子供の夢をかなえたい

娘Noneが大阪の公立高校生になります。センター受験最後の受験生。現役必須でがんばります。

一時のことかもしれないけれど。

2017-04-05 15:20:25 | 高校生活
Noneの高校の宿題の課題図書を読んでいて、
我が子の教育や、生活必需品をちゃんと用意
しようという意識を持った大人の割合が、
Noneの予測していたよりかなり低いことに
Noneはショックを受けていました。

「オカンどう思う?」

と、聞いてきたけど、兵庫で通ったNoneの
幼稚園の送り迎えのときに周りにいた園児の
ママたち、小学生になって大阪に来てから
PTAに参加するようになって会話したことの
ある保護者たちの様子を見て、教育熱心とも
思えない(というか必要ともそんなに思って
なさそう)とか、おそらく家計が苦しければ
子どもの生活用品である程度必要なものでも
無理して購入しようとまではしない雰囲気の
保護者をたくさん見たので、Noneの宿題の
図書の中のデータがそんな状態であっても、
ある程度納得はする旨を話しました。

Noneは父親と一緒に暮らしていた時、若干
贅沢な暮らしをしていたとき、幼いからそれが
普通だと思っていて、大阪に来て生活費が
下がってそんなには贅沢ができない暮らしに
なったけど、学校の同級生などと比べて
中ぐらい(そんなに所得の高い層の住む地域で
ないので、その中の中ぐらい)だと思って
いたらしいけど、Noneは今になって
自分が家庭の所得の割には教育のチャンスも
与えられたし、それなりの娯楽品も、ましてや
生活必需品に困るようなこともないように
暮らしていける部類にいられたのは、その
データを見るとありあがたい境遇だったことが
わかったらしい。

まあ、Noneはそのあと、その図書の感想を
私につぎつぎ言って、私はタブレットで中国語を
勉強していたのだけど、手を止めて、話を聞いたり
相槌を打ったり、それなりの感想を述べました。

Noneが私の中国語学習を止めたのに気が付いて
「あ、話しかけてよかった?」
と、聞いたので、
「すぐ止められるやつだからよかったし、Noneが
レポート書くのに考えまとめるのに役に立つと思って
話聞いてたし、うちが勉強中でもNoneの勉強に
役に立つ話やったら優先するつもりやからいいけど、
動画とか録画とか見てるときやったら、停止ボタン
押せる余裕くれてから話しかけてな。」

で、Noneが臨床心理士を目指して、虐待を受けて
いる子のケアをしたいと思っていることを実はすごく
応援していて、そういう仕事に就けるのに十分な
教育を受けれる層が、うちらのような、そう裕福で
ない層から排出するのが難しいとオカンは思って
いて、高い教育を受けれる層は、自身の社会的立場を
上昇させる方向で仕事を決める場合が多いように
思うし、富裕層でそういう親切なひとが出ても、
貧困に対する理解がどれぐらいできるかオカンは
疑問視している話をしました。


Noneの読んだ本では、教育を子どもに受けさせ
たくても、その手立てがなくて困っている話に
なっていたけど、私が実際に知り合った、Noneと
同世代の子を持つ親は、そんなに教育を必要なものと
思っているわけでもない(おちこぼれでいても構わない)
家庭の人が多くて、これが虐待とか、育児放棄とか、
経済的に困難なうえに教育がそれを改善する手段とも
思ってもいない家庭である場合、Noneが臨床心理士に
なれたとしてうまく対応できるのだろうかと思ったり
します。

まあ、私は具体的に臨床心理士の仕事がどんなのに
なるか詳しくは知らないし、それを調べるのはNone
本人に任せていくことになるんだろうと思います。

ただ、いままで、よその家の子より勉強頑張らせられて
いるのは何故なんだと思っていたNoneが、自分が
学びたい勉強ができる大学が頑張れば入れるかも
しれない状態になって、今になって納得して自分から
勉強がんばろうとしてくれているので、報われた気が
しています。

ただ高偏差値を目指したり、高学歴を目指したりする
教育ではないことができたんだと自分でよかったと
思っています。

ただ、志望大学は確かに難関。(もちろん超難関とは
言えないレベルなんだけど)

ただ、昨日のように宿題について考えをまとめたい
ことの話をうけたり、自分の勉強の話を、親に相談
しないことをカッコイイと勘違いしていたような
状態から打ち解けて話してくれるようになって、
一応今は連絡はつかなくなっているけど、Noneの
志望校の志望学科の卒業生とも交流があったことが
あって、あるていど事情は知っているし、他学部の
院だけど、知り合いがいたりもするので、わからない
ことがあれば相談できるかもしれないし、単純に
今欲しい参考書とか文具品、(本人がしらなくて
欲しいとすら思ってなくても、こんなのあるよと
紹介できるかもしれない可能性も含めて)を購入
することができます。

私自身の目標としたら、バイトのチューターより
マシな仕事をすることだったりします。

まあ、また高校行きだしたら、親と話をしたりするのを
避けるようになるのかもしれないけど。

とりあえず、今の高校だって、判定で無理くさい
状態だったのに受けたりしたのだから、今の
Noneの〇〇大学へののめりこみかたを見ると
多少の模試の判定とか、AOのための評定平均とか
難しそうでも押さえの私立とか行くとこあれば
また無茶でも受けるとか言い出しそうだなあと
思ったりもしています。

今のところ、やればできるような気持ちで応援して
いきたいなと思っています。

(明日4月6日の8時半から11時ぐらいまで
gooブログのシステムメンテナンスの予定なんだそうで
その間ひょっとしたらブログが見れないかもしれない
のでお知らせしておきます。)

だいたいこんな感じです。
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へにほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へにほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へにほんブログ村

ランキングに参加しています。応援クリックお願いします。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« NHK新番組を見て | トップ | パスポート申請しました。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

高校生活」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL