベスク・ソテ→アラベスク・ソテ→アラベスク・ソテ→シャセ→アラベスク・ソテ→右脚からパ・ドゥ・ブーレ→4番ドゥミ・プリエ→右にピルエット・アン・ドゥオール→大きい4番クロワゼ→パ・ドゥ・ブーレ→4番ドゥミ・プリエ→右にピルエット・アン・ドゥオール→大きい4番クロワゼ→パ・ドゥ・ブーレ→4番ドゥミ・プリエ→右にピルエット・アン・ドゥオール→大きい4番クロワゼ

アッサンブレでは進行方向のアームスをアロンジェに。
パ・ドゥ・シャのアームスはアン・オー。
 アッサンブレもパ・ドゥ・シャも着地はアン・ファス。
アラベスク・ソテをしながら、下手前側から半周して上手奥へ移動。
アラベスク・ソテは2番アラベスク。
順番は大丈夫ね。
では、音楽でどうぞ

あ~、惜しかったねぇぇ、アラベスク・ソテの最初の1歩が逆だ。
「…むむ~…
パ・ドゥ・シャで着地しました、のところをやってごらん。
左脚前5番のドゥミ・プリエ、アン・ファスになってるね。
その状態で下手に向かって左脚を踏み出すと、客席にお尻を見せることになる。
それは
「… …、そうか、お尻を向けちゃいけない
うん、そうなの。
動線を説明するとね…。
まず右脚を真横に踏み出して下手に向かう→着地のときに少し方向を変える→左脚を踏み出すところで下手奥に向かう→着地のときに少し方向を変える→右脚を踏み出すところで上手に方向を変える→…………
という具合に、パごとに方向を調整していくのよ。
「…ん~、なるほどぉぉ…、そうかぁぁ…
じゃ、もう一度どうぞ

うん、方向の変え方や移動のしかたはずいぶんよくなったわよぉ
でも残念なのはね、
アラベスク・ソテを跳ぶときに、踏み切る脚のカカトが引けてるからターン・アウトが失われてるよ
「…ぬ~~ん……
ポワン・タンジュ・ドゥヴァンのときの脚のターン・アウトを守らないとね
はい、左側をどうぞ

「…ぬぁぁぁ…
そうだね、アラベスク・ソテは左脚から、だね
たくさん練習していくうちに、どちらの脚から行くのが自然でキレイなのか、自然に分かるようになるわよ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ピケで立つ脚…♪ | トップ | 1番から4番…♪ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。