花遊び 山遊び
花を愛し、山を恋し、日々自然と遊ぶ。遊んだ事を記憶だけにとどめず、ブログとして記す。
発信元  流れ星☆彡




 山野草
■群れ咲く!■  少し降っていた雨も止みましたが妙に寒いです。ハクモクレンはハラハラと散りはじめました。明日は天気の予報ですのでお山へ花を見にいきます。一週間に一度は登っていないと足が鈍るのでなるだけ出かけようとしているのです。土曜日のスミレの観察会は山でしたがほんの少しの歩きなので訓練には全くなりませんでした。
  

  
19日に山火事があったので見るも無惨。スミレなどはまったくない南斜面です。でも、北斜面は焼けていないので沢山のニオイタチツボスミレなどが咲いていて驚かされました。
  
ヤマモモ
雄花・・満開で触ると花粉がちり煙のようです。
  
珍しくと言ったらいいでしょうか、ヤマザクラとオンツツツジがツーショットで写すことができました。と言うのも今年は高知はサクラの開花が大層遅れていてほとんど咲いていないのです。なんだか嬉しく見ました。
  

  

  
ニオイタチツボスミレ
香りがよいので判別できやすいのですが一番の決め手はこの毛深さだと思います。遠くからみてもモヤッとした感じでだいたい見当がつきます。そして花弁の色がこの色で底部分のいろが白。濃淡差が大。タチツボスミレはもっと色が淡いし濃淡差があまりないですよ。スミレの判別は未だに苦手ですがこのは割合わかりやすい方だと思ってみます。
  

  
シハイスミレ
葉の裏が綺麗な紫で花がピンク。そして花全体が丸。萼がエンジ色。早くに覚えることが出来たスミレです。
スミレ類は全部「スミレ」と思っていたのですが少しづつ少しづつ覚えてきて面白くなってきました。
  
コスミレ
  

  
シハイスミレとフモトスミレの交雑種
   
クサイチゴ
好物のイチゴの花が今盛りです。ゴールデンウイークの頃、赤くて美味しい苺が食べられます。
普通はこの白の花ですが
  

  
なぜかここにはピンク色の花が彼方にも此方にも咲いています。味は同じでしょうけどひょっっとしたら群と美味しいかも?と思わせてくれました。
タチツボスミレは株はかなりあるのですがまだ全く咲いていませんでした。比較に画像が欲しいので近所ヘ近いうちに見に行ってきます。

おまけ
  

  
ヤシャビシャク
「知人が種播きして一年たったので栽培してみないか?」と声をかけてくれ小さい苗でしたが育ててきました。多分3年経ったと思います。ようやく咲きました。地味な花ですが妙に惹かれ大好きな花の一つです。
 ブナなどに着生するので目の前で見るのは滅多にないのですが こうして育てると眼前でみられるのでよく観察出来ていいですね。水をとってもほしがるので何度か枯らしかけたのですが良かった~。
ブナ帯を登山するときに注意してみると木の股に特徴ある緑の葉を見つけることができます。開花は4月下旬から5月初旬。探しながら歩くのも面白いものです。全く着いていない山もありますが一つ見つけるとその山には大抵いくつも見つけることが出来ます。
(スグリの仲間なので実は美味しいです。一度少しだけ食べましたがキーウィの味がしました~)  
 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ