PLANET LULU GALAXY!

ルルの日記

KISS THE GIRL☆

2007-05-31 23:38:17 | 音楽
めっちゃかわいい~~~(泣)今度踊りマネします☆☆☆

Kiss The Girl-Ashley Tisdale


The Little Mermaid [Special Edition Soundtrack]
Alan Menken,J.A.C. Redford,Ashley Tisdale,Daughters of Triton,Jessica Simpson,Jodi Benson,Jonas Brothers,Pat Carroll,Raven-Symon?,Rene Auberjonois,Wright,Ship's Chorus
Walt Disney

このアイテムの詳細を見る

ディズニーマニア5

エイベックス・トラックス

このアイテムの詳細を見る


この記事をはてなブックマークに追加

PART OF YOUR WORLD

2007-05-31 00:05:59 | 心象風景
Little Mermaid- Part of Your world



リトル・マーメイド・スペシャル・エディション・サウンドトラック
ビデオ・サントラ, Ship’s Chorus, Daughters of Triton, Jodi Benson, Samuel E.Wright
エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ

このアイテムの詳細を見る

この記事をはてなブックマークに追加

MIND TRICK

2007-05-29 11:46:59 | 素晴らしき歌詞

I missed the opportunity
To get you babe to stay with me
Never thought, I'd regret the excuses that I' ve made
Like a song, It will fade
If there's music in the night
And it's really really right
It's the only thing I need
It intoxicates your mind
Un hour troubles left behind
So come on and take my lead
It's not just me who feels it
Music plays a MIND TRICK
Watch me forget about missing you
So I put my feelings out to dry
Love. one day again
I'll have to try
Falling out, making up
It seem such a silly game
Why do I never gain?


チャンスを逃したんだ
君と一緒にいられるチャンスを
自分の言い訳を後悔するなんて思ってもみなかったけど
まるで歌のようにフェードアウトしてゆくんだろう

夜が来て音楽が流れて
それが素晴らしいメロディであってくれれば
僕の願いはそれだけさ
音楽は人を酔わせ
トラブルを忘れさせてくれるはず
だからここにきて僕に合わせてみなよ
きっと君も感じられるはず
音楽が心にかけるトリックで
君への想いを忘れようとする僕を見ててごらん

今はこの想いを乾かすしかない
そしていつかまたがんばってみるよ
別れて、また仲直りして
なんてバカバカしいゲーム
どうせ勝ち目はないのに?

(コーラス)

 

キャッチング・テイルズ
クリエーター情報なし
USMジャパン
トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

こんにちは~♪♪

2007-05-26 12:07:38 | お知らせ&伝言
今日は関東地方、とてもいいお天気です・・・
(昨日は頭が重くてまた一日無駄にしちゃった~~...

ギタバさま、いつもコメントをありがとうございます☆☆
最近どなたからもコメントいただけなくて淋しかったノデ、めっちゃ嬉しかったデス!!いつも大感謝っ!!

リチャード・ギアの恋人さま、昨日の夜コメント拝見しまして、大歓喜しました・・!!
私のページを探し出してくださってありがとうございます!!
濃ゆ~くエディ・ホームばなしをさせていただきたいですっ!!

今からダンナさんと出かけてきます~~

皆さま、良い土曜日をお送りください~~

この記事をはてなブックマークに追加

一週間のアップダウン/「リトル・マーメイド」と「エイジ・オブ~」と「ヘイフラワー~」を借りる。

2007-05-24 13:29:22 | 映画
久しぶりの更新になります・・・。
皆さまお元気でしたか~・・??

アップダウンを繰り返した一週間。
仕事は月曜日で終わったのだけど、
バランスを崩してしまったようで・・、少しずつ、(バランスを)取り戻して行かなければ・・・。
仕事中、また歯にトラブルが起きたりして(私にとっての鬼門・・・。)またパニックを起こす。
次の日火曜日に休みを取っていたダンナさんに自由が丘の歯科まで一緒に行ってもらう・・ということになったのだけど、(途中でプンスカ怒って別行動になりました。。)
電車の中で妊婦さんに席を譲ったダンナさんのことを褒めてあげないで、哀しいキモチになったり・・・。(いろいろ事情があって。。)

いろいろありすぎて、書ききれないから、もうここでやめにします・・・
でも、ダンナさんと仲直りしたあと、一緒に観に行ったRe-Trick君たちのストリートライブで、ほんとだいぶ元気復活しました・・ほんとわくわくするね夫婦仲も復活(笑)Re-Trick君たちまたもありがとお~~(足を止めて聴いてた人みんなCD買いに押し寄せてた!!すごいっ!!
今日、笑門がんばって~~(今日も元気をちょうだいっ笑)
あっ!ちなみに「オレもRe-Trick君たちに負けられない。」って、最近またドラムとベースの練習、復活させました(笑)ダンナさん


あまりにも惚けてしまって(安心した、というのもあると思う・・。)たった微量のクリエイティブ心さえ、生まれて来ない状態なのだけど(昨日の夜、またアクシデントが起こったりしてヘコんだりしたし。。泣)今回の仕事でいろいろ、自分の勉強不足を実感したので、再度濃ゆ~い文化探索をしようという気持ちになってます・・・。
女性誌を4冊ほど買って、(装苑、ELLEELLE girl 、マリ・クレール←社会問題にも斬り込んでる内容になっててビックリ...インタビューコーナーのゲストは田原総一朗・・・)くまなく読んだり。
装苑 2007年 06月号 [雑誌]

文化出版局

このアイテムの詳細を見る

marie claire (マリ・クレール) 2007年 06月号 [雑誌]

アシェット婦人画報社

このアイテムの詳細を見る
↑4冊の中から装苑とマリ・クレールの表紙を抜粋・・。装苑の装丁、相変わらず大好き・・素敵♪(装苑の中のビョークの記事が“クリエイティビティのアウトサイダー”って題名でしたヨ☆)マリ・クレールの表紙はキルスティン・ダンストELLEシリーズは文中リンクで・・・。

あぁ。
少しずつ復活したい・・・。
そういえば前の仕事の時も抜け殻状態になったような・・・。(効率悪過ぎ。)

昨日は、なんとか立ち直ろうと思い、ツタヤで何本かDVDを借りてきましたよ。
まずはウォーミングアップみたいな感じで3本。(これからいっぱい観るつもり☆)

「リトル・マーメイド」
リトル・マーメイド スペシャル・エディション

ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント

このアイテムの詳細を見る

↑ディズニーものを観て、癒されたいと思った・・・
ほんとは「ノートルダムの鐘」が借りたかったのだけど、貸し出し中でした。
昔、“ノートルダムのせむし男”のことを詩に書いたことがあったのを思い出して・・・。
そういえば、いくつか昔書いた詩のことをボンヤリ思い出していて、この家に持ってきたノートを探してみたのだけど、どうやらその詩たちは実家に置いてあるノートにしるしてあるみたい。

ノートルダムのせむし男の詩は、「私が世界の王であることをどうしたらみんなわかってくれる?天球の上に立っているの・・ノートルダムのせむし男と同じくらい高い場所にいる・・」という詩だったような・・・ 逆説的で悲観的な帝王学??

もう一つ、復帰のためにどうしてもアップしたかった詩があったのだけど・・・(昨日の昼間、出そうと思ったそれが見つからなくてボーゼンとしてしまった...)

「虹を超えたい・・ 虹はむしへんだ  敬意をもって君に触れる 触れるはむしつくりだ 触れるはつみつくりかも・・」

↑・・とかいう詩だったような気がする。今度実家から持ってきます・・m(__)m

・・リトルマーメイドというと・・・、この前ディズニーシーに行った時に、人魚姫アリエルのアトラクションがあって(寸劇型の)その時のアリエルのセリフがあまりにもヒキコモリ的なので爆笑or苦笑したのを思い出します。。。
外の世界に(陸に対して)好奇心を持っているようなことを言っておきながら、結局は「ここ(海)が私の世界なの☆だからずっとここにいるわ♪みんなまたね~~!!」って・・・。
お客さんみんなあっけにとられて口ポカーーンって感じでしたが・・・(^_^;)
短縮版だったのかなんなのか・・・とにかくあの脚本はあまりにもいいかげん過ぎなのでは?と思う・・・(汗)

えーと・・・、実は今回が初めてのリトルマーメイド(視聴)です☆
その後、ディズニー作品を次々観る予定です・・・。
(ちなみにディズニー映画で好きなのは、「不思議の国のアリス」、「ファンタジア」、「シリーシンフォニー」ですあっ!そうだ!!「メリーポピンズ」ももちろん大好き

「エイジ・オブ・イノセンス」
エイジ・オブ・イノセンス

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

このアイテムの詳細を見る

↑今回の仕事は映画についての記事だったのですが、いろいろ調べてる間に、観てなかったこの作品をちゃんと観ておこう・・と思いました。他にも関連作をいろいろ観る予定(セレブって何?上流階級って何??最近、パ◯ス・ヒルトンのことを愛しく思うルル。。イーディ・セジウィックと同じく“純粋に”壊れてるヒトだと思うし。。そういえばブリ◯ニー・スピアーズもかなり愛しい。。)

「ヘイフラワーとキルトシュー」
ヘイフラワーとキルトシュー

アット・エンタテインメント

このアイテムの詳細を見る

↑ずーーっと観たかったんだけど、ノビノビになってました☆
ムーミントロールの国、フィンランドのかわゆい姉妹のおはなし
ジャケもめちゃ可愛いっ(うちの冷蔵庫にヘイフラワー&キルトシューのポストカード、マグネットで貼ってあります
絶大な期待
なんたって“女の子2人もの”が猛烈に好きな私だから~・・(^_^;)

去年の夏に書いた映画記事と同じく、「これ観ます!」って予告編を出してしまいましたが・・・(汗)
どうにか自分を盛り上げたいいろいろ落ち込むことがあったしね
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

マイルスの理論、エヴァンスの水の音色

2007-05-16 12:06:52 | 音楽

ルル、昨日からお仕事始めてます・・・

 

いくつものことを同時に出来ない不器用な性格なもんで、ブログを書き始めたらまたいろいろ凝り始めちゃったりして、そっちに一生懸命になってしまいそうなので、仕事を終えるまでは更新は控えようかな・・??と思ってましたが・・・。

サラッとだったらいいよね・・・
皆さま、ルルがまた独りよがりの完璧主義にならないように暖かく・・つっこめるところはつっこんでしまってください・・m(__)m
これからは感覚的にサラッとセンス良くモノを書くことも覚えたい~~。。
今日はいろいろ計画して、時間を有効につかうぞお~~。。。

昨日はキーマカレーとジャーマンポテトサラダを作ってダンナさんを待ってました・・
ダンナさんが帰って来てから、NHK教育の『知るを楽しむ』という番組を見てたのですが・・・。マイルス・デイヴィスの特集を放映してました

マイルス・デイヴィスの中の音楽理論の移り変わり・・変化を番組では追っていってたのですが、それにともなう、ジャズ界のビバップ→モードジャズへの歴史的変化の経過・・・。


1.モードジャズ以前のジャズはコード進行によって曲が構築されているのだが、モードジャズとは、音階の設定によって構築されている。

2.マイルスは今まではどうしても派手で華やかな(耳にうるさい?)音しか出せなかったトランペットの音に変革をもたらすため、ミュート奏法という奏法を編み出し、彼独特の抑えた(くぐもった)内省的な音でジャズの歴史を換えた。

↑ってところがすごく「オォーーッ...」って“目ウロコ状態”になりました。(私の“耳覚え”なので、間違ってたら教えてください。。

 

Kind of Blue

COLUMBIA/LEGACY

このアイテムの詳細を見る

↑ビバップ→モードジャズの歴史的変化のターニングポイント的存在と言われている盤「Kind of Blue」。参加メンバーは、マイルス・デイヴィス(tp)ジョン・コルトレーン(ts)ポール・チェンバース(b)ジミー・コブ(ds)キャノンボール・アダレイ(as)ビル・エヴァンス(p)

Milestones

Sony Jazz

このアイテムの詳細を見る

↑マイルスだと今んとこ、この盤が好きなんだけど、今探してみたら見つからない。。あとで見つけて聴いてみます~~

あと、マイルスの周りのジャズメン、ジョン・コルトレーン、ビル・エヴァンス(←大好き)・・あと、エンターテイナーだとフランク・シナトラとか・・(←昔、30歳年下で当時20歳そこそこのミア・ファローを嫁にしたちょいロリおやじ・笑 ギャングとも繋がりあり...)それらの面々が画面に出てきたのも「ウォォーー...!!!」って感じでした・・・。

マイルスがビル・エヴァンスの出すピアノの音色を、“澄んだ滝から流れ落ちる輝く水のような音色”と表現したというエピソードにググッと来てしまった・・・

水のような音色・・というとルルの大好きなしめやかで感傷的な作曲家、モーリス・ラヴェルも思い出しますが・・・(クラシック畑のヒトだけど...)

ビル・エヴァンスだと、一年半くらい前にダンナさんに聴かせてもらったこの盤「From Left to Right」が好きです・・

From Left to Right

Universal

このアイテムの詳細を見る

↑4曲目の“Soiree”という曲が猛烈に好きなのですが・・・、“Soiree”ってどういう意味の言葉かな・・??
“The Dolphin”も好きBeforeもAfterもどっちも☆☆

 

それ以前、まだ独身の時に、「Moon Beams」を買いました

Moon Beams

Apo

このアイテムの詳細を見る

↑ジャケットの女性、あの“NICO”ですよね・・??彼女はヴェルヴェットを演る一方でこんな活動もしてたのね・・元々は、モード系のモデルだもんね・・

その頃は、割合と自分の気持ちをアップさせるような、元気な感じのものをよく聴いていて、とても落ち着いていて静かであるビル・エヴァンスの音色は時節では無かったみたいなのですが、私の耳が成長したのか(笑)ビル・エヴァンスに今興味がある状態で、いろいろ知っていきたいです


余談ですが・・、番組の司会進行をしていた菊◯成孔氏のことを、ダンナさんが、「口数が多いんだけど、中身はペラッペラ。なんか意味があるように含みをもたせて喋るんだけど、特に意味はない。書くものもそんな感じ。こんな男が女にモテるのが許せん。」とか言ってました。。(うちのダンナさんは女の子にモテるミュージシャンが大嫌いみたい。。Re-Trick君たちをのぞいて...←彼らのことはホント女の子にどんどんウケて欲しいと言っていたから...詳しくはダンナさんに聞いてください~~m(__)m)

ルルは、「そうそう!!テキサス帽は断然ルルの方が似合う。。(??)(←菊地氏がテキサスっぽい帽子を被っていたから...)」って意味不明な言葉で相づちを打ちました・・(^_^;)


最後に・・・、ダンナさんとルルの“おバカ”な会話を。。。↓

ルル「ジャズっていろいろ難しい理論に基づいた音楽なんだねぇ。。」
チョモ「あっ、そうだよ。ジャズ=理論だから。」

(なんか敷居高くダンナさんに除外されたような気分になったルル。。こんなキモチにはお兄ちゃんとの時にもなった気が。。デ・ジャブ。。)
ルル「・・・・・絶対、あんたを超えてやる!!
チョモ「エッ!?なに言ってんの~~??笑
ルル「・・・あっ!!でもジャズ=理論じゃないと思う!! ジャズ=パッションだよ!!!絶対!!!そうじゃん!!!私知ってるもん!!!
チョモ「・・・・・・・・・・・・(苦笑)


なんか、全然(またも。。)サラッとしてない記事になってしまいましたが...
・・・今からお仕事頑張ります。。。(書き始めてから一時間半位経ってる~~泣←おバカ)



PM3:40追記・・・「From Left to Right」、3曲目の“Why Did I Choose You?”もほんと・・すごくいい曲です・・・・・泣きました・・・

 

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

5/13 Re-Trick Live in PLUG

2007-05-14 15:45:44 | 音楽
レトリック君たち、かわゆす・・・
すごす・・

(しょこたんブログ風に始めようと思ったけども、しょこたん言葉がよくわからなくてつづかないルル。。。)

昨日は4バンドの中でやっぱり君たちがいちばん素敵だったよ・・

ジャズ/フュージョン命のダンナさんは3バンド目のひとたちを前から知っていたようで、ノリノリだったりしたけど、(もちろんRe-Trick君たちの時もノリノリでした...私よりもダンナさんの方がレトリック君たちに惚れてるかも・・??)
私は、少し音が荒い(荒々しい)・・と思ってしまったの・・・。
男の人はそういうのも好きなのかもしれないけど、私は、

パワー溢れる中にも、丁寧さを忘れず、ケアが利いていて、洗練された雰囲気と上品さと繊細さが備わってるあなたたちの音楽が一番大好きだーーーい!!!

(今日はストリートライブは演られないのかしら・・??


追記:許可をいただいたので、トップにRe-Trick君画像を貼り付けました~~(エレガント・キーボーディストBinさん、お答えありがとうございます♪♪ルルの表現が止まらない~。。。)プロフのセピア色がいい感じナノデ、それを・・・

この記事をはてなブックマークに追加

不可能→可能のパラダイム変換

2007-05-13 11:24:19 | 事象への想い
『昨日、市民プールで起こった出来事・・・』↓
子供の頃からずーーーっと“カナヅチ”だったはずなのに、突然泳げるようになって、ビックリしました...(そんなことって起こるんですね...)

一年間地道にビート板でバタ足の練習をしてたのですけど、一人でプールに行くようになって、「ビート板でノロノロしてるの恥ずかしい...周りの人と同じようにすんなり泳げるようになりたいなぁ...」とか思いました。
ずーーっと「泳ぎを教えてあげる☆」って言ってくれてたダンナさんに「別にいいもん。。」と言いつづけてきたのですけど、昨日はルルから「ダンナさん教えてくださる??」とお願いしました・・・。

ビート板を外して、勇気出してダンナさんの言う通りに・・・、ずーーっと“修行”を続けていた(笑)バタ足、それにプラス、“クロールの手”をつけてみたら、ビックリ・・・!!!泳げる・・・!!!

物心ついてから、水泳の動きがなんか恥ずかしい...(←また。。)とか思ったり、(思春期の頃、平泳ぎしてたら、〈・・・のつもりで水中でもがいてたら。。〉後ろに居た男の子に指差されて「カエルみたい・・・(笑)」って笑われた、というトラウマも。。←思春期の頃は特に自意識過剰になりますからなぁ...)
たぶん出来ることを出来なくしてた何かがあったとおもうのだけど...(そのことはまた今度考えるとして...)

不可能→可能 のこのパラダイム変換・・・!!!

昨日、プールではっきり人生観が変わりました...

ダンナさんはラルフ・マッチオ、ノリユキ・パット・モリタの映画「ベストキッド」の中のこのエピソードに例えてくれました

「最初主人公が、空手を教わる時に、ただひたすらガソリンスタンドで車の窓ふきをさせられるんだよね。それで『こんなんで修行になるのか??』と疑念を持つんだけど、チンピラに絡まれて喧嘩になった時に、おのずとシャシャーーッて“窓拭きの動き”が出て、それですんなり勝っちゃうんだよね・・・笑」

ベスト・キッド DVDボックス

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

このアイテムの詳細を見る

ベストキッド↑原題はたしか「カラテキッド」ですよね??

その女の子版はコレ↓
ベスト・キッド4

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

このアイテムの詳細を見る
少女時代のヒラリー・スワンクが出演☆

私が以前“その後のヒラリーの映画”について書いた記事はコレです・・・

泳ぐの楽しいので今年の夏はもっと練習して、ガンガン泳げるようになりたい~~

今日は、原宿の369に髪の毛を切りにいったあと(もう髪の毛限界!!伸びすぎてる~~。。)、ダンナさんと渋谷の“PLUG”にRe-Trick君たちのライブを観に行きます~~
(Re-Trick君たち、今日もがんばってね~~

この記事をはてなブックマークに追加

時が熟せば師はやってくる

2007-05-10 09:14:22 | 家庭
昨日PM10:00頃、ダンナさんが帰って来て、パエリア&カルパッチョ作りました~~(大成功☆☆)

今日原稿料が入るはず・・ということで、昨日はフンパツしちゃったけど、ほんとうに今日入るんだろうか。。???

しかも、5月初旬にへんしゅうちょうと顔合わせ・・というはずだったのに、前号がずれこんでるとやらで、まだ会ってない・・・(だんだん不安になってくるよ。。)

ダンナさんばかりに苦労をかけて、ほんと申し訳ないと思うけど、焦燥感で自家中毒的につぶれるのが一番良くないから、“師がやってくるまで”あがくのはやめて落ち着いて待ってます・・・。

“時が熟せば師はやってくる”・・・ルルがダンナさんに出会ったばかりの頃、『ずっと文筆家になることが夢だった。(でも、もう諦めた。)』と話して、その時にダンナさんが言ってくれた(メールに書いてくれた)言葉です・・・。
『“時が熟せば師はやってくる”って言葉があるよね?だから諦める必要は無いと思うよ。これから叶うかもしれないから。』って・・・。

30年以上生きてて、今まで知らなかったその言葉を3つも年下の男の子(当時28歳)が教えてくれたことにビックリして(・・その後につづく言葉にも彼の中にある“素朴な優しさ”と“前向きな力”を感じたし...)それは私にとって自分自身を支える魔法の言葉になり、思えばそれが、ダンナさんとの運命の言葉にもなったのかな・・?と思います・・・。

ダンナさんも、今仕事ですごく辛い時期みたいだけど、「時が熟せば・・・」という言葉を夫婦間のおまじないにします・・・

この記事をはてなブックマークに追加

オリーブ・オイルの憂鬱

2007-05-09 20:38:04 | 家庭
今日は、ノー残業デーだって言って、「早く帰ってくるね。」って言って出てったダンナさんだけど、また今日も遅くなるみたい...

「帰る~~!!」って言ったすぐ後に、「仕事が入った~~!!」

って・・・

今日は、いいオリーブオイルを買って、パエリア(←また。。)作って待ってようと思ってたんだけど。。

鯛のカルパッチョも作ろうと思ってるんだよ~~

ダンナさん、お仕事大変ね・・・

はよ帰って来て~~~


〈おまけ〉昔ルルはオリーブ・オイル似だと言われてました・・・

この記事をはてなブックマークに追加

ハッピースマイル

2007-05-09 12:30:32 | LUSH
出かける前に記事をもう一本。

今、キッチンのふきんを漂白中...

今年のホワイトデーは、オーストラリア旅行ど真ん中だったのですが、帰って来てからダンナさんがLUSHでプレゼントを買って来てくれました・・

オーストラリア旅行中に“私だけのチョモさん”ではなくなってしまったことにダダをこね、おへそを曲げましたけど、私が自閉してただけで、相変わらず私のことを大切に想ってくれてたんですよね...ダンナさん・・・。(なんかどうしようもないノロケ記事っぽくってゴメンナサイ。。。)

日常的に“LUSH占い”、“LUSHで気分を盛り上げる”みたいなことをしているLULUですが、ここ一ヶ月半ほど、使っていたLUSHグッズはこんな感じでした・・・

ダンナさんにもらった、ギフトセット“ハッピースマイル”の中に入っていたもの

使った順に、
バスボム“ダブルハッピー”(もうLUSHには商品がないのかな??)
シャワージェル“オリーブ収穫祭
シャンプーバー“ぴかぴか
ソープ“ボヘミアン

あと、残すところは“ブラジル娘の唄”だけになってしまいました・・・
それと、この前選んでもらったミルキーバーもストックしてあります~~

ダンナさん、ありがとう・・・
おうち綺麗にしておくから、おちりごと(お仕事)頑張って~~

この記事をはてなブックマークに追加

I Know Where To Go

2007-05-09 10:56:43 | アート
ほとんど、お掃除、洗濯、洗い物etc.の家事を終わらせたので、今日はプール行ったり、初夏のお花を買ったり・・、外に出てみようかな??と思います・・・

花粉症もおさまるこの時期は本当にいい季節・・

オーストラリア・ケアンズの美術館で観た“蝶アート”の記事を書く書く...と言ったまま、叶ってませんでしたが...

もっと深いことが書けるかも・・と思って、少し温めてたんだけど...

でもこれ以上考えても、時期を逃すだけかも、と思うので、今日出します~~
書き終わったら、外に出かけてきます・・・



↑「I know where to go」(私は何処に行くかを知っている)という題名のアートですが、このペーパーで作られた蝶の下、足元には左側に“母親の胎内から生まれる胎児”→右側に“棺桶(Coffin)”が置かれていました・・・。(とっても意味深...)


ケアンズの美術館には、(いろいろあって...)ルルひとりっきりで行ったのですが、ものすごく濃密な時間になりました・・・。私にとって・・・。
いい経験をしたなぁ・・と思います☆

置かれていた閲覧者ノートに日本語で「蝶を追ってここまで辿り着きました。」と書き残しました



↑ケアンズにはこうもりがたくさん居たのですが、その大きさにけっこう驚きました・・・上はそのコウモリを描いた“コウモリアート”。これも壁にペーパーのコウモリが貼付けられていました・・・。

Twinkle Twinkle Little Bat...♪♪という、ルイス・キャロルの「不思議の国のアリス」に出てくる“キラキラ星”の替え歌を思い出します・・・


(・・・写真、ぼけぼけだから帰って来たら直すかもしれません。。)

この記事をはてなブックマークに追加

うだうだしてたら...

2007-05-08 19:47:54 | お知らせ&伝言
こんな時間になってしまった...(一つ前の記事でうっとりして宇宙人にさらわれる?

無印のバスソルトを入れて、オフロに入りました~~

今からゴハン作ってきます~~

残りの記事、蝶アートとフレグランスとアリス本の記事を書こうと思ってたのですが...

次回にご期待あれ~~

この記事をはてなブックマークに追加

逆さのままでKISS××××

2007-05-08 15:34:06 | 映画
なんで私はこんな感じの“異形のものへの恋”というシチュエーションに弱いんだろうか・・・

この記事をはてなブックマークに追加

GWとスパイダーマン/サム・ライミの逆襲!!

2007-05-08 14:05:27 | 映画
大好きな季節が(春・夏)巡ってきたのに、いきなり風邪を引いてしまった。。
風邪ひくなんてホント久しぶり・・・。
しかし、次の日には治る、この回復力の早さ・・・!!!(ガッツポーズ!!!
なにげにしぶといんだろうと思います。。。わたし。。あらゆるところで。。
だから黙ってオイラについてこい!!!(ぐうぇへへへ...←テレビで観た「スパイダーマン」に出てくるグリーンゴブリンの真似。)

えーと、つまんないギャグはそのくらいにしといて・・・

GW報告・・!!
風邪で脳細胞が破壊されたのか、書こうと思ってたことが思い出せないのですが・・・(^_^;)

来月ダンナさんのボーナスが出るまで、節約モードなので、井の頭公園に行ったり、無印良品でワードロープ棚を買って、ワードロープ整理したり、2人でいらない本を選んでブックオフに売りに行ったり(5000円の稼ぎになった!!うれぴー♪)
近所の温泉に行こうというはなしもあったけど、私にお月さまが来ていたので、それは無し。イトーヨーカドーで買い物したり・・・。
・・・テレビでスパイダーマンを観たり!!!

スパイダーマン

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

このアイテムの詳細を見る
↑観たのはシリーズ一作目☆さて、サム・ライミのカメラワークの魔法がメジャー作品でどう開花したか!!?

(↓この下、微妙にネタバレがあるかも・・??)

ルルはヒーローものが大好きなので、けっこうはいりこんで観てしまった・・・(^_^;)
劇を見てるうちに、演じるんだったら、どの役が演りたいかな・・?
って考えるのは、元演劇部部長の由縁・・・??(私がやってたのはいっつも“ナレーター”だったけど。。)

しかも欲張りなので、「偉大な力を持つ・・ということは、その力に対してのすべての責任を負う覚悟をすることだ。」と諭されるスパイダーマンに感情移入して、「ウォーー...そうなんだよね・・。うんうん。ヒーローって辛いなぁ・・。でもやり甲斐はある!!」とか、幼い頃のヒーロー願望を思い出して、スパイダーマンに憑依型&なりきり!!ってな感じになったり、
キルスティン・ダンスト演じるヒロインのMJのことを、「ヒロインとかお姫様って退屈よねー・・。ただ助けられるだけでしょ??そんな無能&無力なのヤダー!!」とか言った舌先乾かぬうちに、スパイダーマン(トビー・マグワイア 口の横が笑うと“ドコモダケ”になるところが他人とは思えない!!トビー可愛い♪♪)に危機一髪なところを救われて、ダッコされてるキルスティンを見て、「わーい!!私もダッコされた~い!!キャッ♪♪素敵~~」とか言ってたり。。。(スパイダーマンに恋をする、チャイナドレスのお姫様

でも、最終的には、悪役グリーン・ゴブリン(怪優ウィレム・デフォーが悪の悲哀を快演!!ゴブリン、めちゃくちゃ卑怯!!笑)の姿を見て「悪者って孤独なのよね・・・。チョモさん分かる・・??誰ひとりとして味方が居ないのよ??」とかつぶやく・・・。
そのせいで、「あっ!さてはおまえグリーンゴブリンだろ!?」とゴブリン扱いを受ける。。。「『オレを拒絶するものは赦さない・・・!!!』とかダダをこねるところもそっくり・・・笑」とか言われ、グリーンゴブリン+バブチャン(私の元々のあだ名。)で、グリーンバブリンという新しいあだ名をいただく。。。

・・で、最後にこと切れるグリーンゴブリンが、少し人間的な感情を吐露する場面があり、「オォーー!!アメリカ、成長したじゃん!!そうそう、あんた達が絶対悪だと思いこんでる人間にも、守るべき家族は居るし、愛する人が居るんだヨ!」と偉そうにほざくルル。。。

まぁ・・、監督サム・ライミだから・・・。

彼は、アメリカンマッチョイズムに辟易してきたタイプのいわゆる“ナーズ”だっただろうから、そこらへんの思慮深さは当然あるってことね・・・(^_^;)
(ナーズ=日本で言う“オタク”。私にとってはかなりくすぐり系なジャンルであり、私の20歳頃の好みのタイプは“ティム・バートン”でした・・・笑 そんなやるせな系のナーズ君がマッチョな筋肉バカ、アメフト選手とかに苛められてるところを助けてあげたい~~~。。。とか思ってました・・・激汗)

しかし、サム・ライミの持ち味であったあの独特のカメラワークがこういう形で昇華・・開花したのか・・!!!と思うとすごく感慨深いキモチになりました♪
ゴージャスで少しキモくて、ちょっとマヌケなヒーローファンタジーエンターテイメント(←思いついた単語を並べた・汗)の世界が繰り広げられてましたよ~~~!!!!!
成長した我が子を見るようで(←?)感動を噛みしめてしまった・・・

ちなみに、私が夢中になったサム・ライミ作品の代表的なものはコレ

地を這う死霊の動きを、長い棒の先につけたカメラを舐めるように動かす(地を這わせる)ことによって表現するetc.の画期的なカメラワーク。サム・ライミ監督の原点ともいえる「死霊のはらわた」シリーズ↓
死霊のはらわた

ビデオメーカー

このアイテムの詳細を見る

死霊のはらわた 2

ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン

このアイテムの詳細を見る

死霊のはらわた III キャプテン・スーパー・マーケット ― ディレクターズカット版

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

このアイテムの詳細を見る

↑サム・ライミの(ある意味)青春三部作(爆)シリーズ第一弾目「死霊のはらわた」(一番上)で、最初に主人公といちゃいちゃしてた女が死霊に取り憑かれた途端に容赦なく(躊躇なく。。)主人公にぶっ殺されるところに度肝を抜かれた。。。シリーズ三作目「キャプテンスーパーマーケット」では主人公は中世にタイムトリップします(何故?)。基本的に“オバカ映画”なので、三作とも怖くないですよ~~。ホラーが苦手な私も見れるくらいだから・・・(^_^;)

ダークマン [ユニバーサル・セレクション] (初回生産限定)

ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン

このアイテムの詳細を見る
↑そして闇のヒーロー、ダークマン!!私の中のヒーローの雛形とも言えそうな、狂おしく切なくやるせなく、大好きな作品・・
一度闇の世界に葬られた主人公ペイトンは、復讐のため、そして愛する恋人を守るため自らが開発した人工皮膚をまとい、ダークマンとして復活する・・・(昔、こんな一言記事を書いたこともあります・・・。)


なんか、この記事テンション高いんだか、熱がまだ下がってなくって変な風にハイになってるんだか。。。

ともかく、書きたいことがかなり溜まってるので、今日はそれらの記事をアップしようかな・・??と思います~~

この記事をはてなブックマークに追加