食いしんぼsanaの「舌の記憶」

「舌の記憶」を中心に、日々感じたことを、
ゆるゆるとつづっていきます。

訃報届く

2017年04月28日 | つれづれノート


高校時代からの
お友だちが亡くなりました。

2週間前に届いた
お母様からのお手紙で
そのことを知りました。

4月2日に
彼女の体調が悪くなって、
早めにベッドに入ったものの、
翌朝声をかけたら、
冷たくなっていたといいます。

わたしたちはごはんを食べに
行く約束をしていて
スケジュールを調整している
ところでした。

3月31日に
「腰が痛いので延期したい。
良くなったらまた連絡するね」
というlineがきたので、
わたしも「待ってるね」と返して。

まさかその3日後に
亡くなっていたなんて。

ようやく仕事も落ち着いて、
そろそろこちらから
連絡しようと思っていた矢先、
訃報が舞い込んできたのです。

正直まだ実感が湧きません。
lineはまだつながってるし。

もしかすると本人も
体から魂が離れたことに
気づいてないかもしれない。

でも。
もう会えないんだね。
不思議です。

たっちゃん。
うまく言葉が
見つからないよ。

ご冥福を
お祈りしています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017.4月健診 | トップ | 九十九里で »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む