絵じゃないかおじさん

言いたい放題、自由きまま、気楽など・・・
ピカ輪世代です。
(傘;傘;)←かさかさ、しわしわ、よれよれまーくです。

仮想はてな物語 お小説・ストーリィ 7/7 (005-1)

2016-10-15 08:45:55 | 仮想はてな物語 


      
copyright (c)ち ふ
絵じゃないかおじさんぐるーぷ


私と下ピーは、その様があまりにも真剣なので、笑いを堪えるのに苦労した。イモンガーには悪いが、これが一番てっとり早いと思ったのだ。下ピーは、生神様の正体を知っているので、ありがたみを全然感じていない。この私は、半無神仏論者なので、これまたありがたみに乏しい。


そういう二人から見ると、いくら観音様の頭とは言え、鰯の頭も同様なのだ。イモンガーが、真剣になればなるほど、滑稽に見えた。宗教が違えば、お互い、とんでもないものを信じている違いに驚き、その馬鹿さ加減に呆れるのだろうが、平成の今の時代でもそれほど世界の交流はないので、その違いがよく分かっていない。世界の人々の交流が進めば、宗教も今よりは、もっともっと進化するだろう、と思っているのだが。


観音頭が、ボロ家から出てきたので、私たちは腹を抱えながら、サヤカの所へと走り戻った。人の人生が掛かっているというのに、この態度。いつか誰かに同じ仕打ちを受けたとしても甘んじることにしよう。それが礼儀というものだ。その日は、下ピーを生駒で降ろし、センティの所へ顔を返しに寄った。


                                

つづく



仮想はてな物語 お小説・ストーリィ 1/4 (005-2)

      
copyright (c)ち ふ
絵じゃないかおじさんぐるーぷ




  * 開店「京の芋粥」店(005-2)



イモンガーには、2~3日後と言ってあるので奴も心待ちにして待っていることだろう。平日に、サヤカに乗るのは、最近では極力止している。40も半ばになると、平日に会社から帰って、バイクに乗り回すには、ご近所の手前、気が引ける。購入後、間もない頃は練習のため毎日乗っていたのだが、ずっと昔のことである。


しかし、用事があれば話は別だ。Oさんに言い訳するのに、四苦八苦する。私の顔つきで嘘はわかっているのだが、内職の途中なので深く追求はしてこない。N先生に会って聞くことがあるとか何とかゴマカして飛び出す。


「電話で済むでしょ!」
 少しトゲがあった。
「電話では、失礼にあたるので」と言いながら、冷汗いっぱいで飛びだした。今夜は、生駒に寄るだけで済む。主役は、下ピーが務める。
 イモンガーは、やはり首を長くして待っていた。


つづく

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あ@西国2/7(33-17... | トップ | あ@つぶつぶ(日々)854... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。