アンサンブル・ド・ミューズ ニュースレター

レッスンの事、日々の出来事などいろいろと…。

アンシャンテで、アッサンブレの基本の≪基≫…♪

2017-06-15 09:25:18 | Weblog
グラン・バットマンが終わったら両手バーで右脚後ろ5番。
ドゥミ・プリエして右脚をア・ラ・スゴンドに擦り出して振り上げながら
左脚で跳び上がり
空中で右脚前5番に集めて
右脚前5番ドゥミ・プリエに着地
と説明しながらゆっくり見本を見せる、左側も同じように。
「これがアッサンブレの基本の≪基≫ですよん
チヒロさんハヤカワさんも初めてだからね、ゆっくりやってみましょう。
音楽でどうぞ

そうそう。
跳び上がるタイミングはいいわよ。
大事なポイントはね
先に振り上げる脚も、跳び上がる脚も、膝と足首をきちんと伸ばすこと
空中で両脚を5番に集めて、“両足”で着地すること
「アッサンブレ…、英語で言えばアセンブル、集めるっていう意味だからね」
「振り上げる脚を先に少し上げておくんですか?」
「あ、説明のために上げて見せただけ…、実際には振り上げた脚を追いかけるように跳び上がる、ほんのわずかな時間差で、ほぼ同時進行ね」
「…はい…」
センター・レッスン。
まずバットマン・タンジュのアンシェヌマン。
そのあとアッサンブレのシンプルなシンプルなアンシェヌマン。
右脚後ろ5番から→右アッサンブレ→右前5番タン・ルヴェ→左アッサンブレ→左前5番タン・ルヴェ⇒…………
アームスはドゥミ・スゴンドでね。
アッサンブレで5番ドゥミ・プリエに着地したら、次のタン・ルヴェを跳ぶまでそのプリエを守りましょう。
中途半端に膝が伸びてプリエが崩れないように気を付けてね。
ではどうぞ

おぉ、いいわよ。
両足で着地するってことをちゃんと守れているわね。
もう少し、両脚の足首を伸ばせるようになるとキレイになりますよ
センター・レッスンが終わったらヤスコちゃんはポワントのレッスン。
アッサンブレ・シュル・レ・ポワントの練習をしたり、ピケ-ルティレのシンプルなアンシェヌマンを練習したり…。
「はい、次はグリッサード→ピケ-アラベスクの練習をしましょ
右脚アティチュード・ア・テールから→右にグリッサード→左脚前4番クロワゼ・ドゥミ・プリエ→右脚ピケ-左脚アラベスク→アラベスク・プリエ→左脚から左にグリッサード→右脚前4番クロワゼ・ドゥミ・プリエ→左脚ピケ-右脚アラベスク→アラベスク・プリエ⇒…………
アラベスクは1番アラベスク
グリッサードしてクロワゼ4番ドゥミ・プリエになったときのアームスはアン・バかアン・ナヴァン
順番は大丈夫ね。
では音楽でどうぞ

おりょりょぉぉ…
「ヤスコちゅわん… 、グリッサードがまとまってないわよ…“おっとっと…”ってただ膝を緩めて歩いちゃダメ」
「… …」
「それからね、ピケ-アラベスクのときは前に上げた手の指先の方に視線を向けるの。トルソーとアームスと顔の関係性がバラバラってのはOUT」
「…あ゛…
グリッサードとピケ-アラベスク、2つのパで構成されている動きだから、どこまでがグリッサードでどこからがピケ-アラベスクかきちんと動き分けましょうね
そうそう、バー・レッスンのときに、体幹をしっかり支えるって話をしたの。
“背中からお臍に紐をかけて、キリキリキリ…と引き絞っておくイメージでね”
って…、そうするとお腹が緩まないから安定するのよって…。
ポワントのレッスンが終わって更衣室で一緒にお着替えしているときに、ヤスコちゃんがひっそりと訊いてきた。
「丹田を背中にくっつけるように…って、バー・レッスンの間中そうしていられればいいってことですよね」 
そうです、その通りです
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ポワント・バッグとして…♪ | トップ | ポワントを履いたふたり…♪ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。