紅蓮のポケット

子どもの本の作家・三輪裕子のふつうの毎日
2015年夏。三宅島に家を借り、海をはさんで、行ったりきたりの生活。

農業用水が使えるようになった

2017-07-14 21:31:14 | 23・三宅島のくらし
三宅島は、雨がほとんど降らず、このままでは畑が干からびてしまいそうになった。
それで、今日、農業用水が使えるように、量水器というのを取り付ける工事をしてもらった。
それをつけると、農業用水を散布できるのだという。





そして、その工事をたまに見学しながら、私は鶏小屋の前の草むしり。
あとちょっとで終わりというところまで、こぎつけた。



畑全体。



ニワトリは、今日は卵を産まなかったなあと思っていたら、卵を産む部屋ではなく、鶏小屋の隅で産んでいた。
土がついて、すごく汚れてしまった。



昨日のと今日の卵。大きさが違うし、産んだ場所も違うので、別のニワトリが産んだと思われる。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日も卵が一個 | トップ | ニワトリが逃げた »

コメントを投稿

23・三宅島のくらし」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。