有限会社プランナーズ・インク
 



数年後の元旦に元号改定の話などが出ているようです。
それに便乗してというわけでもないのですが、国の「年度」と「暦年」を一緒にしてしまったらどうでしょうか?
つまり、年度の始まりを現行の4月1月に変えてしまい、年度も暦年も1月~12月にするのです。
他の地域のことはわかりませんが、コレ、北海道にとっては大きな意味のあることだと思います。
4月スタートの現在だと、予算執行がずれ込む関係で、秋口になってから急いで道路を掘り出したり、冬の寒い時期に工事をしなければならなかったり、あまり良いことがありません。
12月が年度末で、3月頃に予算執行なら、出稼ぎの必要もなくなるかもしれません。
年度末に近い2月、3月に駆け込みのセミナーが連発し、雪や悪天候で講師や参加者が来れないリスクも大ですが、これも解消できるでしょう。
事務や統計の類も、年度と暦年の3ヶ月のズレが相当のコストを生んでいるはず。
今まで議論されたことがるのか定かでありませんが、北海道から声をあげていくに相応しいテーマではないかと思うのです。