紅蓮のポケット

子どもの本の作家・三輪裕子のふつうの毎日
2015年夏。三宅島に家を借り、海をはさんで、行ったりきたりの生活。

今日も卵が一個

2017-07-13 21:01:35 | 23・三宅島のくらし
今日も、昨日とほぼ同じくらいの大きさ、同じ色の卵が一個とれた。
同じニワトリが産んでいるのか、ちがうのか。
多分、産むところをみてもわからない。
10羽のニワトリの区別は、まったくつかない。

今日は草むしりの前に、買い物に自転車でいった。
大久保浜。べたなぎ。



すると、橘丸が向かってくるのが見えた。
どうして遠ざからなくて、向かってくるのか?



三池から出ると、ぐるっと神着まできてから、方向転換するらしい。
帰りに見たら、ずいぶん遠ざかっていた。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 初めて卵を産んだ | トップ | 農業用水が使えるようになった »

コメントを投稿

23・三宅島のくらし」カテゴリの最新記事