PLANKTON NEWS and REPORT

プランクトンのアーティスト・ニュース&ツアー・レポート

親指ピアノ・ワークショップ in 水戸、開催決定!!

2006-07-20 | アフリカ(ビリリ/コノノ)
コノノNo.1初来日ツアー、最初の公演を行う水戸で、よりコノノのライブを楽しむ為の「親指ピアノ・ワークショップ」が開催される事が決定しました!!親指ピアノは、この夏コノノによってがぜん注目を浴びる様になった、アフリカの楽器です。タンザニアではリンバ、コンゴではリケンベ、ジンバブエではムビラと、各地で様々な呼び名があります。今まで、エスニック雑貨店で見掛けた時なんとなく指ではじいて音を出してみた事のある方、コノノの登場で存在そのものを初めて知った方、楽器は持っていてたまに家で一人で弾いてみるけれど奏法にいまいち自信の無い方、この機会にワークショップに参加してみませんか?お子さんの夏休みの自由研究、親子揃っての音楽体験にもうってつけでは?親指ピアノはいいですよ~小さくて持ち運びもカンタン、場所を取らないし、一人でいつでも好きな時に弾けるし、騒音も出ないから。見た目の通り、「そんなに難しく無い」です(笑)。ただし、演奏には、その人のセンスが出ますね。
楽器は当日無料で貸し出し可能なので、手ぶらでご参加頂けます。同日行われるコノノのコンサートチケットをお持ちの方なら、なんと参加費500円という割引サービスもあります!
講師は、日本を代表する親指ピアノ奏者、サカキマンゴーさん。(http://mango.orio.jp/)
昨年にはコノノの住むキンシャサまで現地リサーチにまで行っている本格派で、CDも出しています。HPにあるキンシャサ産のリケンベや現地ミュージシャンとのセッションの様子などを綴った、レポートも要チェックです!
水戸で一緒にリケンベ弾いて、コノノを観ませんか?
----------------------------------------------------
「アフリカ電気親指ピアノバンド コノノNo.1」関連企画
サカキマンゴーのファミリー・ワークショップ
親指ピアノを弾こう!
----------------------------------------------------
日時:2006年 8月24日(木)16:00~18:00
会場:水戸市民会館
講師:サカキマンゴー(親指ピアノ奏者)
■対象:小学生以上
(小学生から大人までどなたでもご参加になれます。)
■参加料:1人につき1,000円
同じ日に行われる「コノノNo.1」のチケットを一緒に購入すれば、チケット1枚につき1人500円引き。すでにチケットをお持ちの方も割引します。
*親指ピアノ(調律済)は当日無料でお貸しします。
楽器を持って帰る場合は1個につき別途2,000円必要です。
■定員:30名 *定員に達し次第、締め切らせていただきます。
(主催の水戸芸術館)http://www.arttowermito.or.jp/atm-j.html
(ワークショップの概要)http://www.arttowermito.or.jp/atm-info/2100/2131.html

この記事をはてなブックマークに追加

アースデイ出店

2006-07-08 | アフリカ(ビリリ/コノノ)
代々木公園で行われるアースデイ<7/8(土)&9(日)10:00~17:0>にプランクトンのブースを出します。
この夏に来日するコノノNo,1の<ニューデザインのTシャツ/色は5色>を販売します。

プランクトン・レーベルのCDも全タイトルが試聴できます。
この2日間のみ、特別にキーラの新作『キーラ&OKI』に試聴できます。

お時間のある方は、是非、遊びに来て下さい!!

この記事をはてなブックマークに追加

京都には千住さんが!

2006-07-06 | 南米・中米
京都磔磔にはボアダムスの千住さんが、アメリカツアー帰りの
空港から駆けつけてセッション。

この記事をはてなブックマークに追加

大友良英さん飛び入りしました

2006-07-06 | 南米・中米
アルゼンチン音響派ツアー、後半戦突入です。

大友良英さんが広島クアトロにに突然あらわれて急遽
飛び入り参加しました。

山本さんがリハ終わりで衝動買いした三線、大活躍です。

この記事をはてなブックマークに追加

快適 アルゼンチン音響派

2006-07-02 | 南米・中米
アルゼンチン音響派の初日
浅草、アサヒアートスクエアがびっしりと観客で埋め尽くされました。
来てくれたみなさん、ありがとう。
ステージの左から、フラノフ(KBD)、山本さん(g)、バスケス(perc)、勝井さん(vn)、カブサッキ(g)と並ぶ。1ステージに1、2曲、休憩をはさんで、2部にはUAがゲスト参加した。
この音響派5人(+UAさん)のバランスは不思議。だれもリードしないし、何を決めているわけでもなく、超自然体。
音楽の枠のおとしどころもなく、勿論起承転結も、予定調和の盛り上げもない。
ひたすら、空気に任せ、風に任せ、呼吸に任せる。
気持ちいいですねえ。センスいい。それにかっこいい。なんだろう、これは。
アルゼンチンはワールドカップドイツ戦で惜しくも敗退しましたね。
カップなんて要らないんだよ、なんて、フラノフが言ってたけど。
彼らの音楽には争わない、主張しないかっこよさがあるような気がする。とにかく、シュールな快適さ、です。

バスケスはアルゼンチンから70キロちかいパーカッションを持ってきた。パーカッションの横に飾る木も持ってきた。
(入国の植物審査でよく通れたものです)
枯れた樹木のスピリットが漂う音響派のステージ。今日は大阪、そのあと、広島、京都、名古屋とまわって、7日(金)には東京に帰ってきます。鶯谷の、もとキャパレーだったとかいう、東京キネマ倶楽部。みなさん、お会いしましょう。


この記事をはてなブックマークに追加

Bridge今夜7時より

2006-07-02 | 南米・中米
今夜限り!これ、もう二度と見れないでしょう。

出演:
内橋和久
アレハンドロ・カブサッキ
勝井祐二
YTAMO
OORUTAICHI
サンチャゴ・バスケス
亀井奈穂子
アレハンドロ・フラノフ
山本精一

なんかすごいことが起こっています。

この記事をはてなブックマークに追加

Bridgeリハ風景1

2006-07-02 | 南米・中米
まるで実験室かどこかのようです。
妙に全員しっくりはまっていて美しい。

この記事をはてなブックマークに追加

音響派川柳

2006-07-02 | 川柳・食事・他
音響派川柳
「ファンド渦 アルゼンチンでも 株殺気」
「音の海 フラノフ のたりのたりかな」
(H)

この記事をはてなブックマークに追加

アレ

2006-07-02 | 南米・中米
マテ茶を振舞うアレハンドロ。

この記事をはてなブックマークに追加

アレハンドロ

2006-07-01 | 南米・中米
『妖精』、というか妖怪(ただし人間の味方)

この記事をはてなブックマークに追加