PLANET LULU GALAXY!

ルルの日記

お花見の準備

2006-03-31 17:54:58 | 家庭
明日、ダンナさまと2人きりでお花見をするので、今からお花見用の筑前煮を作りまーす。
そして明日の朝は、鯛飯を炊いておにぎりにして、鶏のから揚げを作って、卵焼きを作ります♪
お花見楽しみ♪♪♪ダンナさまは、昨日買ったばかりのウィスキー、ジョニーウォーカーのブラックレーベルを持っていくみたいです。去年は飲み過ぎて大変なことになったので、今年はひかえなければ~・・・。

この記事をはてなブックマークに追加

ニーノ・ロータの音楽でぬるま湯の中の蛙になる

2006-03-31 17:32:13 | 音楽
昨日は、ダンナさまはお休みをとって、ダンナさまのお母様とお姉様と私たち夫婦で吉祥寺でランチを食べに行きました。ダンナさまのお母様にハワイ旅行のおみやげをいただきました!可愛いサイケ調のミニバックとピンクのハイビスカスのストラップと、いい香りのアロマソルト・・・!ウフフ♪うれしいです~(^_^)
ダンナさまは、バランタインの12年ものをいただいてました。お姉様は、カルバンクラインのショーツをものすごくいっぱい・・・(^_^;)
ダンナさまのお姉様って、すごく面白いです!お一人でハワイに行かれて、バーンとあのスカイダイビングをやったことがあるみたい・・・。す、すげー!!
私の小さい肝っ玉が何とか耐えられるのは、花やしきのローラーコースターとディズニーランドのスペースマウンテン(←大好き)くらいまでです~・・・。

まだ、ダンナさまのご家族に会うのにすごく緊張するのですが、出かける前にどんよりとナーバスになっている私のためにダンナさまがなんともおまぬけな音楽をかけてくれました。甘く楽天的で、ハワイアン的な要素も入っている音楽で、ダンナさまが、その音楽に「ルルのプリもけつ~♪オケツまっぷたつ~♪」とこれまたおまぬけな歌をのせて歌ってくれるので、私はガラガラを見せられた赤ちゃんのように、ニヘ~っと笑顔になってしまいました。すごく嬉しそうに笑ってたみたいです。
その後、吉祥寺から帰って来た後も、昨日はずっと2人でこの曲を聴いて、「オケツまっぷたつ~♪」と歌ってました(^_^;)

その曲とは、フェデリコ・フェリーニの「GIULIETTA DEGLI SPIRITI(魂のジュリエッタ)」のサントラに入っている「AMORE PER TUTTI」という曲。(ほんとうにのん気で楽園的でマヌケです。)フェリーニ作品には欠かせない作曲家、ニーノ・ロータの手によるものです。
「魂のジュリエッタ」は、81/2の主婦版といった感じなんだそうですが、私はこの作品は見てないです(^_^;)
同じくフェリーニ監督、ニーノ・ロータ音楽のコンビによる映画「ボッカチオ'70」の牧歌的で、無垢で、ゆえに悪夢的な印象もある音楽を思い出してしまいました。
「ボッカチオ'70」は、オムニバス作品なのですが、その監督の一人をフェリーニが担当。
街のど真ん中に立てられたエロティックな看板(牛乳会社の宣伝)に反対して、撤去を求めるモラリストの中年男性が、夜中看板から抜け出してきた美女(恐ろしく巨大!)に幻惑される話で、牛乳のCMソングとして物語の合間合間に流れる曲が、子供のコーラスの入った、同じメロディを重複する楽しげなんだけど悪夢のような音楽で、それが忘れられないんです。私。
巨大美女の役が、あのスウェーデン産のボリューム女優アニタ・エクバーグ(同じくフェリーニ監督の「甘い生活」にも出てました。)で、スクリーンからはみ出しそうな金髪のムチムチ姿に観てる私の方もうなされそうになりました。

ニーノ・ロータの音楽って、南国の陽気のようで、すごくリラックスできるのだけど、下手すると、ぬるま湯の中の蛙が温度が上がっても気付かなくてそのままぐつぐつゆだって死んでしまうというあの話のように、音楽に取り殺されてしまうような深みと意地悪さがありますね(^_^;)

魂のジュリエッタ
ニーノ・ロータ, サントラ, WANANI
Priject-T

このアイテムの詳細を見る


「ボッカチオ’70」オリジナル・サウンドトラック
ニーノ・ロータ楽団他
BMGビクター

このアイテムの詳細を見る

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

「装甲騎兵ボトムズ」のニヒリズム

2006-03-29 17:46:51 | 素晴らしき歌詞

週末にブログのことでダンナさまに相談を聞いてもらったのですが、日常のことでお茶を濁さず、ちゃんと、音楽や映画のレビューを書くという方向性で行こうと決心したのですが、私の頭に一番最初に浮かんだもの、書きたくなったものは、アニメでした(苦笑)

装甲騎兵ボトムズ

私の家は、子供たちは週一回、土曜日だけテレビを見ていいという決まりがあったのですが、次兄がどうしても、水曜日放送のこのアニメを見たかったようで、親にお願いして例外として見せてもらってました。その頃私は11歳で、次兄は14歳。
私には少し難しすぎて、もう少し子供っぽい、「戦闘メカザブングル」「重戦機エルガイム」などが好きだったのですが、大人になってから、ニヒリズム的な雰囲気に満たされたこのアニメの魅力がわかってきました。
11歳の私はストーリーなど何もわからずに見ていたのですが、大人になってから「装甲騎兵ボトムズ」のストーリーを知って、その切なさに猛烈に感動して、胸が痛くなりました。
その資料は、実家に置いてあるので、〈装甲騎兵ボトムズ、レビュー第2段〉として書きますね。
(いやぁ・・・、少年アニメは子供だましではなく、大人が見ても素晴らしいものが多いですね。そして、少年時代に感受性に響いたものは未来へのおみやげとして持ち歩けると思います。その箱の中に何が入ってるか楽しみ☆)

今回は、「装甲騎兵ボトムズ」のオープニングテーマの“炎のさだめ”について書こうと思います。
この歌詞は、ボトムズの主人公キリコの生き方そのものを表していると思うのですが、
うっ・・・!かっちょいい~~!!!(T_T)いいですね。男に生まれたからには(←生まれてないケド・・・)こう生きたいです!私!



ぬすまれた過去を さがしつづけて
おれはさまよう 見知らぬ町を
炎の匂い しみついてむせる
さよならはいったはずだ 別れたはずさ
地獄を見れば 心がかわく
たたかいは あきたのさ
さだめとあれば 心をきめる
そっとしておいてくれ
明日にああつながる 今日ぐらい

くだかれた夢を ひろいあつめて
おれはさすらう あてない旅を
ゆらめく影は よみがえる悪夢
さよならはいったはずだ 別れたはずさ
おまえを見れば 心がひえる
たたかいは あきたのさ
さだめとあれば 心をきめる
そっとしておいてくれ
明日にああつながる 今日ぐらい




これが、“炎のさだめ”の全歌詞です。


ダンナさまと好きだった少年アニメの話をしたりするのですけど、あまり話が合わなかったりしますね・・・。
ダンナさまは、王道の「機動戦士ガンダム」、「超時空要塞マクロス」が好きだったみたいです。
私は、“ガンダム”は、家のテレビの決まりのために、見る機会が無かったし(でも、アムロと、シャアの妹セイラさんのムフフな関係とか下世話な小知識は知ってるんですけど・・・。)“マクロス”は、あの、主人公・一条ヒカル(←この優柔不断&自分勝手男のどこがいいんだ?ヒロイン・フィアナ一筋の「ボトムズ」のキリコの爪のあかを煎じて飲ませたい・・・。)をめぐる、リン・ミンメイ&早瀬美沙の冷めた闘いが、なんだかなぁ・・・と思い・・・。この女たち、2人ともすごくイライラさせる性格で、つまりキャラクターに全然魅力を感じませんでした。
その点、「銀河漂流バイファム」、「未来警察ウラシマン」なんかすごく良かったんですけど・・・(^_^;)キャラが魅力的ということで・・・。
あと、メカデザインに関する意見も違いました。ダンナさまは、“ボトムズ”の良さはわからないと言ってましたね・・・。(私はボトムズのメカデザインめちゃくちゃ好きです。)“ガンダム”のメカデザインが素晴らしいと・・・。
“マクロス”については、私が「セル画が雑で汚くて最悪だった。」と言っていたのですが、ダンナさまは、「映画版はキレイなんだよね~。」と言ってました。う~ん・・・。意見が合わないなぁ・・・。
私とダンナさまは3歳年が離れてるので(ダンナさまが3歳年下・・・。)、些細なジェネレーションギャップが出たのかな?と話し合いました。
まぁ、その差異って、すごく楽しめます。実際、意見の違いで話がすごく盛り上がったし・・・。

なんか、話がずれちゃったけど、とにかく、「装甲騎兵ボトムズ」のオープニングテーマ“炎のさだめ”かっこいいです!!!


装甲騎兵ボトムズ DVDメモリアルボックス
クリエーター情報なし
バンダイビジュアル

 

炎のさだめ
クリエーター情報なし
キングレコード

 

装甲騎兵ボトムズ 総音楽集
クリエーター情報なし
キングレコード

 

コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

楽器バトン

2006-03-28 22:46:27 | Weblog
oceanさまに優しいアドバイスをいただいて、新しい記事を書く気持ちになりました・・・。oceanさま、取り乱した文に、優しくお答え下さって、ありがとうございましたm(__)m

ほうけてしまい、テーマが出てこないので、くっぞこさまからいただいていた楽器バトンをそろそろ書こうと思いました。
でも、「継続は力なり」というoceanさまのお言葉を裏切ってしまうような私の楽器歴・・・。く、く~!(T_T)でも、くっぞこさんのようなひねりの利いた笑いをあみだすような機智は私はもちあわせてなく・・・。それでは、私の専売特許である、“バカ正直”を用いて答えさせていただきまする~・・・。

Q1:あなたのやっている(やっていた)楽器と楽器歴を教えてください。

ピアノ。ドラム。

ピアノ=まず幼稚園から、ヤ○ハ音楽教室に通ってました。音楽教室の先生って、なんであんなにヒステリーな人が多いんだ~・・・!!!少しでも音が揃わないと幼児相手に、泣く、叫ぶ・・・。コワカッタヨ~!!!(でも、うちの次兄の奥さまもピアノの先生なのですが・・・。岡田奈々似の明るいヒトです・・・。)
やな思ひ出→「ルルちゃん、おしっこ我慢してるんでしょ?」と聞かれ、幼児に芽生えたばかりのプライドが許さなくて、「そうです。」と言えず、ずっと我慢・・・。しかし我慢しきれず、他の幼児の前で見事におもらしをしてしまった・・・。頭の中が真っ白になった。世界が終わったと思った。ひそひそと「我慢してたんだね~・・・」という周囲の幼児のささやき声が人ごとのように遠くに聞こえた・・・。世の中の先生方!!幼児の自尊心を甘く見ないでください!!!でも、先生は優しくおトイレでお世話してくれました・・・。(厳しかったのは音楽に対してだけだったのかな?)
その後、小学生になってから、個人宅のピアノ教室に籍を移す。
しかし学校での学級委員長業での、独裁政治にて手腕を振るう?ことにはまりこんでた私はロクに練習をせず、ピアノの先生にも呆れられる。
結局6年間で、バイエル→ツェルニーくらいまでしかいけず、発表会で、自分よりも幼い子たちより、幼稚な演目しか弾けないことにプライドが傷ついた(←じゃあ、練習しろよ~!)
中1頃に、ピアノ教室はやめる。
その後、なぜかNHKの「大人のためのポップス講座」の教則本で「ラブ・ミー・テンダー」を練習。初恋の人の家で披露するが、初恋の人は、シューマンのなんたらかんたらを弾けちゃうような、私とは比較にならない上級者だった・・・(汗)負けた~(T_T)

ドラム=20歳の頃、ふと思い立ち、ロッキン・オンのバンドのメンバー募集に応募。
「ヴェルヴェットアンダーグラウンドのコピーをやります。」との・・・。
歌は音痴で歌えないので、では、ドラムで・・・。
スタジオに入る時は緊張して、一杯ひっかけないとやってられませんでした・・・。
一杯ひっかけて、だいぶ陽気になってからスタジオに・・・(←「学問ノススメ」のたけし似)
ツインギター、ベースレス。
リードギター?のHさんは、中野のレコード屋の店長さんで、10歳年上。ヴェルヴェットのコピーをやるといって、メンバーを募ったくせに、あまりヴェルヴェットはお好きではなかったようで、突然、ストゥージースのサーチ&デストロイのフレーズを狂ったように弾いたりするので、みんな困った顔をしてました(^_^;)
サイドギターのTさんは、2歳年上の4AD好きのシューゲイザー。Hさんが、「Tくんって練習しないんだも~ん。」と私にグチを言っていた。どうやら同棲中の彼女に手を焼いていて、それどころじゃなかったらしい・・・。
ボーカルのS嬢は3歳年上、通称弁当屋のNICO。なぞの多い人だった・・・。

そんなこんなでしたが、なんとなく居心地が悪く、「ルルさんってシド・バレットとか大江慎也っぽいよね~。」とかそんな風に思われてるのもイヤで(新派の方ごめんなさい。)「やめる」と告げて、電話で、「何でそんなにやる気がないんだ!」と説教されるも、脱退。

〈おまけ〉
ギター=長兄に17歳くらいの時教わる。The Whoの「My Generation」だけ弾けるようになった。
ベース=次兄に19歳くらいの時に教わる。メスカリンドライブの「(GIVE THEM A)BIG BREAK」だけ弾けるようになった。
(どっちも今は忘れてると思うけど・・・。)

Q2:あなたがその楽器を始めたきっかけはなんですか?
あわわ。。。上に書いてあります・・・。

Q3:もっとも影響を受けたミュージシャンは誰ですか?(複数回答可)
モーリン・タッカー→真似できそうだったから。 

Q4:あなたが楽器を演奏していてよかったなぁと思ったときのことを教えてください。
自分は今男前かもしれない。と思ったその瞬間。

Q5:もし生まれ変わったらどんな楽器をやってみたいですか?
マグマのクリスチャン・ヴァンデのように、空気椅子でマッチョなドラムを叩きたいです。

Q6:あなたのメイン楽器パートでソロを弾く(吹く)ときの手癖は?
手癖が生まれるほど練習しませんでした(T_T)

Q7:楽器の目標
照れないで、自分の言葉のように自由に楽器を操れたらいいなと思います。その前に練習!!!ですね・・・汗

Q8:回す人
どなたか、持ってってくらさ~い・・・m(__)m

oceanさま、こんなに情けない私でごめんなさい~~(T_T)
コメント (11)
この記事をはてなブックマークに追加

突然、別れが来てしまったら?

2006-03-27 18:25:46 | Weblog
知識のなさ、力量なんてことを言い訳にせず、音楽についても、映画についても、ちゃんと語ろうと思ってた矢先のevergreenサマのブログの閉鎖・・・。

いまだショックから抜け出せません・・・。

スパムメールの防御法はないのか?という話を昨日ずっとダンナさまとしていたのですが、目新しい対策は無いように思えました。
ただ、事故を防ぐためにも、メールは削除しない方がいいみたいです・・・。(evergreenサマ、今さらこんなことを言ってしまい、ごめんなさいm(__)m今、失われたデータを取り戻す方法を、ダンナさまと一緒に考えてます・・・。)
 
インターネットは、そもそも軍事目的から生まれたそうですね。
一つの基地が破壊されることで内部機密の情報が失われるのを防ぐために、情報を拡散する目的で作られたということなのですが、それにしては、こんなにも簡単にデータが失われるというのは、インターネットって脆いのかな?という疑いが出てきました。
いまだにインターネットの正体がつかめない私です。

いろいろなことを思案しつつも答えのでない現状です。

楽しかった時期は祭りのようなものだったのかな・・・?
輪が出来たと思い込んだのは私の妄想だったのかな・・・?
ダンナさまは、「ネットって、“輪”ではなくて、文字通り“網”なんだよ。」
と言ってました。
それがインターネットの良さとも言えるのかもしれませんね・・・。
“輪”は、バランスを崩すこともあるので・・・。
“輪”は、他の因子をはじき出してしまう可能性もあるので・・・。

ずっと、昨日ダンナさまと話していて、(ダンナさま、私のブログのことで、ずっと話を聞いてくれて、ありがとうね・・・。)ダンナさまがネット上で知り合った人と、実際会ってすごく仲良くなった話とか聞いて、うらやましくなってしまった・・・。
ダンナさまの友達が、東京からずいぶん遠くの県のネット友達のところまで、フラっと遊びに行った話とか、「お前、東京出てこいよ~。」とみんなで言って、その人は東京に出てきたとか。
おとぎばなしだぁ~!!!と思いました。

ダンナさまは、前々から、「ネット上で知り合った人とは、長い付き合いになることが多いよ。大切にしなね。」と言っていて、私はすごくワクワクしてしまってました(^_^;)

でも、ダンナさまが、今を通じて仲良くなる友達とネットで知り合ったのは、今から10年前、みんな学生だった時なので、人生の方向性を決めなければならないその時期は、特殊だったと言えるかもしれません。

私の周りの方は、社会に出てらして、家庭を持ってらっしゃる方が多いので、それぞれの人生に影響をおよぼすような過激なことをしないで、手を振るくらいの方が良いのかもしれません・・・。

とブツブツ考えて、まだ答えの出ないルルです。
ほんと、空想癖激しいですよね・・・。




コメント (13)
この記事をはてなブックマークに追加

階下から不気味な音が・・・

2006-03-24 18:51:09 | Weblog
階下の家がすごくうるさいです。
赤ちゃんのいる家庭なんだけど、赤ちゃんの声はいいんです。泣き声が聞こえるとすごく安心した気持ちになるくらい。赤ちゃんの声ってすごく耳に心地よいです。癒されます。
でも、時々(当然大人によるものと思われる)ドスッドスッという鈍い、大きい音がしてくるんですよね・・・。
ドリブル?
それが長い時間続くのですごくイライラした気持ちになります。
私が一年以内に買った数少ないCDの中の一枚、オーシャン・カラー・シーンの「ANTHOLOGY」を少し大きめの音でかけてごまかしました。
“YESTERDAY TODAY”を聴くと昔を思い出して感傷的な気持ちになります。
(当時は買うほど好きなわけではなかったんだけど、鮮明に印象に残ってて、時々すごく聴きたくなる曲ってありますよね。この曲もそう。
前にいたち野郎さんのところで紹介されていた、ペイル・ファウンテンズの1stアルバムに入ってる曲、“REACH”もそうです。)
ちなみにうちのダンナさま、オーシャン・カラー・シーンのこと、モーチャン(下半身だけでっぷりしている女の人のことを言うらしい・・・)・カラー・シーンって茶化します・・・。バカにすんな~~(T_T)
 
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

アストロヘルメット、ゲット!

2006-03-23 22:51:55 | ゲーム
「どうぶつの森」の仕立て屋、“エイブルシスターズ”で、アストロヘルメットを手に入れました。
昨日まで赤ちゃん帽子とおしゃぶりでバブファッションだったルルチャンは、アストロヘルメットで2001年宇宙の旅風にイメチェン。
バブルルが大好きだったダンナさまは、悲しみのあまり後ろで飲んだくれてます(・・・と書けと言われました^_^;)

この記事をはてなブックマークに追加

のんきに昼寝

2006-03-23 20:07:42 | ヘンテコな夢
ルルです。こんばんは。
お掃除の手を少し休めて記事をアップしようと思いました。
かかってるのは、BOSSA TRESの「JUCA BOBAO」。インドの山奥で~♪みたいな感じの曲です。

最近花粉症がひどく(3×年間花粉症になったことがなかったのに、人間らしい精神生活をとりもどしたらなぜかとたんに花粉症になってしまった・・・。)ぐじぐじの鼻をごまかすために?よく昼寝をしてしまいます。

昼寝中ダンナさまから電話がかかってきました。
私は夢を見てる途中でした。
で、ダンナさまに夢の内容を寝ぼけながら話しました。
「ジェットコースターに乗ってたんだぁ!なんかそのジェットコースターって走るたびにレジロールの紙がクルクル出てきてうざったいのね~。そんで途中で降りて空を見上げたら、どうぶつの森のお花みたいな風船がいっぱい浮かんでたの~。」
「のんきだねぇ~(笑)」
「ちがうの、ちがうの!ここからだんだんデンジャラスになっていくのよ!自分が住んでいるって設定のマンションに帰ったら、となりの部屋が小沢真珠(この前休みの日にダンナさまと一緒に見た昼ドラに小沢真珠が出てたからその印象が残ってたんだと思う・・・。ちなみにケンカする時のルルは青木さやかか小沢真珠に似てると言われます・・・。←コワイヨ~!!)で、それで私の部屋に暴漢が入ってきて・・・。」
「夢の内容じゃなくてルルちゃんがのんびり昼寝してるのがノンキだって言ってるの~(笑)」

そうですよね~汗
ダンナさま、もうルルは起きました。
今夜のゴハンは肉じゃがにしますよ~!

この記事をはてなブックマークに追加

思春期痩せ症と少女の自意識過剰

2006-03-22 22:43:54 | 事象への想い
久しぶりにテレビで見た石原さとみが以前と比べてすごく痩せているのに気がついた。

テレビに出ている人やメディアに露出している若い女性は、たいがいの場合、だんだん痩せていきますね。

「蛇にピアス」という作品で、20歳で芥川賞を受賞した、金原ひとみさんも、受賞当時と比べてみて、ずいぶん痩せてしまいました。
最新作「AMEBIC(アミービック)」で、コーヒーと錠剤しか口にしない主人公は、作者である彼女自身とリンクしているような気がします。

ちなみに、うちのダンナさまが“自分の彼女に読んで欲しくない本”は、漫画=岡崎京子 小説=金原ひとみ らしいです・・・。
この前パルコの本屋さんで金原ひとみさんの本を買おうとしたら止められました。
「ルルちゃん、いい年をしてイタいよ~?」って(笑)

岡崎京子さんは、若い頃よく読みました。でも彼女が書こうとしたこと、全然理解できなかった。彼女はヌーヴェルバーグやアメリカンニューシネマからの影響が見られると、よく評論されてましたが、それらの映画が好きな私も、岡崎さんのことは最終的には彼女自身が読者に対して何を伝えたいのか解りませんでしたね。
思春期時期に人がよく抱えてしまう苦しみを、全部ファッションやスタイルに還元してしまっているような気がして、誠実ではないように思えました。
では、この漫画を読んで影響を受けてしまった若い読者の行く末の責任はちゃんと取れるのか?と思いました。(彼女は数年前に起こった交通事故で意識不明になってしまい、それから今に至って目覚めない状態だそうです。でも、作品は若い世代を中心に売れ続けているらしい・・・。)
そういえば、岡崎さんも「リバースエッジ」という作品で、過食嘔吐でスマートな体型を維持しているモデルの女の子を描いてました。

売れていくにしたがって、痩せの傾向を見せる芸能人の女性ですが、うちのダンナさまお気に入りの松下由樹と鈴木京香(でもこの人も数年前のドラマ「オンリーユー」で過食嘔吐のモデルを演じていました。鈴木京香がモデル役なんてキャスティングミスだ!!と非難ゴーゴーだったそうですが・・・。京香さんをいじめるなよ!!)のたくましさはスゴいですね・・・(^_^;)
最近、ちとばかり痩せてきたルルですが、ダンナさまは、もっとモチモチの京香さんみたいなオクサマになって欲しいみたいです。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

吉祥寺散歩

2006-03-21 23:31:32 | おでかけ
今日は、なかなか朝起きられなかった・・・。

起きた後ダンナさまとジャズ喫茶「メグ」に行きました。
並んで、ジンジャーエール、アイスコーヒーを飲み、アヴァンギャルドを見つめる・・・。

メグを出たあと、井の頭公園を散歩。
桜の開花にはまだまだかかるみたいだけど、祭日なのでかなり人が居ました.

音楽を奏でる人、お店を出す人、ワンコを散歩させる人・・・。
久しぶりに人混みに出たので少し人酔いしてしまった・・・(+_+)

帰ってから少しお昼寝。

起きてから、美味しいお魚を食べに行きました。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

イベント報告

2006-03-19 22:20:39 | Weblog
金曜日の夜、ダンナさまが高円寺のイベントスペースでDJをやりました。
いつも、中野で“TOP GUN”というイベントを主催している、ダンナさまのお友達のスーパーDJテツヤさんの企画&主催でございました。
いつもテツヤさんのイベントではハウス系中心の選曲なのですが、今回は幅広いジャンルをかけるというコンセプトだったみたいです。

ダンナさまがかけた曲のリストがコレ♪

1.WILLIE BOBO “Always There”
2.GREETJE KAUFFELD “Cabaret”
3.JAMES MASON “Rhythm Of Love”
4.RONNIE FOSTER “Why Don't You Look Inside”
5.CORTEX “Mery Et Jeff”
6.SAMBALANCO TRIO “Sun Blues”
7.COS “Babel”
8.KRAAN “Let It Out”
9.MAGMA “Last Seven Minutes”
10.MICHEL URBANIAK “Stick It In”
11.KING CRIMSON “Cat Food”
12.EDITION SPECIAL “Rock'N'Roll”
13.FRANK ZAPPA “My guitar Wants To Kill Your Mother”
14.BRAIAN AUGER & THE TRINITY “INDIAN ROPE MAN”
15.GONG “Master Builder”
16.SOFT MACHINE “Soft Space”
17.EKSEPTION “Pice For Symphonic And Rockgroup In A Minor

18.LONNIE LISTON SMITH “Explorations”
19.MARVIN GAY&TAMMI TERREL “Ain't No Mountain High Enough


(2)ダンナさま、コレの原曲のブロードウェイミュージカル「キャバレー」の劇中歌“Cabaret”は、劇が佳境に入ってからかかるので、もう少し後にかけて欲しかったです~~・・・。
(8)けっこう好きです。私はジャケデザインのクオリティと、楽曲のクオリティは比例するもの、つまり、中身が良いものはジャケも良いものだと思い込んでいましたが、“KRAAN”のジャケデザインは、ダンナさまも認めるほどほんと最悪。だけど内容は良質です。
(9)ヌォォォォォ~~!!!クラブ空間で聴くとこの曲高揚します!!!マグマの女性スキャットがこんなにも脳下垂体を刺激するとは、ルル3×年始まって以来の体験!
というか、気付くの遅すぎました・汗 ごめんなさい・・・。
(10)ダンナさまが一番好きな曲はこの曲らしい・・・。
(13)、(15)、(16)あたりはダンナさまの土壇場といった感じですね。
そして、(6)は、もちろんですが、私が盛り上がったのはやはり(19)でした・・・汗 まんまでごめんなさい。
みなさん、クラブ空間で私は、マーヴィンになりましたよ~!!!エーゴ出来ないはずなのに、歌ってた、ほんと、歌えてたんだって!!!マーヴィン&タミー、ひとり二役で歌いましたよ~!!!うぁ~・・・、盛り上がったなぁ・・・。(←私だけ?)

踊ってくれた方ありがとうm(__)m
たぶん、みなさんジャズロックとか知らない若い世代の方だと思うのだけど、踊ってくれましたよ~~♪♪
もう一つのスペースでテツヤさんタイムだったのは、とても不利だったのデスが・・・(^_^;)
ダンナさま、頑張ったね!おつかれさまでした☆☆☆

今度の「TOP GUN」は、4月7日に中野Heavy Sick Zeroで行われるみたいです♪♪

追記・私、(10)のMICHEL URBANIAKの曲、マグマの曲と間違えてたみたいです・汗(9)のマグマもめちゃくちゃかっこいいですけどね・・・。(10)=発狂スキャットの使い手の奥さんと変質的ヴァイオリニストのダンナさんによる魑魅魍魎的なサウンドが特徴。めちゃかっちょいいですよ!
コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

イベント

2006-03-17 21:03:35 | おでかけ
今から高円寺でダンナさまがDJをやるので行ってきまーす!
変態プログレとジャズロックをかけるらしい・・・。
楽しみ~☆
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ルルは、「どうぶつの森」のトミに恋をしている

2006-03-17 15:20:38 | ゲーム
はぁ・・・(ため息)また現実逃避・・・。
ルパン三世の五右衛門に恋をした時もあった・・・。友人に「今好きな人がいるの!」と話し、「誰?」って聞かれて、「ルパン三世の五右衛門。」と話し、あきれられたなぁ~・・・。
ガンバの冒険のイカサマのことが大好きだったこともあったなぁ・・・。

トミはわりとオカマっぽいキャラで、メメしい感じなんだけど、ほんと可愛い(目がハート)
大好きなので、可愛い家具が好きなトミのために、毎日たぬきちのお店で“可愛い家具”をチェックしてトミにプレゼントするのだ・・・(へへへ)今日は、「バブチャン(←今の私のあだ名)くん、大好きだよ~!」と言ってもらえて、ドキドキしてしまった・・・!うわぁ~!!!はずかしい~~~!!!ダンナさまにまたバカにされる~~(>_<)

今日は、お手紙にプレゼントをつけて投函した・・・。
トミの部屋には音楽がないので、“いいコンポ”をプレゼントにつけました。

大好きすぎて、たまにイジワルもしてしまいます。
住人の後ろにぴったりくっついて歩くと、住人が「何するの~!」って怒ったり落ち込んじゃったりするんだけど、トミは後者。「ぼくをそんなにおしても、アンコなんてでてこないよ~・・・。」と落ち込んでしまいます。かわいい~~(萌え~)
そのあと、しつこく話しかけると「こっちにこないでよ~。またいじめるんでしょ~?」と泣いてしまいます。
うわ~!!!可愛すぎる!!!
他に可愛いトミの発言は、「ぼくいま、モカジャバにはまってるんだ~。そういえばきみのかおいろってモカジャバみたい・・・。じゅるっ・・・」とか・・・(^_^;)トミってくいしんぼさんみたいです・・・。
トミが引っ越さないで、ずっとプリチリ村に居てくれたらイイナ~・・・。「引っ越しする」って言われるたびに引き止めてます。そして私の誕生日には、トミがプレゼントを持ってきてくれると嬉しいな・・・!(どうぶつの森ではプレイヤーの誕生日に、一番仲の良い住人がプレゼントを持ってきてくれます。)

ダンナさま、ゲームのキャラクターでしかもワンコのキャラなんだからヤキモチ妬かないでね~!
(ダンナさまは、ワシのキャラクター、アポロが心の支えみたいです^_^;)

それにしても、トミっていぬたまにいた、ジャック・ラッセル・テリアの“はじめ”にそっくり・・・。

この記事をはてなブックマークに追加

アリモノでゴハン

2006-03-16 23:46:44 | 家庭
今日は急に外が嵐になり始めたので、家にあるものでゴハンを作りました。
ササミカツ、麻婆春雨、里芋の味噌汁・・・。

昨日の夜、ダンナさまと、去年10月1日に入籍してからの生活、未来のことについて話し合いをしました。

外はすごい雨・・・。
ダンナさまは荒れた天気ってすごく好きみたいです(^_^;)
相米慎二監督の「台風クラブ」とか思い出すなぁ・・・。(今日のは台風じゃないけど。)

あぁ、それにしても、ダンナさまって、バカ前向き・・・(褒め言葉)
後ろ向きな私とはぴったりな相性かも・・・(^_^;)

この記事をはてなブックマークに追加

どうぶつの森で、好きなかけ言葉。

2006-03-16 15:58:13 | ゲーム
「メソメソ」が口ぐせのアヒルのキャラ、ナッキーの「アタイはまだまだ元気だよ!」って言葉。

「ネッ!」が口ぐせの犬のキャラ、トミの「好き、きらい、好き・・・」という謎かけ。
(うまく答えられると、トミからプレゼントをもらえる。)

コメントと、コーギーちゃんと、ブライアン・ウィルソンで元気になりました。
ありがとう・・・m(__)m

この記事をはてなブックマークに追加