▼ 紅蓮のポケット ▲

子どもの本の作家・三輪裕子のふつうの毎日
2015年夏。三宅島に家を借り、海をはさんで、行ったりきたりの生活。

今日から内地

2017-04-20 21:08:48 | 20・日々のできごと
昨日、無事三宅島から渡ってきた。

昨日は、着発かもしれないと思い、朝4時前に起きたきり寝られなかった。
けど、波は大したことなかったのか、ちゃんと御蔵島、八丈島にもいった。

1:30頃三池港にいった。行くときはこの港が一番好き。景色がいい。
帰ってきたときは、伊ヶ谷からは遠くて、迎えにくるのも大変。






家を世話してくださった、かずこ姉と一緒の船だというのが、港でわかった。
乗り込んでから、部屋を変えてもらって、一緒の部屋で話をしながら帰ってきた。
島から帰るときには、時間がたっぷりあるので(6時間半も)、とりとめもなく話をするのが楽しい。

といっても、すごい揺れて、話している途中で気分が悪くなった。




あんなに気分が悪くなったのは初めて。波が大きいというより、うねっていたのか。
それで、寝ることにしたら、2時間も眠ってしまった。

起きた頃には、浦賀水道に入って、波もだいぶおさまっていた。
かずこ姉も、こんなに揺れたことはないといっていた。

揺れがおさまったので、おむすびやおかずを交換しながら、夕食を食べたのも、楽しかった。

富士山がきれいに見えた。
日も長くなって、ずいぶんおそくまで、外の景色が見えた。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 三池港 | トップ | コンサート »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。