アンサンブル・ド・ミューズ ニュースレター

レッスンの事、日々の出来事などいろいろと…。

日曜日のレッスン…の続き…♪

2017-07-18 10:23:09 | Weblog
Tさんとの入れ替わりで≪バレエ基礎≫のクラスに来て下さったのはSさん
私とは初めまして、ですね
グラン・プリエから丁寧に、グラン・バットマンでバー・レッスン終了。
するとSさん
「上手くバランスをとって立ってられないとか、姿勢が正しくないとか、いろいろ…」
って。
うん、そうねぇ、ちょっと修正しましょうね。
骨盤を正しく立てるには、尾骶骨をまっすぐ地面に向けるようにイメージします
肋骨が開いて持ち上がらないように力を抜きます
お臍を背骨にくっつけるようにイメージしましょう
アゴが上がらないように、首の後ろを伸ばします
カカトの下にコピー用紙を1枚敷いて、それを踏みつけないようにイメージします
…うん…、よしよし…
じゃぁね、指パッチンするから同時にルルヴェしてみて。
…… ……
…… ……
「あ゛っ…、脚が軽い…力が要らない…
うん、正しい姿勢で重心の位置も正しいからね
ではバットマン・タンジュのアンシェヌマンを

「え゛ぇぇ~…、全然グラグラしないで出来たぁ…、いっつも何かしらよたよたするのに…、えぇぇ~…
うん、安定した動きが出来てますよ
タン・リエの練習をしたあとピケ-ルティレの練習。
アームスは軸脚と同じ側がアン・ナヴァンの低い3番ね。
「ねぇ、Sさんの前にパートナーのダンサーがこうやって手を差し伸べて立ってるとしたら…、あなたはどう動きたい?」
「…相手の手の上に自分の手を置きにいく…」
だねぇ
アームスは、決められたポジシオンにただ上げておけばいいんじゃなくて、そうやってトルソーの動きをリードするのよ。
では音楽でどうぞ

おぉ、いいねぇ、安定していてキレイですよぉ
「ひとつだけ、コレなんだって思えるところがありました
そのひとつは完璧だったけど、ほかもなかなか良かったわよぉ
「お臍を背骨に括り付ける、ってイメージしやすいです
レッスン以外のときにもね、お臍を背骨にって気を付けると、それだけでも腹筋強化の効果があるのよ。
思い出したときにちょっとやってみてね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日曜日のレッスンは…♪ | トップ | 2冊…いや3冊…♪ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。