子供の夢をかなえたい

娘Noneが大阪の公立高校生になります。センター受験最後の受験生。現役必須でがんばります。

辞める会社だけども。

2016-12-20 21:21:48 | 会社のこと
今日、午前中、給与明細の入力の仕方とか説明して、年末に
送るカレンダーの住所を印刷する年賀ソフトの使い方を説明
して、あと、電報をネットで申し込むのに電話の通信費と
同時に引き落とされるようにしているから、そのログイン
パスワードとかを話して、中国の人だから日本人は未だに
葬式と結婚式に電報を使う説明からしたりしていたんだけど。

中国の人は、北区にある事務所に歩いて通える場所に
住んでいる人なので、お昼は自宅でとるために帰るのですが。

そのときに週3回ぐらい会社に来ているお爺ちゃん社員が、
実は自分も12月28日付けで引退しようと思っている話を
私に打ち明けました。

まあ、おじいちゃんは、自分が前に正社員で長く勤めていた
会社の取引先の相手で会社に残っているひとを相手に営業して
今の会社を通して仕入して販売するを仕事にしていて、その
営業が仕事につながったときだけマージンのように給料を
もらっていて、普段は交通費をちょっと色をつけて貰っていて
その代り週3回営業のほかの会社の雑用のお手伝いなどを
していたのですが、もうその営業先の知り合いが引退して
どんどんいなくなって、もう時代が変わったと思うから
引退するんだと言いました。

でも、私が辞めるのを一つの転機と思ったかもしれないと
思うところがあるし、私が辞め時だと思ったのは社長が
セレブ団体に所属してから人を見下すような態度をとる
ようになったから付き合いきれなくなったと思ったところも
あるので、おじいちゃんも同じように社長から上から目線で
対応されるのに疲れたのかもしれないなと思います。

それを聞いて、「わあ、次の中国人の人、社長と二人きりで
仕事をこれからしていくんだ。」と思って、今は日本語が
堪能な中国人の人が来て、すごくいい人が来て、社員に
対して敬語に近い丁寧語で話しているけど、続くかどうか
わからないし、たとえ敬語で対応しているとしても、やはり
仕事で無茶ぶりをするのは今でもなので、二人きりになると
中国人のひともついていけなくなってやめてしまうかも
しれないなと思っています。

中国語で引き合いをしてくる会社が取引先にあります。
その商品名を私には日本語で書き直してメーカーに
見積依頼書を書くように指示していましたが、社長が
出張するときに残していたのは中国語(繁体字)の
商品の引き合いがそのまま残されてました。

次の中国人のひとは、機械部品の中国語なんか商品知識が
ないので、日本語でなんていうかわかりません。中国人の
人は私に聞いたのですが、私も繁体字の中国語で機械部品の
名前が書いてあるのはわかりません。

私がグーグル翻訳を使うのを勧めて、日本語に訳すと変な
日本語が出てきたので、英語に訳して、でも不安なので
繁体字をそのまま日本の漢字になおしたものを併記して
見積依頼を出そうと提案しました。

あと、出張中に12月の締め日までに経理ソフトを締めて
経理事務所にデータを渡さないといけないので、交通費
などをいまわかっている分を入力しておくので、書いて
置いておいてくださいと頼んだものなのですが、

日本人の私でも今まで読むの苦労する汚い字が、そのまま
そこにも書かれていて、次の中国人のひとは読めない字
連発。

みなとみらいとか西京極とか、日本人なら知ってるから
多少汚くてもわかるという地名も、中国の人にはなじみが
ない地名とかで汚い字だとギブアップ状態。

前に社長の個人的な付き合いの名簿を作る仕事を頼まれて
美津和という名前の会社なのだけど、津の字が汚すぎて
一遍書いた字が間違えたのでぐちゃぐちゃに線で消した
ように見えたので、「これ美和ですか?」って聞いたら
「美津和や」とか言ってキレてたような人なので、

あと、書類も、前に似たような取引をした履歴を省みる
ことができるように今回の取引の書類といっしょに
くりっぷして渡されることが多いのだけど、整理されて
ない状態で渡されるので、今回の取引がどれか、見分ける
作業がいります。

それは、貿易の個人企業などで働きなれた者にはある程度
処理できるものではあるのだけど、正直それでも、前回の
取引の数字を今回の取引の書類に入力してしまう間違いを
することがあります。

それがときどきあることで、私は人間的に欠陥があると
非難されたので、それをこの給料でミスなく完全にやれる
人が雇えるというのなら、見つけてみなさいと今回辞める
ことにしたのですが、

中国のひとは、前回の取引と今回の取引の書類の区別を
するところから、できるかどうか自信がなさそう。

まあ、私が辞める、お爺ちゃんもやめる、新しい人が辞めたら
本当に困るから、そのへんは親切丁寧に社長も対応するように
なるかもしれないけれど、

一応、次の人がいないときに、私にだけお爺ちゃんは辞める
ことを言ったので、私は聞いたことを内緒にしています。

私はお爺ちゃんが辞めるのを知らないまま辞めるテイに
するもんなんだろうなと思います。

私も辞めることを社長に言う前にお爺ちゃんに相談しました。
お爺ちゃんは社長に聞いたことを言ったかどうか真相は
わかりませんが、言わないでと言っていたので言ってない
のだろうと思います。

次の中国人のひとが、それでもこの仕事を続けるか、
仕事内容とか、社内環境とかに不満をもってすぐに辞めて
しまうかは、もう私の裁量の問題ではないのだろうと
思います。

今日、お爺ちゃんが辞める話を聞いた後、お昼のお弁当を
近所の弁当屋さんに買いに行ったあと、次のひとが環境に
耐えられなくてすぐやめちゃうことを想像して、なんか
ナニワ金融道的な世界だなと思っていました。

ある程度大きな会社に勤めていて、奥さんのお父さんが
経営していた貿易会社に移って、お義父さんと方針が
合わなくて独立して、最初に雇ったのが私でした。
最初は褒められようと努力したのですが、割と今まで
派遣などでは褒められていたレベルの仕事をしていても
褒められることもなく、子育てでこの時間帯で働か
なければ主婦だと足元を見られて雇われていました。

ほんとうに、会社のロゴを入れたカレンダーを安く
作ってくれる会社を探してくれと言われて、海外で
ウケるような「女優〔きものと庭園〕」のカレンダー
を、
100部ほど印刷するのなら1部あたり350円で
作ってくれる激安カレンダーのお店
あすもカレンダー
とか見つけて、私の知り合いの印刷関係の会社に勤める
人に言ってもびっくりの会社なのに、もっと安い店が
ないのかとか、もっと違うカレンダーを同じぐらいの
値段で探せとか言う人でしたから。

最初から、どれだけ人を安く見積もる人だろう、と
思っていたのでした。

まあ、自分がバイトした経験のある職業の人とか
(どちらかというと低賃金労働の人)とか、ボロクソに
言っているのとか聞いて、何様なんだろうとずっと
思っていました。
(アマゾンでクレジットカードを使わずに支払いたいと
言うので、コンビニ払いがあると言ったのですが、コンビニ
払いを信頼できないみたいで、私もそのころはコンビニ払いの
経験がなかったので、メールか何かでバーコードかレジで
認識できる番号かなにかが送られるんだと思いますよと
社長に言ったら、「あいつら、それなかったら何にもできへん
奴らやからな。」と言われたのは、高校の時コンビニで
バイトしたことがある私は、自分の過去を馬鹿にされた
ような気がしました。「バーコードか番号があるから正確な
流通が可能になる」ではなく、「なかったら何もできない
奴ら」と人を馬鹿にしたのが今でも許せません。)
これは1例でほかにも人を馬鹿にした発言はいろいろあります。

低賃金で、負担の多い仕事を社員にさせて、法人税逃れの
経理処理をその社員にさせている人より、真面目にコンビニで
勤務している人の方が社会に貢献しているように私には見えます。

ひきつぎで起こったエピソードをNoneにかいつまんで
話すと、
「母さん、いろいろ文句あったみたいやけど、やっぱり
それなりにブラックな会社やってんな。」

「Noneが学校行ってる間に働けるようにいろいろ我慢
してたんやで、でも、これからは、盆暮れ正月GWとか
土日とか仕事になると思うから、もう家族旅行とかできへん
可能性が高いけど、もうNoneも高校とかなったら、
休暇の旅行とか友達と行くようになると思ってな。」

と、言いました。

Noneがある程度自分が普通だと思う待遇の会社に
勤められるようにするにはどうすればいいのか考える
機会になればいいと思います。

明日、明後日と、本来年内か来年初旬に済ませておかないと
いけない仕事を、次の人に負担をかけないように、この2日で
すまさせるように、またきついスケジュールで最後まで仕事
させられるんだろうなと思います。

まあ、なんにしてもあと2日です。

自分の心配しろよ状態なのですが、ちょっと次の人とか
お爺ちゃんとか、社長とか、けっこう続きが気になる
ドラマを最後まで見れない状況だなと思ったりします。

だいたいこんな感じです。
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へにほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へにほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(本人・親)へにほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

ランキングに参加しています。応援クリックお願いします。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クリスチャンとしての受験生生活 | トップ | 今の会社、あと1日 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

会社のこと」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL