子供の夢をかなえたい

娘Noneが大阪の公立高校生になります。センター受験最後の受験生。現役必須でがんばります。

ぼちぼちいきましょうか

2017-07-12 21:09:46 | 高校生活
まあ、正直、自慢したかったとしても、自慢する
ネタがないのがこのブログ。

まあね。大阪人は自慢しないものだと思っていた
けど、大阪でも自慢するのがいるんやなと昔
思わされて、大阪でも自慢せんとなんでも
「ぼちぼち」言うのは、大阪でも市内とか
その周辺だけなんじゃないだろうかと思ったりも
している。

私自身は12歳まで兵庫県のわりとお金持ちの
多い地域に住んでいて、(だから母さんがピアノの
先生で生計が立てれて、家族養うほどの収入
があって、父が働かずに飲み歩いているのも、
ある時期まで隠し通せたわけだけど)
その地域は、大阪弁話さないし、見栄を
張って丁度の人間関係が築けるところで、
そこで育った私は、

大阪弁話せない、見栄をはって人とくだけた
間柄になりにくい、大阪の公立の入り方を
知らなかった

この3つは大阪で生きていくのに正直
ハンディキャップだった。

でもきっと、大阪の教育熱心な比較的所得の
高い人が住む地域の雰囲気は、私が小学校で
過ごした兵庫県のまちと似ていただろうと
思うので、

ただ、ゲームは微妙なところ

私自身が子どもの頃ゲームが家になくて友達が
作れなかった。

ビデオゲームじゃなくて、
生き残りゲーム 昭和レトロ
タカトク
タカトク


こういうやつね。(私の記憶では生き残り頭脳ゲーム
だったんだけど)

母が稼いだお金はほとんど父の飲むお金になって
しまっていて、自分のものは誕生日に、それも
母が決めた、童謡などの音楽の本が年に1さつ
あるかないかで。

だれもうちに遊びに来てくれなかったので、
あるとき、このゲームを持ってる子たちに

「うちにも遊びに来てよ。」

とあるとき思い切って誘ってみたら

「でも、じょあんなちゃんち、ゲームないじゃない。」

ってグサッと言われたのは、幼稚園児だった
私に、今も鮮明に残る記憶で。
(正確には、私は幼稚園には年長しか行って
なくて、それよりも前で、児童サークルか
なにかで知り合った相手で、年齢としては
年中か年少ぐらいだったのだけど)

まあ、友達が呼べずに家で一人で過ごす時間、
知育玩具で頭が良くなって自分よりよい暮らしが
できるようになるかもしれないその子たちが
羨ましすぎてしょうがなかったんだけど。

大人になったらね、その知育玩具で遊んで
いた子が大した進路とらなかったので、
知育玩具の必要性とかは今は思ってなくて。

まあ、ゲームがなくてそういうトラウマ
残す恐れは持ってNoneを育ててはいました。

でも、これがDSから始まるビデオゲームの
たぐいだと、教育熱心な地域だったらそれなりに
親が与えない層とかがあったんじゃないかなと
思わなくもないので、ゲーム買ってもらえな
かった子たちがNoneが思うほど過酷な
幼児期を過ごしたかは不明なんだけど。
(まあ、Noneが育ったこの地域で、DS
持ってなかったとかだったら、社交性を普通に
獲得できてたかどうかぐらいの問題になると
思ったりするんだけど)


学校の成績でも、勉強してるかどうかとかも
大阪のこのあたりの地域だと、大阪独特の
「ぼちぼちでんな。」
で通すところがあるので、Noneが苛々
している。
「勉強、してないってー」

「さっすがー。」
も、相手より上に出ない大阪人の根っこの
ようなものが、上手に言えてないだけなん
じゃないかと思うところもあるんだけど。

Noneはひとつ赤点をとってきました。
第一中間でもそんなに余裕をとってないので
期末で頑張らないといけません。

ただ、大学受験の傾向に合わせて基礎作りを
して、期末も対策する、という方法に出たい
です。

あとは平均点程度の科目がひとつと、
Noneが個人的にこの科目頑張りたいと
言っていた科目はちょっと平均点より
良かったね、みたいな感じです。

親としたら、現役で、できたら京阪神受かって
欲しいけど、従来型の知識詰め込み型の
勉強にそんなに本腰入れることにそんなに
魅力は感じてなくて、京阪神をギリで受かるか
関関同立になんとか入れたらいいなと
思っていて、教育のあるべき姿とか、人間の
ありかたについてもっと突き詰めてもらっても
いいかなと思っています。

私の思い込みかもしれないけど、次の新テスト
に対応した世代と、Noneの世代との
ギャップみたいなのができるんじゃないかと
気持ち焦っているので、(ゆとり世代が
ひとくくりに悪く言われたりしたように、
センター以前みたいなくくりになりはしない
かと思って)

まあでも、ここからはNoneの判断で勉強
する時期にきているから、見守る形ではあるん
だけど、

英語民間試験へ移行期間4年 大学入試新テスト最終案

は先日見てて、浪人したら国語に筆記ができる
ほうが実は英語が民間試験使うかどうかより
大きかったりするし、Noneが浪人して
新テストになるとしたら、大学側が民間試験か
従来のテストを選択するとか、併用するとか
あるとしたら、併用されるのが一番きつくて
従来のテストが強い子にも、帰国子女なみに
英語が使える子の民間試験にも、両方中途半端で
かなわない状態になりそうで、頭が痛い。

まあ、最後のセンターで滑り込むべく詰め込む
選択肢もあるんだけど、Noneがそういうタイプで
ないし、それで賭けてて、実際浪人が多数参戦
状態になって浪人になったときが逃げ道狭く
するので、あまりNoneに強くは薦められない
状態ではあります。

きのう、従兄の子が就職の報告に我が家に
きました。

地方の中堅大学なのですが、従兄の子が住む
地域の大手銀行の支店に就職だそうで。

雇用がよくなってきているとしたら、本人が
喜ばない勉強まで無理にさせて高偏差値大学に
限定する意味とかはないので、
(あと、本当に浪人までして京阪神入れて、
大学院が私立になることを考えたら、現役で
最初から私学でいいんじゃないかと、主人が
学費出せるんだったら思うし)

さらに作業療法士さんの話で、臨床心理士
とかだったら、就職きめるのは学歴じゃなく
人間性だと言われたのもあるので、

今、Noneがしないといけないのが、受験
中心の生活なのか、人間らしい高校生活なのか
(もちろん、アタマよくて高校生活も有意義
という選択ができるんだったら何よりなんだけど
うちはそううまくいかないので)わからなかったり
します。


BTV北京国际見てたら、ジャッキーチェン
みんなで繋がって手を取り合ったら、未来が
よくなるとか言ってる国のCMに出てて

「努力向前,未来更美好。」
(無理してカタカナで書くと、ヌーリー
シャンチエン、ウェイライゴンメイハオ)

まあ、日本人なら字幕見てたら意味はだいたい
わかる的なのを見てたんだけど。
(それに、どの漢字がどんな読みをするとか
だいたいわかってきたから、字幕に目が追いつく
状態にはなってきているんだけど)

中学の時は友達がジャッキーチェンのファンで
すごい友達の家でジャッキーチェンの話に
付き合わされていたんだけど、

ジャッキーチェンの中国語をわかって聞く
大人になるとは中学の時の私は思ってなくて、

字幕見りゃ意味わかるでしょだけど、中国語に
ハマってなければこのタイミングで中国語話す
ジャッキーチェン見てなくて。

物心つくまでに親が用意してくれた語学力も
悪くはないだろうけど、かなり成長してから
自分で学びたいと思った言語で理解できる
ものを見つけてわかるということの充実感も
悪くはないものです。

昼から、BTV北京国际見てて、お茶の間の
番組(中国の番組見てお茶の間言うてていいんか
わからないけど)なら、大人の日本人なら大抵
知ってる漢字の簡体字が殆どで、あとひとふんばり
できたら、字幕なくてもわかる状態になれるんじゃ
ないかとの希望の芽が出てきてはいるんだけど。

たぶん、BTV見てわかる中国語力と、中検2級
受かる中国語力は同じではなくて、中検のほうが
ハードル高くて、中検に頑張るのではなくて、
BTVわかる自分とか、中国語の接客ができる
ようになりたい私がいて

「努力向前,未来更美好。」

って言ってくれてるテレビの方が私にとっては
前なんじゃないかと勝手に思ったりするんだけど。

(とか言いつつね、中国のテレビ見てると、あまり
上昇志向になるんじゃなくて、庶民的な暮らしも
いいものです。って、本人の選択でなしに、
マスコミを使った大衆の心理操作なんじゃないかと
思わされなくもない内容の番組が多いんだけど。
とくに歌番組)

まあね。本当に、今のレベルでいるのが本人の
もとからの希望とは言えない状態だから、
この時代の変わり目を、本人に生き残るための
判断をしてもらうつもりでいて。

まあ、昔は4大に行かせてもらえなくて短大で
入学の時は残念だったけど、氷河期の前に就職
できてよかったときは、その残念さは飛んでいて

Noneがどの大学に行けばいいかとか、すでに
私立でも学費だしてもらえるようになった時点で
高校受験に精を出した結果は出てて、

あとは、国公立にこだわったほうが就職いいのか
そこまでしなくてもそれなりの就職ができる時代に
なってきたのか、センター終わるのが吉なのか凶
なのか、

もう親としては、自分がすでに流された時代の
流れに、Noneにも自分で泳いでいけるように
任せることにしようかと思います。

ぼちぼちいきましょう。
「努力向前,未来更美好。」

だいたいこんな感じです。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へにほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 株日記へにほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へにほんブログ村

ランキングに参加しています。応援クリックお願いします。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Noneは自分の受けた教育... | トップ | 英語育児はうまくいかなかっ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL