▼ 紅蓮のポケット ▲

子どもの本の作家・三輪裕子のふつうの毎日
2015年夏。三宅島に家を借り、海をはさんで、行ったりきたりの生活。

大雨・洪水警報

2016-10-18 16:23:08 | 23・三宅島のくらし
昨日の夜の雨はすごかった。
ニュースでも、三宅村は大雨・洪水警報が出ているとテロップで流れたし、島内放送でも何回も気をつけるようにと流れた。
何かあったら困ると思って、洋服のまま寝ようかと思ったほど。

これじゃあ、昨日竹芝桟橋を出航しても、船は三宅島に接岸できないと思った。

けれど、12時近くになり、雨が弱まったので、ようやく安心して寝ることができた。

そして、5:00頃起きて、ネットをを見たら、船は錆が浜に着いたということだった。

迎えに行くといいかなあとは思ったものの、まだ暗い。
暗い道の運転は何十年としたことがない。
暗くなくても、1年に数回しか運転はしないけど。

どうしようかと思っているうちに、夫が帰ってきた。
桟橋からは、島の両方向にバスがでているので、迎えにいかなくても、こられるのである。

今日は、もやっと暑い日だった。
忙しかったのが一段落したので、ちょっとウォーキングに出かけた。
いつもの伊豆岬とは反対の阿古の方に歩いて行った。

こんな橋を渡る。




土砂崩れのための土嚢が置いてある。これは昨日のためでなく、前の台風のときの。




クリーンセーターの分岐までいって、もどった。




帰りに歩いて行くと、伊ヶ谷の村が見えてきた。やっぱり、ほっとしますね。




家に着いたら、きっかり1時間たっていた。

今日のコースは、あまりにカーブが多くて、歩くのも、自転車でも危ない感じだった。
運転している人が、歩いている私を見て、ビックリして大きくよけるのがわかった。
歩いている人なんて、ほとんど見かけることはないし。
電動アシスト自転車を買うかどうするか迷う感じ。
図書館に行くには、この細い急カーブ連続の上り坂を行くしかないし。






ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 航海日より | トップ | 秋の気配 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
心配しました。 (うたどん)
2016-10-20 17:25:44
テレビを見ていると 三宅 大雨警報が出ていて
心配しました。 停電も短く 雨も朝には止み
よかってです。

今日西部公民館で文化祭の打ち合わせに出かけると
本棚に 花の館 三輪さんの本があるではないですか、
係の人に借りれますかと聞くとどうぞと・・・
まだ読んでなかったので早速借りてきました。
今晩読みます。 旦那さん何でもなく良かったですね。
畑 頑張るようにお伝えください
うたどんさんへ (紅蓮)
2016-10-20 22:30:19
私も、大雨に遭遇していることより、あのニュースを見て、心配になりました。
でも、わりとすばやく通り過ぎてくれて、よかったです。島は、こういうときに、すごく大事になりますね。
そして、花の館には、5作目の本なので、うまくかけているか心配ですが、読んでくださるということで嬉しいです。
そして、夫はむちゃくちゃ畑がんばってます。体力的にはきつそうだけど、楽しくやっているみたいです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。