絵じゃないかおじさん

言いたい放題、自由きまま、気楽など・・・
ピカ輪世代です。
(傘;傘;)←かさかさ、しわしわ、よれよれまーくです。

あ@西国7/7(33-17)コーヤの心の六波羅のセンティ

2016-10-19 08:23:02 | 仮想はてな物語 


           copyright (c)ち ふ
絵じゃないかおじさんぐるーぷ


 このようにして、コーヤは非力ながらも、
 地方の不便さを取り除きながら、
 布教に力を尽くしたそうであります。

 京に戻っていた、ある年のこと、
 都に悪い病が流行り多くの人が死んだそうです。

 コーヤはセンティの姿を刻み、手押し車に乗せて、
 人々の心に安心感を与えようとしました。
 それと並行して、祇園の片隅でお茶を沸かし、
 その中に梅干しと結び昆布を入れ、
 病に苦しむ人々に飲ませたそうです。

 その病原菌は、多分ウィルスだったのでしょう。
 まだ素直な菌だったんでしょうね。
 梅干しのエキスによって、退治されました。
 そのため、かなりの人の病気が治ったということらしいです。

 六波羅のセンティは、このコーヤの心を汲んで、
 中央と地方の格差、先進国と後進国の格差を
 是正することに頭を痛めているようでありますが、
 今だに、これといった打開策はないようであります。


                    この項おわり

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« a@(Quiz-my answer)140... | トップ | 仮想はてな物語 お小説・ス... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。