杜の都青バス通信

仙台市営バス好きのブログ

とある場所に置かれている廃車体

2017-03-07 20:23:13 | 七北田出張所
ある日、市バスの路線巡りをしていた際、偶然にも市バスの廃車体を見つけた。
その時は雪が積もっていたので探索は諦めたが、先日行ってみるとアプローチ可能だったので近づいてみた。





自分が子供のころによく乗っていたバスだ。
路線バスといえばこのスタイルが多かった気がする。


三菱ふそうらしい。


二度と点灯することはないヘッドライト。


この後ろ姿が昔のバスという感じだ。


最終の配属先は七北田営業所(現:七北田出張所)だったらしい。


仙台市のマーク


一般乗合 現役時代に文字が塗りなおされたのだろう。


最後の12か月点検が昭和54年で終わっているので、その年か55年で廃車となったようだ。


この場所から近くの道を今でも一日数本のバスが走っている。
スクラップを免れ、終の棲家を見つけた。
ここに置かれて約37年もの間、現役で活躍する後輩を毎日見てきたその車体には、悲壮感にも勝る存在感を出している気がした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 70系統 愛子駅-赤坂三丁目... | トップ | 10系統 八木山動物公園駅-... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。