絵じゃないかおじさん

言いたい放題、自由きまま、気楽など・・・
ピカ輪世代です。
(傘;傘;)←かさかさ、しわしわ、よれよれまーくです。

仮想はてな物語 お小説・ストーリィ 4/7 (005-1)

2016-10-11 08:10:49 | 仮想はてな物語 


      
copyright (c)ち ふ
絵じゃないかおじさんぐるーぷ




私は、このグループの事を知り尽くしているN先生に電話でイモンガーの攻め方を教えてもらった。

奴は、ああ見えても、小心で疑り深い。ああいう輩には、目の前で、奇跡を起こすような事をしてやれば、一発で参るはずだとアドバイスしてくれた。そこまで、教えて貰えればあとは、この私の頭で解決つきそうだ。



たしか、奴は「観音経をうろおぼえ」だと書いていた。観音はんの口から直接、「芋粥商売しろ」とひとこと言ってもらったら、一コロだろう。私は、どの手を使おうかと迷った。利用するものがたくさん有り過ぎて選択に悩むようになってきた。ありがたいことだ。ここは、やっぱり御本尊に頼むことにしよう。 というわけで、唐招提寺の観音はん、観女センティに頼むことにした。


ある土曜の夕方、西の京へ行き、センティから、顔一つレンタルした。その足で生駒に寄り、下ピーを乗せる。道案内をしてもらうためだ。


つづく


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あ@西国6/7(33-16... | トップ | あ@つぶつぶ(日々)851... »

コメントを投稿

仮想はてな物語 」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。