▼ 紅蓮のポケット ▲

子どもの本の作家・三輪裕子のふつうの毎日
2015年夏。三宅島に家を借り、海をはさんで、行ったりきたりの生活。

航海日より

2016-10-16 15:36:31 | 23・三宅島のくらし
今日も秋晴れ。すばらしい天気だった。
海も静かで航海日より。

こんな日に、内地に渡っていけるといいけど、渡っていったのは夫一人。
目の調子が悪いらしく、内地の眼科でみてもらうことになった。
三宅島には診療所はあるけど、眼科専門の病院はない。眼の具合が悪くなると、内地に渡って、みてもらわなくてはならない。

こういう場合、私は三宅島に一人でいるより、一緒に帰って、しばらく向こうに滞在するのが、いつものことなのだけど、今日、明日、あさってと、仕事があるので、こちらに残ることにした。
こんな風に忙しいことは、1年に1度くらいしかないのだけどね。
私も船に慣れたとはいえ、まだ船の上で、本を読んだり、文章を書いたりはできない。それさえ、できるようになれば、行くのだけど。

いつもは見送られてばかりの私だけど、今回初めて、錆が浜の港に夫の見送りにいった。







夫は、畑が忙しいのに困ったなあといいながら、なんだか嬉しそうである。ふふふ。





今週もすごく大勢の人が乗り込む。





上の甲板から手を振る夫。




蛍の光の音楽とともに船は出て行く。




家に帰ってきたら、ちょうど庭から橘丸が通るのが見えた。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 秋晴れ | トップ | 大雨・洪水警報 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。