紅蓮のポケット

子どもの本の作家・三輪裕子のふつうの毎日
2015年夏。三宅島に家を借り、海をはさんで、行ったりきたりの生活。

三輪農園

2017-04-04 17:25:40 | 23・三宅島のくらし
今日は午後、キヌサヤをとりに畑にいった。
もうキヌサヤはたいしてならないから、ひっこぬいてしまうと夫がいうので、ちょっと待ってといって、収穫にいくことにした。



でも、まだずいぶん花も咲いているので、ぬかないでほしいと頼んだ。




キヌサヤは、買うと高いので、なんとかもうちょっともってほしい。
ハウスのとなりには、こんなにお行儀よく、野菜と花の苗が並んでいた。




奥の露地の畑。



そのあと、いろいろ収穫したもの。イチゴもとれて、今晩のデザートになる。
白菜には、菜の花が咲いている。



シイタケも毎日食べているが、虫がいるのが困る。塩水につけると、虫が出ていくけど、気持ち悪い。
でも、味はいいので、食べることにする。
帰ってきてからは、全部ぬいた大根をほすために、切る作業に追われた。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日から三宅島 | トップ | 今日も穏やかな日 »

コメントを投稿

23・三宅島のくらし」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。