▼ 紅蓮のポケット ▲

子どもの本の作家・三輪裕子のふつうの毎日
2015年夏。三宅島に家を借り、海をはさんで、行ったりきたりの生活。

春の嵐

2017-04-18 21:09:30 | 23・三宅島のくらし
昨日の夜は、すごい風だった。
昨日は夕方には、欠航が決まり、今日ここは絶海の孤島。
荷物も新聞も何も来ない。

果たして、今晩は出航するでしょうか。
今晩船が出ないと、明日の昼に帰る予定の船もこないことになる。

午前中はハウスで収穫。



キヌサヤは、もう引き抜かれてしまうので、最後になる。

帰りにニワトリを見に行った。

アシタバ畑にも、ぽちぽちと芽が出た。そのうち、ここもアシタバでいっぱいになる。




ニワトリは猛烈な勢いでエサを食べていた。




夕方ウォーキング。

白波が立っている。




急な坂を上って帰ってきた。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ニワトリの好物 | トップ | 三池港 »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
春の嵐 (さと)
2017-04-18 21:24:32
島はやはりひどいでしょうねぇ。
今日の船は大丈夫だったかしら?明日帰れそうかしら?
私もこの頃バタバタでこれからニセコの用意をします。
会えるのを楽しみにしていますね、気をつけて三宅島から帰ってきてね🎶
さとさんへ (紅蓮)
2017-04-18 21:46:42
今調べたら、今晩竹芝桟橋から出航はするようです。船がむこうを出ないと話にならないから。それでも、三宅島に着岸せずに、目の前から引っ返すこともあるのよね。
明日午後で帰る予定ですが、帰ったら、バタバタとしたくしなくちゃ。
島暮らし (としちゃん)
2017-04-19 07:39:40
島暮らしは天候に左右されるからやはり大変でしょうね。
それにしてもご主人は、生まれながらの島の人のように生き生きとされていますね。
鳥の世話をするなんて、すごいわ。
としちゃんへ (紅蓮)
2017-04-20 18:53:12
島は、船がこないと、まったくお手上げですね。まあ、それでも、こんなものかと思えば、なんとかなります。夫は、島にいったおかげで、ニワトリも飼えたりできたので、よかったみたいです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。