紅蓮のポケット

子どもの本の作家・三輪裕子のふつうの毎日
2015年夏。三宅島に家を借り、海をはさんで、行ったりきたりの生活。

富賀神社大祭

2017-08-05 22:05:13 | 23・三宅島のくらし
8月4日から9日まで、三宅島の5地区を順に神輿が受け渡され、島を一周巡行する東京都指定無形民俗文化財のお祭りがある。富賀神社大祭。
2年前に来たばかりの頃にもあったが、2年たち、またそのお祭りの日がやったきた。
2年前はおむすびをにぎったり、裏方を手伝ったが、今回は孫3人もいて、ただのお客さんで見に行った。

午後5時ころ、御神輿が伊ヶ谷にやってくるということで、午前中は伊ヶ谷の海にいく。







しんじは、ひたすら、岸壁にへばりついて、小さな魚やカニをつかまえては、逃がしている。



こうたとあやかは、浮き輪でちょっと遊ぶが、そんなに水温が高くないせいか、そんなに長時間は遊べない。





帰りに、ニワトリの卵をとりにいった。卵を2つ持ってくるしんじ。



午後は、みんなが昼寝をする時間、畑にトウモロコシと枝豆を取りに行く。

そして、午後は海にもいかずに、御神輿がくるのを待って、見に行く。

獅舞に頭をかじってもらい、厄除けもみんなしてもらった。







夫は、2年前と同じ旗持ちをしている。







その後、妃神社に神輿を預けにいくので、ついていった。



そこでも、また獅子に頭をかじってもらった。







夫はお祭りの行事で忙しいので、夕方も娘としんじでエサと水をやりにいった。
そこでも、たまごが1つとれて、合計8個の卵がとれた。
今日使った卵のうち、2つが黄身が2つある双子の卵だった。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« うねりにやられた | トップ | 昨日も伊ヶ谷の海にいく »

コメントを投稿

23・三宅島のくらし」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。