紅蓮のポケット

子どもの本の作家・三輪裕子のふつうの毎日
2015年夏。三宅島に家を借り、海をはさんで、行ったりきたりの生活。

東京(調布)の家に帰ってきました

2016-10-29 21:49:44 | 19.友人との時間
昨日、三宅島から渡ってきた。

天気が悪い中、橘丸に乗った。




我が家が見えるところを通過する。
波がけっこう高いけど、うねりはないので、そんなにきつくはない。




けど、早起きしたので、前半の3時間はよく寝た。

残り3時間半は、ラジオを聞いたり、ipadで音楽を聴いたり。

同じ部屋だった女性は、ずっと文庫本を読んでいた。すごいわ。
いくら船に慣れたといっても、本は読めない。

天気が悪く、竹芝桟橋に着いたときには、けっこう冷たい雨。

一夜明けて、今日は、やること山積み。

郵便物を読んで、返事を書くのに、何時間も費やした。
ちょうどマイナンバーを届け出なくてはならないのが、いくつがあり、それも時間ぎりぎりのもあって、大急ぎで書いた。

その他には、唐紙を買いにいった。
三宅島の家の二階を、今フローリングにしているので、唐紙も新しくしないと、部屋がきれいにならない。

J店で、店員さんに唐紙はどこにあるか聞いたら、「唐紙」という言葉を知らないのに、ビックリ。
調布のマンションにも、一応ふすまはあるけど、ない家というのも、今時たくさんあるのでしょう。

そんなこんな、駆け回っている時に、Kさんからランチのお誘い。おかげで、生き返った。
ありがとう!







ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 船に乗りました! | トップ | さわやか自然百景 »

コメントを投稿

19.友人との時間」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。