Tiny Happy Days

タイニー・ハッピー・デイズ。ささやかだけど幸せな日々。
そして日々を彩ってくれる音楽や文具などなど。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【文】 コクヨ Demicouper

2009-12-05 12:02:01 | 文具(ノート・紙類)
コクヨのメモ帳、デミクーパー(DEMICOUPER)です。

最近読んだ美崎栄一郎さんの『「結果を出す人」はノートに何を書いているのか』のなかで紹介されたメモ帳です。

サークルケーサンクス限定だそうで、2件目のサンクスで確保しました。

デミクーパーは、ロディアと同じような切り取りできるメモですが、最大の特徴は、ペーパーがちょうど半分で切り取れるということです。
そしてこのサイズが名刺サイズだということ。
全体でも、そして半分でも、切り取りは、さすが日本製、とてもスムーズです。

ペーパーは薄いイエローで、方眼罫も薄いブルーですから、ロディアの罫線は濃すぎるという方には良いかもしれません。
ただし、裏には罫線が印刷されておらず、表だけ使う前提でしょう。

万年筆はパイロット系に弱いようで、ブルーと色彩雫の月夜は抜けました。
ただ、表しか使わないという前提なら問題ないですね。

サイズは、ロディアの11番とほぼ同じですが、縦が2ミリほど長いですね。
問題なのは、ロディアは裏表紙の内側に厚紙があって、カバーを使うときは裏表紙と折り返した表表紙をカバーに差し込むわけですが、デミクーパーは裏表紙が厚紙と一体化しています。
このため、カバーを使う場合は厚紙を差し込むことになりますが、愛用しているポール・スミスのカバーには入りませんでした。
デミクーパーにカバーをつけて使う方は気をつけたほうが良いですね。

ところで、デミクーパーってどういうネーミングなんでしょう。
半分に切り取れるメモ帳だからデミ(demi)はいいとして、クーパーは?
もしかして自動車のミニクーパーからとりました?コクヨさん?

ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【文】 2009 Bun2大賞 | トップ | 【文】 変形ゼムクリップ その1 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ロディアカバー(No.11用、ダークブラウン、イタリアンオイルドレザー) (ロディア(Rhodia)・モレスキン(Moleskine)の使い方やカバー)
ロディアカバー(No.11用、ダークブラウンなど)おそらく私が買ったロディアカバーの2つ目はこれなんですが、ダークブラウンと書いてありましたが、全然ダークではありませんでした。むしろ普通のブラウンかキャメルを買ったのかなと思うくらいの色でした。ダークなブラ...