いきがかり上いたしかたなく・ぶろぐ

寄る年波には勝てないし難しいことは出来ないし、行き掛かり上致し方なくブログに頼ります。

但東暮らし 150〜青じそとトマトと鳥の羽根〜

2017-06-19 09:55:48 | 但東暮らし


この間、けんこう会館前の草引きをしていたら、ん? これ雑草ちゃうやん。青じそやん。クリスマスローズの隣に、いつの間にか青じそが生えている。いやいやいや、きのうまでは生えてなかった。

どこからきたのだ、この青じそは? と思っていたら、お向かいのおじいちゃんが植えてくれたのだそうだ。ありがとう、おじいちゃん。次の日には、肥料まで撒いてくれていた。



そして、ついさっき表を掃いていたら、ご近所さんが鉢植えのトマトを持ってきてくれた。トマト以外のものを植えてあるところに、なぜか1本だけトマトが出てきたそうで、「鉢に植えたので育ててみる?」ということだった。ちゃんとなるかな? 夏休みの宿題的な感じだな。



鉢植えのトマトを庇の下の日当たりの良さそうな場所に置き、さらに表を掃いていると、鳥の羽根が落ちていた。拾おうとしたら、あっちにもこっちにも落ちている。誰の羽根だろう。黒っぽい色のわりと小さな羽根ばかりだ。1枚だけなら拾う気になるが、こんなに落ちていると躊躇われるな。

それにしても、どうしてこんなに? 以前、名古屋の庭に大量のハトの羽根が落ちていたことがある。ハトの本体は見当たらなかったが、明らかに不穏な事件現場だった。名古屋は野良猫や放し飼いになっている飼い猫が多いからな。

私がベランダで飼っている金魚やメダカも常に狙われている。金魚池にかぶせてある網の目を細かくして、猫が前足を突っ込めないようにしたら、猫が4匹もやってきて金魚池の前で呆然としていた。毎日のように白と黒の猫が来ていたのだが、同じ色の猫が3匹いるということを、その時初めて知った。交代で来てたんかい。

このあたりでは、そのへんを歩いている猫をほとんど見かけない。知っているのは2匹だけだ。ただトンビやカラスはいっぱいいる。この羽根も何かの事件の証拠物件かもしれない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 6月18日(日)のつぶやき | トップ | 6月19日(月)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。