紅蓮のポケット

子どもの本の作家・三輪裕子のふつうの毎日
2015年夏。三宅島に家を借り、海をはさんで、行ったりきたりの生活。

三宅島を吹く風

2016-10-11 06:52:35 | 23・三宅島のくらし
一昨日までの暑さが一変。強い西風が吹き、冷たい雨が降る体育の日の休日となった。
夏から、急に晩秋になったみたい。

この東風がくせもの。家から1歩道路に出たとたん、傘はおちょこになった。

あまりの風雨に、昨日は島市が開かれたが、行くのをやめ、家の二階の整理をした。
家にいても、風の音がすごい。台風のときよりもっと大きな音で吹き付けてくる。

夕方ちょっと雨がやんだので、海までいってみた。







暗い海で、これからの季節、こんな日がひんぱんにやってくるようになるのだなあと思った。

昨日も御蔵島には寄らずに、橘丸は伊ヶ谷の港にきた。連休の最終日、たくさんんのお客さんを乗せて東京に向かったことでしょう。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Kさん、帰る | トップ | 今日で1週間 »

コメントを投稿

23・三宅島のくらし」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。