絵じゃないかおじさん

言いたい放題、自由きまま、気楽など・・・
ピカ輪世代です。
(傘;傘;)←かさかさ、しわしわ、よれよれまーくです。

仮想はてな物語 お小説・ストーリィ 1/3 (006)

2016-10-19 08:24:23 | 仮想はてな物語 


      
copyright (c)ち ふ
絵じゃないかおじさんぐるーぷ

                            

 * 蜘蛛の糸垂らし(006)


 龍はんの全集を読んでいるともう一つ気にかかることがあったので、またまたチョッカイを出すことにした。「蜘蛛の糸」である。


 ブツブツはん、アンタの「蜘蛛の糸」でのカンダタに対する処置、私はどうも納得しかねる。「蜘蛛の糸」を垂らしたのは、明らかにアンタのドチョンボだ。巻取り式の糸にするとか、奴を蜘蛛に変えてやるとか、他の者には見えなくするとか、もっと工夫すべきだったのではないのかい?


 カンダタは確かに「小さい蜘蛛の命」を助けてやった。しかしながら、彼の後から糸登りをしてきた地獄の罪人には、助けるべき正当な理由があったのだろうか?


つづく

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あ@西国7/7(33-17... | トップ | あ@つぶつぶ(日々)859... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。