PLANET LULU GALAXY!

ルルの日記

AWAY AWAY AWAY

2007-04-30 18:00:50 | 音楽
Re-Trick君たちのライブで若く煮えたぎるパワーに触れ、だいぶ元気回復したルルですが・・・。

昨日はとある事情で実家に戻ることに・・・(今回は喧嘩ではありません...)
早朝早々電車に乗り・・・、
心は空虚さを極めていた・・・。

電車の途中でダンナさんにメールをして、
自転車が置いてあった吉祥寺まで戻る・・・。

今日は夏の日差しのような照り返し。
ダンナさんと待ち合わせするために、吉祥寺の街を歩いてて、
今朝の空虚な心持ちと打って変わって、
心に響いてきた(浮かんできた)のは、
HOLLIESの、「BUTTERFLY」の中の一曲。
「BUTTERFLY」の2曲目“AWAY AWAY AWAY”
しょっぱなピッコロ&フルートの音で始まる、明るくて脳天気な楽曲です。

Butterfly
The Hollies
Emi

このアイテムの詳細を見る

(「BUTTERFLY」のジャケットを思い出して、オーストラリアで見た、蝶のアートの記事をアップしようかな??と思い立つ。)

天気によって気持ちが左右するのって、すごく困っちゃうけど、落ち込むことがあっても、すぐに回復できるこんな暖かい(暑い?)日が大好き。
最終的には(人生)、南の島に暮らしたいなぁ・・・。

伊勢丹の前に出来たフローズンヨーグルトのお店で、グレープフルーツ&寒天トッピングのフローズンヨーグルトを注文(美味しい♪)
そこに昨日髪を切ったダンナさんがやってくる。
新鮮な気持ち。(可愛くなったネ☆)

2人でトークバック(ビストロ)まで歩いて行く。
途中、LUSHに寄って、石鹸を一つ選んでもらう。
「チョモさんが私に選んで。これがいいなと思ったやつ。」
ダンナさんは、ミルキーバーを選んでくれた。
(ちなみに今使ってるのはボヘミアンです・・・。)

トークバックでは、水菜と明太子のクリームパスタ、デミグラスハンバーグの揚げ卵添えを注文。

眼がすごく痛むから、明日こそは眼科に行こうと思う。


YouTube、アルバム「BUTTERFLY」からの曲は一曲も無かったんだけど、何だかちょっと淋しいからホリーズの代表的な曲をペタリ
Hollies - Bus Stop
昨日、着てたジャケットが“BUS STOP”のものだったし・・・(こじつけデスネ・・・
コメント (13)
この記事をはてなブックマークに追加

燃えつきた・・・

2007-04-27 12:21:54 | 音楽
いやぁ~~

昨日のRe-Trick君たちのライブ、ホント最高!!!でした・・!!!

ううーん・・・
こりゃ魂を浄化出来た感じですね・・・。

まるでブラジリアンダンスのように・・・
ブードゥー教のメロディのように・・・

ダンナさんとまた2人でバカ踊りをしてしまいました・・・

つーか、つき動かされるんだもん!!!←燃えている・・・

お客さんみんな大変なことになってました・・・(笑)
ほんと、大盛り上がりでしたね~~・・・

ダンナさんも日頃のストレスを全部解放・・・興奮を爆発させた後、燃えつきさせることが出来たようですが、今二日酔いで寝ております・・・(笑)

↑彼らを観てるあいだ、ずーーっと「オレは音楽が大好きだったんだよ!!!オレ、ほんと思い出した!!!音楽がオレの人生だったんだ!!!」と興奮を抑えられず叫んでおりました・・・

彼らのCD、“Beautiful Black”(Bassの井上氏のサイン付き・笑)もうちに連れて帰ってきました

今、聴いておりますよ~~!!!

これだけバランスの取れた音楽性を、狭い空間で維持しながらプレイをするのは、ホント大変だろうと思ってましたが・・・、いやぁ、彼らほんとプロですよ・・・。もう・・・。
マリリンのrunning wildの汽車の中でプレイ・・ってのを思い出すけど、昔から、多分ミュージシャンというのはどういう環境でもプレイをした・・・ということなんでしょうね・・・。そこに音楽が必要である限り!!!!!
音楽というものの原点を思い出すことが出来るんです・・・。
彼らの音楽への取り組み方、姿勢を見ていると・・・。(それは、素朴な想いであり、ナチュラルにして一途・・・。)

安心して、Groove(ノリ)を受け取り、呼応させて、こちらのGroove(ノリ)も預けることが出来る・・・。
そんな安定感は、彼らの、見えないところでの一途な練習姿が思い浮かびます。(かなり修行を積まれてますよね・・??)

なんか、またくどくど書き始めてしまいましたが・・・
なかなか表現できないのがもどかしいですが、昨日はとにかく、理性をふっとばし、野性に戻って、Re-Trick君たちの音楽にGrooveを預け、酔いしれました・・・!!!!!

魂が解放されたよ~~~~~!!!!!

Re-Trick君たちありがとう~~~~~!!!!!!!!



P.S.あっ!!そうそう!!今日は青山でしたよね・・・!!
4人とも、今日も頑張って~~~
うちは、ダンナさんの具合が立ち直ったら、行きたいなぁ~~・・。
よほどダンナさんほんと(燃えつきるほど・・笑)楽しかったみたいですよ!!(もちろん私も!!)


(トップ画像は、RE-TRICKのアルバム「BEAUTIFUL BLACK」☆ジャケデザインも知的でいい感じです♪♪ 回復したダンナさんに写真撮ってもらいました・・彼の方が上手なので・・)
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

“アヴァンギャルド精神”と完璧主義の女のコ

2007-04-26 11:56:49 | 
はぁ・・
なんか疲れるよ・・

可愛いコ見て元気になりてぇ~~

ヒトって痛いとこつかれたり、図星をつかれたりすると憤慨するんだろうけど、なるべく現実を直視したくない時ってのもあるよなぁ・・精神衛生上・・。

つまり、ファンタジーに浸るのは私を救う方法なのだ~~

それで回転してくつもりなので、なるべくイヤな現実は見たくないです・・(せめて今は...)←弱虫


STYLE BOOK 特装版(ピンク)

講談社

このアイテムの詳細を見る
↑寝れなかったけど、フトンに入ってる間、私が持ってるりえちゃんのこの本のことを書こうと思ってました。(中身も紹介したいので今度あらためて...でも、中身の写真見せちゃダメなのかなぁ・・??著作権的に・・・)


りえちゃんほどアヴァンギャルドファッションでもコンサバティヴでもトラッドでも着物でも、違和感無くすんなりと着こなせる女優さんって日本で他に居ないと思う。つまり(どんなカッコをしていても、)みんな“りえちゃん”なのだ!!(でも上の本“STYLE BOOK”で見られるようなアヴァンギャルドなりえちゃんが実は1番好き!!だって上品なまんまでそれが出来る人って他には誰も居ないもん!!
ほんと、芸術性が高く、凛とした雰囲気と無邪気さを同居させた、唯一無比完全無欠の女優さんだと思います。


美輪明宏氏もこの本↓で、現代の日本女優で一番素晴らしいのは宮沢りえだと言っておりました・・・。

美輪明宏のおしゃれ大図鑑

集英社

このアイテムの詳細を見る

それと、最近、気になる存在である蒼井優ちゃんが激やせ疑惑・・ってのがすごく心配・・・
彼女からは以前から完璧主義者のニオイがプンプンしてたし。。。

この記事をはてなブックマークに追加

昨日は歪み系ギターバンドを聴いていた・・・

2007-04-26 11:55:29 | 音楽

なんか、消耗してしまい、眠れなかったので、もう一度寝ます・・・
朝ごはんを作ってダンナさんを送り出しました

今日はレトリック君たちのライブがあるから楽しみ~~(頑張って~~☆☆
(ダンナさんと予約しましたよ~~!!笑門☆☆



〈今日の朝方書いた文↓〉(大好きな人の助言により“記事を出すときは一呼吸置いてから・・・”というのを実践しようと思う今日この頃なのだった...)


こうも日々、感情がコロコロ変わってしまう・・というのは、最近の天気にも原因があるような気がする・・・。

低気圧が来ると、頭が重くなるし・・・。

ずいぶんと浮き上がり、舞い上がったあと、また落ち込んで、陽気だった時に書いた文を見るとバカみたいに感じる・・・(T_T)

多幸症というのは、文字通り症状であり、実は心の中は空虚である場合が多いのですって。。。

つまり、今日、また暗くなってます・・・
(もう前の記事ホント恥ずかしい...)

今日は(母の具合のことを)父と30分ほど電話で話して、その後、プールに行きました~。

頭には歪んだギターの音が鳴っていた。

ほんとはだいぶ眠いのだけど、この記事書かないと落ち着かない感じかも・・・。
でも、ほんと、ここんところわたし、ヤバイ感じですね...

5月の頭あたりにへんしゅう長と顔合わせがあるので、それに向けてちょっと落ち着きます・・・



〈昨日聴いてたもの・・・↓〉

このTreepeopleというバンドも、90年代のギターバンドですが、トリプルギターである・・というのが、当時としても珍しかったのではないかと・・・。

Something Vicious for Tomorrow/Time WhoreTreepeopleC/Zこのアイテムの詳細を見る

↑このジャケヤバすぎ?でもダンナさんのOKが出たので、フツウに出します・・・。
このアルバムの一曲目“Liquid Boy”が出だしを聴いたとたん頭がぐしゃぐしゃになるくらい好きだったんだけど(切なく歪みまくるギターの音が忘れられない...)YouTubeには、動画がありませんでした・・・。(なので3曲目を貼り付けます↓)
Treepeople - Something Vicious for Tomorrow
↑トリプルギターが歪み、ひずみまくる。こりゃ狂気のさたですな。。。
PVの途中でギターVoの“ヅラ”がとれまくるんだけど。。。

Cor-Crane SecretPolvoTouch & Goこのアイテムの詳細を見る

Polvo - Vibracobra
↑Polvoも、私が猛烈に好きだった曲がYouTubeに無かったなぁ・・・。
このPVをよーく見ていると、オズの魔法使いのドロシー、ブリキ男、かかし、ライオン...が出てきます・・・。(あと、なにげに淫靡なシーンが。。こういうバンドにはツキモノなのかいな!?こんなカンジ

↓ちなみに好きだったのはこのアルバムの一曲目。(アルバムの最初にどの曲を持ってくるかってけっこう重要みたいです・・。それで“つかめるか”どうかが決まるから・・・。)

Today`s Active LifestylesPolvoMergeこのアイテムの詳細を見る

↑前知識の無い状態でワゴンセールで買ったCDですが(ちなみにスロッビング・グリッスルの「Very Friendly」もワゴンセールで500円で手に入れました)、思いのほかめちゃくちゃ良く、今でもあのつかまりどころなく迷走・・うつろい続けるギターの音が忘れられません...激しい感じの音盤は結婚した時に全部と言っていいほど売ってしまったので、これも売ってしまいました。
私が持っていたものは、Polvoのトレードマーク(?)である、“炎の中の虎”がジャケに描かれていましたが、それって特別仕様のモノだったんだなぁ・・・。(それが無いとだいぶ寂しい。。)

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ときめく春のYouTube♪(愛と奇跡を持続させるものは“信じること”)

2007-04-24 15:30:48 | 音楽
「人間関係とか恋って、頑張りすぎない方がうまく行くんだと思う。」

と言った、私と同じく“ときどき多幸症にかかる”女友達の言葉を思い出す・・・。

数ヶ月前に私がへそを曲げて以来会ってない彼女と仲直りしたいけど、また傷付くことを怖がってるわたし。。。
(この前369に行ったとき、「彼女気にしてたよ。」ってHさんに言われちゃった...)

結局、その後、T君から(彼の真意が伝わる)お便りが来たし・・・
(彼と育んだ絆を信じてればそんなことはなかったはずなのに、)私が疑心暗鬼になった結果、全部を彼女の言葉のせいにしてしまったのだと思う・・・(T君とは、私が人形学校時代にとても仲良かった“オネエキャラ”の友達です☆)

ギリシャ神話にこんな話がありました。(←ほんとはウィキペディアの解説の方が良かったかもしれないけど、相変わらず貼付けられないので、第二候補を貼り付けました☆)

・・ちなみに、その女友達、Aちゃんからもお便りもらったんだけど。。(ドアをノックしてもらってるのに自閉することが多いわたし・・
とにかく、私は、いろいろな方にすごく優しくしていただいてると思います・・・。
(ありがとうございます・・m(__)mそしてゴメンナサイ。。


CHANGES(切り換え☆)→どうやら、またお仕事もらえることになりそうです・・!!(ばんざーーーい!!!)(ダンナさんの元居た出版社で・・・!!!!!)(さっきダンナさんから電話がありました!!)


ナノ(猫)が今ルルの足元にぺにょんと甘えてきてるんだけど、猫も春になると多幸になるのかな・・??(^_^;)
あの頃から苦節何ヶ月。ナノちゃんの愛を取り戻せてホント嬉しい~~
最近、ナノはルルのことがほんと好きみたいです・・・(四六時中にゃあ~~にゃあ~~と甘えてまとわりついてくるのダ!!←キッチンに立ってる時とか大変・・笑)
(やっぱり素朴で継続的なお世話が絆を作るのね・・うふっ


仕事のことは、またどんでん返しがあったらイヤだけど(←基本的にはネガティヴマシーン。。)
私にはわかる・・!!!
行く先にはフェアリーテイルが待ってるゼ!!!


仕事のこと電話で聞く前からアップしようとしてたYouTube動画たちをペタリします!!
題して〈ときめく春のYouTube


Life
The Cardigans
Stockholm

このアイテムの詳細を見る
The Cardigans - Carnival
↑恋をすると聴きたくなる、ルルの多幸症テーマ曲(?)“素敵すぎて我慢できない”ってコピーがぴったり
以前、“お気に入りジャケ”のテーマで記事をアップしたことが・・・。


Foxbase Alpha
Saint Etienne
Warner Bros.

このアイテムの詳細を見る
↑アルバム「Foxbase Alpha」にはニール・ヤングの70年代のヒット曲“Only Love Can Break Your Heart”のカヴァーが入ってます♪(グラウンド・ビート風にアレンジしたメランコリックなカヴァーとのこと・・。←ブックレットの解説がいいカンジだったのでそのまま書きました・・
Saint Etienne - Nothing Can Stop Us
↑春になると聴きたくなる、ルルの多幸症テーマ曲(?)その2サラちゃんの動きがめちゃ可愛い~~

カーディガンズのVo.の“ニーナ”とセイント・エティエンヌのVo.の“サラ”、私にムスメが生まれたら、彼女たちの名前を付けようと思ってました・・・・でも、ニーナはもうニンテンドッグスのわんこに付けちゃったから。。(←ふとどき。。)


Vanessa Paradis
Vanessa Paradis
Polydor

このアイテムの詳細を見る
↑ヴァネッサが当時恋仲だったレニー・クラヴィッツのプロデュースのもとリリースしたアルバム☆ヴェルヴェット・アンダーグラウンドの“I'm Waiting for the Man”のカヴァーも入ってます♪
Vanessa Paradis "Be My Baby"
↑20歳頃ヴァネッサのファッションにも影響受けましたオゾンコミュニティetc.で70年代フォークロアなアイテムを揃えて、チョーカー&ショートパンツ&編み上げブーツで再現
今、ヴァネッサはジョニー・デップの奥さんであり、彼との二人のお子さん、リリー=ローズ・メロディちゃんとジャック・ジョン君のお母さんですね・・・(私より1個年下なのに立派です。。。・・・私も多幸症とは言っても自分の年を考えて自重します・・


追記:改めて調べてみたら、ヴァネッサ・パラディ、私と同い年でした~~。。
ちなみに、ロマーヌ・ボランジェと宮沢りえちゃん(←muse氏のページからいただきっ♪ぶっとび~~☆☆死語連発注・“ぶっとび”とはルルの大好きなりえちゃんがまだモチモチの頃言ってたコトバです...)は1個下、シャルロット・ゲンズブールが1個上・・・。
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

春デスネ・・・

2007-04-22 17:25:29 | 
日曜日のLULUです・・・

今日は、春キャベツと鶏肉と舞茸のペペロンチーノを作りました・・
いちお、ルルが編み出したオリジナル料理です~~(最近、そゆことも出来るようになりました・・

さて、コンビニ&本屋で一目惚れして買ったファッション雑誌・・・。
表紙が心トキメク感じです・・・

パン◯ラ・・・(注・パン◯ラじゃないっすよ!!←暴走)


FIGARO japon (フィガロジャポン) 2007年 5/5号 [雑誌]

阪急コミュニケーションズ

このアイテムの詳細を見る

この記事をはてなブックマークに追加

魔法を信じるかい?〈DO YOU BELIEVE IN MAGIC ?〉ー完全版ー

2007-04-20 22:37:21 | 素晴らしき歌詞
Do you belleve in magic
In a young girl's heart
How the music can free her
Whenever it start, and it's magic
If the music is groovy
If makes you feel happy like an
old time movie
I'll tell you 'bout the magic, and
it'll free your soul
But it's like tryin' to tell a stranger
'bout-a rock 'n' roll

If you believe in magic
Don't bether to choose
If it's jug band music
Or rhythm and blues,
just go and listen
It'll start with a smile
That won't wipe off your face,
no matter how hard you try
Your feet start tappin'
and you can't seem to find
How you got there so just blow
your mind

If you believe in magic
Come along with me
We'll dance until morning
'Til there's just you and me,
and maybe
If the music is right
I'll meet you tomorrow,
sort of late at night
And we'll go out dancin', baby,
then you'll see
How the magic's in the music and
the music's in me

Yeah
Do you believe in magic, yeah
Believe in the magic of
a young girl's soul
Believe in the magic of-
a rock 'n' roll
Believe in the magic that can set
you free, ah...
Talkin' bout magic
(do you believe like I believe)
Do you believe in magic
(do you believe like I believe)
Do you believe, believe
(do you believe like I believe)
Do you believe in magic
(do you believe like I believe)


女の子のハートにかかった
魔法を信じるかい?
音楽が女の子を解き放つ力を
音楽がイカしていれば
それは魔法となる
それは古い映画のように君をハッピーにさせる
君の心を解き放つ、魔法について教えてあげよう
でもそれは、知らない人にロックンロールを教えるようなもの

魔法を信じるなら
気にしちゃいけない
それがジャグ・バンドの音楽であれ
リズム&ブルースであれ、ただ聴いてみればいい
そうすれば、笑顔になっちまうんだ
どんなに頑張っても、それは消えないんだよ
足はタップを始めてしまうけど、どうしてそうなったのかも分からない
だから、すべてを忘れて楽しもう

魔法を信じるなら
僕についておいで
朝まで踊ろう、二人っきりになるまで踊ろう
そして、もしかして
音楽がバッチリだったなら
明日も会おうよ、夜遅くにでも
踊りに行くんだ、ベイビー、そうすれば分かるよ
音楽には魔法があり、僕の中には音楽があるということを

イェー
魔法を信じるかい?イェー
女の子の心の中にある魔法を信じるかい?
ロックンロールの魔法を信じるかい?
君を解き放つ魔法を信じるかい?
それが魔法さ、魔法を信じるかい?



魔法を信じるかい?
ラヴィン・スプーンフル
BMG JAPAN

このアイテムの詳細を見る
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

DO YOU BELIEVE IN MAGIC?( 再び・・)

2007-04-19 22:13:15 | 音楽
Do You Believe in Magic
Lovin` Spoonful
Buddha

このアイテムの詳細を見る

chitlinさんもコメントをありがとうございます・・m(__)m


今、自分に魔法をかけてる途中なので、効いてきたらお返事書きま~~す(しばしお待ちを~~

皆さまもお楽しみくだされ

The Lovin' SpoonfulーDo You Believe in Magic?


P.S.今気が付きましたが、この記事、PLANET LULUの音楽記事100個目になりますね~~

これからも、どうかスローモーなわたくしLULUを見捨てず、どうか、よろしくです~~m(__)m

音楽の魔法を信じるゾ~~イ!!!

この記事をはてなブックマークに追加

“Show girl” The Auteurs

2007-04-18 00:14:28 | 音楽
New Wave
The Auteurs
Hut/Caroline

このアイテムの詳細を見る

↑アラブのヒーロー、ストイックな面持ちが素敵なT.E.ロレンス卿がジャケット。
彼を主人公にした映画「アラビアのロレンス」は、オードリー・ヘップバーンと「おしゃれ泥棒」で共演した、吸い込まれるような魅力的な蒼い瞳が特徴であるピーター・オトゥールが主演しました・・。(そういえば、「ラ・マンチャの男」のドン・キホーテ役も彼でしたね・・。)砂漠の向こうから蜃気楼であるかのように彼が姿を現すシーンが印象的。「アラビアのロレンス」という映画は女性がいっさい出てこない・・ということから、ホモセクシャル的な匂いが見え隠れする映画だとも言われました。(淀川長治氏談・・私はちょっと眉唾だと思うけど・・・。)

The Auteurs - Showgirl

↑オトゥールズのこの曲からインスピレーションを得て、詩を書いたことがあります・・・。
トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

どうも、こんばんわ・・m(__)m

2007-04-18 00:04:53 | お知らせ&伝言
カナさん、モスコさん、コメントをありがとうございます・・m(__)m

カナさん、TBもありがとうございます・・

モスコさん、ご無沙汰してしまってました・・m(__)m

モスコさんとこのテンプレ(デザイン・・デスネ...)、めっちゃ素敵になったなぁ・・とお伝えしようと思ってたのに、うだうだノビノビになってしまってました~~
ちなみに私はNHK朝ドラでは「心はいつもラムネ色」が一番好きでした・・
上方漫才界のお話でしたが・・・。

月曜日はダンナさんがお休みを取ったので(金曜日もお休みだったので、4連休でした。)、ジャズ喫茶「メグ」に行っておりました。
マリリンの曲をアップしてから・・。
そしたら、メグにマリリンのパネルが貼ってあり、ピアノの上にもマリリンフィギュアが置いてあったので、凝視(?)してしまいました・・・。

今日は、マイナスなことを考えるのは明らかに運動不足のために違いない!・・と、一人で市民プール(室内)に行っておりました・・。
一人プールデビューでございます・・。
体を動かすと、いくらか負の気持ちを払拭できますです・・。
帰ってから、こんな風にビールを飲んでるのも考えものですが。。。(けっこう酔っております。。)

でも、いちお、アサヒのスタイルフリーという糖質0の発泡酒を選びました

Tarzan (ターザン) 2007年 4/25号 [雑誌]

マガジンハウス

このアイテムの詳細を見る

↑矛盾してますが、ちとばかりぽっこり出てるオナカを引き締めたいので、こんな本を買ってきました・・。(なぜか腹だけ出てるんですよ。。。3◯歳ですからなぁ・・明らかに長年の深酒が原因でしょう...わかっちゃいるけどやめられない!!←植木師匠の死はかなりショックでした・・。合掌...)

しばらく、市民プールに行くなり、散歩するなりで体を動かしてみようかなと思います・・。

こんなもがきあがきは、いつか、意味のあるものに羽化してくれるはずと考えつつ、日々、生きていきますよ~~~

この記事をはてなブックマークに追加

I'M THROUGH WITH LOVE (恋はおしまい)

2007-04-16 10:05:57 | 音楽

Some Like It Hot - Marilyn Monroe - Through with Love

(映画「お熱いのがお好き」より)


Essential RecordingsMarilyn MonroeMusic Clubこのアイテムの詳細を見る

この記事をはてなブックマークに追加

MY WORLD FELL DOWN

2007-04-15 22:47:19 | 素晴らしき歌詞
Just like the breath of spring, you came my way
I heard a bluebird sing, but not today
'Cause it's wintertime, and the leaves are brown
Since you went away, my world fell down
My world fell down

I see your suitcase now, packed up to go
I stop myself from crying, how I don't know
'Cause it's wintertime, and the leaves are brown
Since you went away, my world fell down
My world fell down

*'Cause it's wintertime, and the leaves are brown
Since you went away, my world fell down
My world fell down

*repeat


春の吐息のように君は僕の人生にやってきた
僕は青い鳥の歌声を聞いたけど今は聞こえない
なぜなら今は冬 葉は木枯らしに吹かれている
君が行ってしまってから 僕の世界は地に堕ちた
僕の世界は地に堕ちた

僕は今君が荷造りをしているスーツケースを見ている
泣くのはやめた でもどうやってやめたか分からない
なぜなら今は冬 葉は木枯らしに吹かれている
君が行ってしまってから 僕の世界は地に堕ちた
僕の世界は地に堕ちた

*なぜなら今は冬 葉は木枯らしに吹かれている
君が行ってしまってから 僕の世界は地に堕ちた

(*くりかえし)



プレゼント・テンス
サジタリアス
ソニーミュージックエンタテインメント

このアイテムの詳細を見る

この記事をはてなブックマークに追加

もうひとつのMOJOばなし

2007-04-15 22:28:22 | 音楽
もう一つMOJOばなしを・・・。

先日、大変なシンクロがあった・・と書いたのは、偶然心ひかれて手に取ったはずの音楽雑誌“MOJO”に付いていたCDに、私が22歳頃から(最近昔話ばっかりで申し訳ないっす。。)猛烈に激烈に好きだった曲のカヴァーが入っていたから・・・。

世の中と調和をしていない(コメントをいただいていたのに、自閉的にそんなことを思ってしまい、団長さま、くっぞこさま、Cottonさま、ゴメンナサイ...)、誰も味方が居ない、と思っていた時、この曲“MY WORLD FEEL DOWN”を耳にして、そして、私のお気に入りページ(最近コメントをさせていただけてませんが、相変わらず大ファンでございます☆)モスコさんとこのGood Timin'で、この曲のオリジナル版が入っている、サジタリアス「PRESENT TENSE」が紹介されていた。(モスコさんもまた、仲良しの音楽友達さんからのインスパイアでいらっしゃったのですよね・・?)
またもお酒がかなり入っていたのもあり、ボロボロえぐえぐ... と泣いてしまった・・・。
本当に“音楽”というものの存在に感謝をします・・・。
たった一人で居ても、幾人の人たちの脳裏に同時に流れる、(離れてても同時に)心に流れる、音楽によって、孤独から離れて、あたたかい気持ちになることができるのだなぁ・・と思いました。(・・でもこの曲がもの哀しすぎるメロディである・・ということもあり、悲劇的な気分に“浸って”しまいました。。でも嬉しかったんですよ・・。救われました・・。モスコさん、またも本当にありがとうございます・・m(__)m)

ちなみに、何回も(しつこく)出させていただいてる記事なのですが、サジタリアスのアルバム「PRESENT TENSE」のことは、過去に、この記事で書かせていただいてます。

“MY WORLD FELL DOWN”を初めて聴いたのは、たしか、21歳くらいの時に友人に借りた60年代ものの企画アルバム〈サマー・オブ・ラヴ〉シリーズの何枚目かにこの曲が入っていたから・・だったのですが、このアルバムに入っていたヴァージョンは、終わりの部分がもう少し複雑に長く作り込まれていて、効果音で赤ちゃんの泣き声etc.が入っていたり・・、かなりサイケデリックで素敵でした(もう一度そのヴァージョンを聴いてみたい...)

昨日、ダンナさんが荷物まとめて出てっちゃった時にこの曲の歌詞がめちゃくちゃ心に痛かったです・・・。



〈追記〉見つけました♪このCD↓でございます・・

Summer of Love, Vol. 2: Turn on (Mind Expansion & Signs of the Times)
Various Artists
Rhino / Wea

このアイテムの詳細を見る

近い内買います・・・スローンの「ネイヴィー・ブルース」も引き続き欲しいんだけど・・・。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

MOJO PRESENTS CD

2007-04-15 22:01:40 | 家庭
こんばんは~!だいぶあったかくなってまいりましたね・・・

コメントのお返事を書かせていただく・・などと言いつつ、

また幾多の波瀾万丈&七転八倒が家庭内で起こったりしまして・・・。

またもノビノビになっていてゴメンナサイ。。m(__)m
(来る日も来る日も「Come back tomorrow!!」〈明日じゃ~~!!〉と言い続ける映画「オズの魔法使」のオズの大魔王みたいデスネ。。)

でも、ダンナさんとよーく話し合ったので、これから家庭内のこともぼちぼち収拾を付けていくつもり・・・。

ダンナさん的には、オーストラリア記事のテンションの低さ、愚痴愚痴具合がけっこう、かなり、ショックだったそうです・・・。(今思えば、彼は、彼なりに精一杯私を気遣ってくれていたので・・)
ちょっと(だいぶ)無神経だったな・・と反省をしたので、これから、家庭内も幸せな感じに行くように、軌道修正をしていきます。(いいこともたくさんあったはずなので、オーストラリア記事の続編書くつもりです☆)

実は先週一週間は、喧嘩の末また私が実家に帰ってしまったりして、いろいろ大変だったのですが。。

昨日の夜、今度はダンナさんが家を出て行ってしまいました・・・。
(朝方帰って来ました・・。)

そして、一人っきりで音楽雑誌MOJOに付いていた付録CDをウィスキー(ホワイトホース)飲みながらラウンドしてぐるぐる聴いていたのですが・・・。
多少涙に暮れながら。

MOJO付録CDのプレイリスト↓

MOJO PRESENTS
「LOVE WILL TEAR YOU APART」

1.SPARKLEHORSE “SHADE AND HONEY”
2.JIM REID “I'M STRANDED”
3.NINA SIMONE “LITTLE GIRL BLUE”
4.JARVIS COCKER “BABY'S COMING BACK TO ME”
5.CHRIS FARLOWE “I JUST DON'T KNOW WHAT TO DO WITH MYSELF”
6.TOWNES VAN ZANDT&WILLIE NELSON “MARIE”
7.ELBOW “SCATTERED BLACK AND WHAITES”
8.ELLIOTT SMITH “TWILIGHT”
9.SUSANNA&THE MAGICAL ORCHESTRA“LOVE WILL TEAR US APART”
10.JON AUER “GREEN EYES”
11.JANE WEAVER “ONCE YOU'D GIVEN ME UP”
12.GALAXIE 500 “SORRY”
13.BUFFSEEDS “SPARKLE ME”
14.THE IVY LEAGUE “MY WORLD FELL DOWN”
15.THIRTEEN SENSES “FOLLOW ME”


12曲目のギャラクシー500の曲、“SORRY”をラウンドして聴く。

最近少し心が離れ気味だった、ダンナさんとのことですが、怠惰にならずよーく話し合いながら、もう一度2人で頑張ります。
昨日、ギャラクシーの“SORRY”が一番心に響いてきた・・というのは、明らかに自分のダンナさんへの仕打ちを悔いていたのだと思う・・・。

・・・最近、(喧嘩の日々が続いていたとは言っても、結局は仲直りしてくっついてしまう)ダンナさんと一緒に、井の頭公園を散歩したり、一人でも散歩したり、お散歩好きになりました・・・

家で音楽をじっくり聴いたり、本を読んだり、文章を書いたりするのも楽しいけど、少しずつ外にも出て行こうかな・・と思います☆

引き続き、今年の抱負の一つであったゴハン作りも頑張る

ちなみに今日はマグロを買ってきて、マグロの“ヅケ”を作って、ご飯に乗せて海苔と万能ネギを散らすマグロ丼を作りましたよ~~(あと、お味噌汁・・。昨日はモツ煮込みとゴーヤチャンプルーと筍ご飯を作りました・・。)

P.S.この記事は家庭内のゴタゴタを書いてしまい、かなり恥ずかしいカンジですが、「それで軌道修正出来るなら・・。」とダンナさんがアップすることを許可してくれました。

この記事をはてなブックマークに追加

60年代&90年代の高揚感を併せ持つThe La'sのフィーリング

2007-04-13 20:27:19 | 音楽

昨日、オーストラリアで買った音楽雑誌MOJO(この記事のsy_rockさまへのコメントでそのことを書きました♪)に付いていた付録のCDを聴いていて、大変な偶然・シンクロがあって、またも割合悲劇的な意味合いで高揚していたのですが、今日起こった高揚感は割りと“脳天気な”高揚感。
あまりにも、体の中でグワーーーーっ!!!と来てしまったので、“脳天気な高揚感”を得た音楽のことから書きます☆

なんとなく、私のCDが多量にぶちこんである“無印のボックス”の中をごそごそ探していて、見つけた1枚。
「おぁ~~~...懐かしいなぁ・・・」
って、私の相棒アップルちゃんのI Tunesで聴いていたのですが、エラく脳天気にノリノリになってしまい、エアギターでバカ踊りをしてしまった。。。

ラーズ(+8)ラーズユニバーサルインターナショナルこのアイテムの詳細を見る

↑90年代に輝ける天下の名盤!!目玉ジャケが目玉フェチである私には涙もの...(^_^;)

ギター&Voのリー・メイヴァースは、60年代マッチョで偏屈もの。若年寄りのこだわり派。
いっつも眉間にシワを寄せているような“ムツカシイ”表情にグッときてしまいました・・・(笑)
同じく、リヴァプール出身の“時代錯誤バンド”であったステアーズとよく比較されてましたが、90年代当時に存在した音楽雑誌“Parade”で、The La's=現代の森田健作であり、ステアーズ=青春ドラマ時代の森田健作であるという違いがある・・という評論がされていたのに笑ってしまった・・・(^_^;)
つまり、60年代音楽の雰囲気を、90年代風にアレンジした音楽・・ということなのだと思います。
でも、60年代音楽を、そのまんまモノラル録音で再現した“60年代バカ”であるステアーズもめちゃくちゃ好きなのでありますが・・・。(chitlinさんに伝言・・私が耳元で怒鳴られたのって、たぶんドラムの人じゃなくて、ベースの人だったかもしれません・・汗 ギョロ目でキチガイ・・だけど、金髪サラサラの素敵少年・・・笑)

ちょっと明るい光が見えてきた感じですが、どうも、ご心配をおかけいたしました・・m(__)m(前の記事までエラく切羽詰まった雰囲気をかもしていたのにすみません...)
(ギリギリまで緊張感を保持していると、突然リラックスしてくることがある。
極限まで緊張すると、自動的に。
それって、人間の体でしごく当たり前に起こることみたいです。)

ゼア・シー・ゴーズ~シングル・コレクションThe La`sユニバーサルインターナショナルこのアイテムの詳細を見る

The La's - There She Goes
↑19歳当時何度も何度も見たMV♪♪ホント、泣くほど...むちゃくちゃ好きだ・・この曲。。ときめき過ぎちゃう。。ドキドキが止まんない。。(めちゃくちゃ盛り上がってたら、ダンナさんに怒られてしまいました
The La's- There She Goes
↑こっちのヴァージョンも素敵☆バンドを組みたくなりますね・・・。
The La's - Feelin'
↑この曲もめちゃくちゃ高揚する!(ゴハン作った後、解説をプラスします。。。)

Cottonさまにもコメントをいただいていましたが、伝言もさせていただけなくてゴメンナサイ...m(__)m
団長さま、くっぞこさま含めまして、ぼちぼちお返事させていただいて、リアルでもNETでもすんなりと起動・・なんて感じでいけるといいなぁ、と思います☆

では、今から夜ごはんを作ってきます~~♪♪

コメント (5)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加