気まぐれ日記

~テディベアと長崎の風景~

花の都フィレンツェ

2014年10月28日 | 海外旅行
朝からヴェネチアを1時間30分観光し
午後はフィレンツェへ(255km、約4時間
さすがに超忙しいツアーです。

まずはウフィッツィ美術館へ。


「ヴィーナスの誕生」


「春」

など、数々の名画がたくさん・・・画像が良くないのでこのくらいで・・

美術館の窓から~フィレンツェの町並み


ポンテ・ヴェッキオ
アルノ川に架かる橋。彫金細工店や宝石店がいっぱいならんでいます。


シニョリーア広場


ドゥオモ(サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂)


大聖堂のクーポラ


サンタ・クローチェ教会



夕食はやっぱりパスタ


次の日は午後2時までフリータイムを
過ごしました。
もちろん自分たちだけなのでどきどき
地図や電子辞書を抱えて、目的の場所を歩きます。

タクシーは流しはいないので、タクシー乗り場で乗るか、ホテルなどで呼んでもらいます(電子辞書登場

まずは、ミケランジェロ広場から
フィレンツェ市街を一望


あいにくの雨模様ではありましたが
とても綺麗でした

晴れた日に見たかったな~

ポンテ・ヴェッキオからアルノ川~



広場のメリーゴーランド 
ヨーロッパの風景って感じ



初めてのイタリアンレストラン

メニューはイタリア語だし、何をどうしていいのか悩んでいたら、日本人スタッフがいて親切に説明してくれて助かりました。


前菜盛り合わせ

この旅行で初めてのおしゃれなランチ
美味しかった~

次は、世界遺産マテーラです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

運河クルージング

2014年10月26日 | 海外旅行
ヴェネチアで運河クルージングといえば
もちろんゴンドラ

オプショナルツアーで
念願のゴンドラに乗りました。


ゴンドリエーレ(漕ぎ手)は
ヴェネチアでは憧れの的だそうです


低い橋の下も上手にくぐって進みます。


ヴェネチアには120以上の島が集まっていて、その間を走る運河は150、そこに架かる橋は400以上だそうです。


水の上に建っているような不思議な町並み。古い建物なので、中世にタイムスリップしたような感じ。


幸運にも今年は2回も、ヴェネチアを訪れる機会に恵まれました。

2回目とはいえ、気持ちは初めての時と同じでわくわくどきどき
何度行ってもきっと魅力的な町なんだと思います。

前回にたくさんヴェネチアの写真をアップしましたので、今回はゴンドラの写真だけにしました。

もし、ヴェネチアの町並みの写真を見たい方がいらっしゃいましたら、
カテゴリー海外旅行(5月~7月)で見て下さいね。


5月アップ分の写真。このような写真がいっぱいです

イタリア旅行、次回は世界遺産フィレンチェです
言い遅れましたが、ヴェネチアも世界遺産です
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おすすめグラノーラ

2014年10月25日 | 料理・グルメ・お土産
お友達からいただいたフルーツミックスグラノーラで朝食



これ、とっても美味しい

大きなドライフルーツがたくさん入っていて、材料はすべて有機だよ

いつものようにヨーグルトを添えて
きっと健康にもいいはずだね

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ジュリエットのバルコニー

2014年10月23日 | 海外旅行
ヴェローナは、「ヴェローナ市街」として世界遺産に登録されているそうです。

中世の町並みにローマ遺跡がたくさん残っています。

城壁跡

円形劇場

エルベ広場。賑やかな広場。

シニョーリ広場。ダンテ像。凛とした静けさ。

「ロミオとジュリエット」のモデルとなったカプレーティ家のバルコニー
庭は身動きできないほどの人で溢れていました

こんな感じで町の地下にはあちこち遺跡が残っているらしい。

ロミオとジュリエットの舞台となった町というだけで、なんだかワクワク
素敵な町でした

ちなみに、滋賀県長浜市と姉妹都市なんだそうです

次は水の都ベネチアです




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ミラノ

2014年10月21日 | 海外旅行
第1日目深夜にホテルチェックイン
翌朝8時にチェックアウト
さすがにハードスケジュール

さて、最初はミラノです。

ドゥオモ
400年以上の年月を費やして完成したイタリア最大のゴシック聖堂

大きくて綺麗で一目見て感激

入り口でセキュリティチェックあり。神聖な場所なので露出の多い服装はNGでもストールとかで巻いて隠せばOKでした。
2€払えば堂内撮影可能
聖書の物語を題材に描かれた美しいステンドグラス

16世紀に作られた扉付きの大きなパイプオルガン


ヴィットリオ・エマヌエーレ2世の
アーケード

屋根は繊細な鉄枠を用いたガラス天井、床はモザイク画で、古いけど華やかなアーケードです

レストランでランチ
ミラノ風カツレツ
仔牛の肉を叩いて薄くのばし、バターだけを使ってフライパンで揚げる。

ミラノ風リゾット
サフランで色付けしてコンソメや牛肉のだしで煮込む。

大変美味しくいただきました

ミラノは世界的ファッションの街ってよく言われるけど、確かにみんなファッショナブル

特に感じたのが、男性がオシャレ
普通に歩いているおじさん達もさりげなくファッショナブル
やっぱりオシャレっていいなぁ~

次は世界遺産ベローナへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加