Neurology 興味を持った「神経内科」論文

Twitter @pkcdelta
www.facebook.com/NiigataCBFM

なぜ脳梗塞患者に組織プラスミノーゲンアクチベーター(t-PA)投与が間に合わないのか?

2005年02月27日 | 脳血管障害
近い将来,本邦でもt-PA静注が認可される.欧米の報告では脳梗塞患者の半数程度が3時間以内に病院に到着しながら,その1−7%にしかt-PA投与が実際に行われなかったという報告もあり,実際に,t-PAの恩恵にあずかる脳梗塞患者がどの程度いるのかというと案外少ないのではないかと思われる.
今回,Spainより「なぜt-PA投与が間に合わないのか?」について検討した研究が報告された(大学病院1施設によるprospective study;期間は2002年4月からの1年間).これによると486名の脳梗塞患者がERに運ばれ,218名が3時間以内に搬送されていた(44.8%;到着までの平均時間は68.6±46.4分).病院到着からCT撮影までは105±134分(2-1551分).ERでの診断は脳梗塞66.5%,脳出血16.5%,TIA 17%であった.病院到着から神経内科医へのコンサルトまでに162±234分.コンサルトを受けて診察するまで27±14分(2-1551分)であった.
実際にt-PAが使用されたのは15名(全体の7%).この理由は218名中,t-PAの適応を満たしたのが54名のみで(除外項目としてTIA,80歳以上,最近の出血の既往,NIHSS>22 or <5など),適応を満たしながら使用できなかったのは39名であった.重要なのはこの39名の内訳であるが,24名が神経内科医へのコンサルトの遅れで最多.2名がCT撮影の遅れ,1名が患者の拒否(病態失認の患者であった.現行の規則では意識のある患者では本人の同意が必要),そして残り12名の理由は様々で,診断がなかなかつかなかったなど医学的な問題である.本研究は非常に示唆に富む論文である.まずt-PAの適応を満たす患者が案外少ないことが分かる.また病院到着からCT撮影までの時間が非常に長いことも分かる(救急担当医と放射線科の問題).神経内科医もt-PAの適応に十分精通できていない状況も伺える.本研究を発表した病院は,それでもt-PA投与に関心を持って一生懸命取り組んでいる病院と思われる.実際に自分達の場合を考えてみるともっと状況は悪いかもしれない.t-PA静注は神経内科医を含めた病院全体の力量を試すものと言えよう. Neurology 64; 719-720, 2005 
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« 上半身を直立姿勢で眠らねばなら... | TOP | L-アルギニンはMELAS脳卒中様発... »
最近の画像もっと見る

Related Topics