アンサンブル・ド・ミューズ ニュースレター

レッスンの事、日々の出来事などいろいろと…。

ユキさん…、いいわねぇぇ…♪

2017-02-24 11:12:38 | Weblog
バー・レッスンのグラン・バットマンのあとに両手バーでルルヴェとタン・ルヴェの練習。
そのあと、プティ・ジュテの基本の基の≪基≫を。
今週はちょっと発展させましょう。
1番ポジシオン・ドゥミ・プリエ→タン・ルヴェ→左脚ドゥミ・プリエ、右脚ク・ドゥ・ピエ・デリエール→右脚からプティ・ジュテ→左脚ク・ドゥ・ピエ・デリエール、右脚ドゥミ・プリエ→右脚でタン・ルヴェ→右脚で着地→1番ドゥミ・プリエ⇒タン・ルヴェ→右脚ドゥミ・プリエ、左脚ク・ドゥ・ピエ・デリエール→左脚からプティ・ジュテ→右脚ク・ドゥ・ピエ・デリエール、左脚ドゥミ・プリエ→左脚でタン・ルヴェ→左脚で着地→1番ドゥミ・プリエ⇒…………
1番ポジシオンからのタン・ルヴェで両足の膝・足首・爪先をきっちり伸ばすこと。
片脚でタン・ルヴェするときも膝・足首・爪先を伸ばしきること。
片脚でタン・ルヴェするときに、ク・ドゥ・ピエ・デリエールした脚がふくらはぎや膝の方に撥ね上がらないように。
「バーできちんと出来ないことは、センターになったらグダグダになっちゃうわよ。バーに飛び乗るくらいのつもりで、しっかり脚を使うこと、伸ばすこと
はい、音楽でどうぞ

うん、そうね…、よろしいでしょう
センター・レッスン。
バットマン・タンジュの次に練習したのはエシャッペ・ルルヴェとルティレ・ルルヴェの組み合わせ。
右脚前5番ドゥミ・プリエ→エシャッペ→右後5番ドゥミ・プリエ→エシャッペ→右前5番ドゥミ・プリエ→右脚ルティレ-左脚ルルヴェ→右脚ク・ドゥ・ピエ・デリエール-左脚ドゥミ・プリエ→右脚ク・ドゥ・ピエ・デリエール-左脚ルルヴェ→右後5番ドゥミ・プリエ⇒エシャッペ→左後5番ドゥミ・プリエ→エシャッペ→左前5番ドゥミ・プリエ→左脚ルティレ-右脚ルルヴェ→左脚ク・ドゥ・ピエ・デリエール-右脚ドゥミ・プリエ→左脚ク・ドゥ・ピエ・デリエール-右脚ルルヴェ→左後5番ドゥミ・プリエ⇒…………
ルティレをパッセしたら5番に下さずにク・ドゥ・ピエ・デリエール。
 片脚でタン・ルヴェをするように、しっかりトルソーを引き上げてルルヴェしましょう。
はい、どうぞ

うん、そうね。
今回はふ~ちゃん、肩に力が入ってなくていいわよ
ピルエットの練習、アッサンブレとプティ・ジュテのアンシェヌマン、シソンヌの練習。
最後に今月のグラン・アレグロの仕上げ。
ピケ・アラベスクからシャセしてアッサンブレ・アン・トゥールナンをするところ、ピケからシャセまでは正面にきちんと顔を残すように。
そうすると次のアッサンブレ・アン・トゥールナンでフェッテのようなスピード感のある動きを見せられる。
じゃ、ひとりずつ、どうぞ

おぉ…、ユキさん、いいわねぇ…、ピケ・アラベスクからの動き、そのくらい正面を意識してると動きにメリハリが出るからね、いいわよぉ
あぅ…、アイさん、ピケ・アラベスクのときのアームス
両肘を曲げて内側に掻き込んでから伸ばすなんて動きは、クラシック・バレエにはありませんよ
あのね、みんな、もうひとつ大事なポイントがあるのよ。
3回目のピルエット・アン・ドゥオールはエファセのク・ドゥ・ピエ・ドゥヴァンに下りるね。
それに続くバットマン・デヴロッペ・ルルヴェをしっかりポゼとして見せる。
そのためにはすぐに脚を下さないことと、アームスでの引き上げを中断しないこと。
バットマンの脚をただ蹴り上げてホイホイと去っていく、なんて見ごたえがないわよ
バットマン・デヴロッペの脚の高さは低くてもいいけど、トルソー、とくに胸から上のポゼを崩さないこと
もう一度、どうぞ

はい、けっこうです
無地に仕上げが出来ましたぁ…
さぁ、来月のグラン・アレグロはどんなアンシェヌマンにしましょうか
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ピルエット・アン・ドゥオー... | トップ | 木曜日のアッサンブレ…♪ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。