いきがかり上いたしかたなく・ぶろぐ

寄る年波には勝てないし難しいことは出来ないし、行き掛かり上致し方なくブログに頼ります。

カワガラス

2016-12-20 21:39:47 | 自由詩
部屋の隅っこで
体育座りだなんて
慣れないことしてみて
ずっと待っている

部屋の真ん中あたりは
時間の流れが速くて
うっかり足を踏み入れたら
どこかに流される

たぶん

ピッと鳴いて
カワガラスが1羽
私の目の前を飛んでいく
怖がりもせずに

ピッと鳴いて
またカワガラスが1羽
時間の流れに乗る
光に向かって

きっと

部屋の隅っこで
体育座りだなんて
慣れないことしてみても
何も変わらないから

部屋の真ん中あたりに
時間の濁流の中に
足を踏み入れてみて
翼を広げてみた

ピッ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 但東暮らし 109~カワガラス... | トップ | 12月20日(火)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。