花遊び 山遊び
花を愛し、山を恋し、日々自然と遊ぶ。遊んだ事を記憶だけにとどめず、ブログとして記す。
発信元  流れ星☆彡




 山野草
■お初の花と清流■
 今日は晴天に恵まれ四万十川上流へお初の花「オニツクバネウツギ」を見に出かけておりました。帰宅が19時を回ったので今日見た花を少しだけ整理しUPします。今夜は早寝しなくちゃ・・少々お疲れモード。
  
四万十川と言えば沈下橋ですよね~
  
新緑の川の色も輝き、目に優しい流れが続きます。
  

  
支流の川辺にはシランの紅白。今が旬です。
  
オニツクバネウツギと言うから大きくて怖そうな花だと思っていたら,全く違っていました。コツクバネウツギに毛が生えていると言えばいいでしょう。触るとビロードのようにつやつやしていて気持ち良い。
  

  
オニツクバネウツギ・・日当たりの良い林縁に生育する落葉低木、。樹高は2mほど。コツクバネウツギの変種
若い枝や葉、花柄、苞、子房、萼片に、長さが1㎜にもおよぶ白い開出毛があることが特徴。
5〜6月ころに黄白色の花をつける。
そして県によってはレッド指定されてる植物イズハハコ
  

   

  

  
イズハハコ・・・ 日当たりのよい崖などに生える1年草または越年草。高さ20~60cmの茎頂に筒状花のみの花を密生させる。全体に白い軟毛が多い。(別名・ワタナ)根生葉はロゼット状で花期にも残る。
かなり地味な花で咲いているかどうかじっくり見なければわかりません。でも、私いがいと好きかも!!
沢山!沢山ありました。
  
ヒメミヤマスミレ
これも丁度の開花時期だったようで可愛い白の花が道路脇で愛想を振りまいているように見られました。
  

  
立ち寄った滝は一昨日の雨の所為で水量多く,豪快な流れで暑さを吹き飛ばしてもらえました。途中の道の駅で美味しいソフトクリームも食べられたし、お初の植物を見られた日となりました。

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« シコクカッコ... ルイヨウボタ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。