被災地支援プロジェクトチームEn

東北の中長期的な復興を目的としたボランティア任意団体です。活動のご報告をしていきます。

【防災】 修学旅行当日に備えた災害研修③

2015-04-24 21:41:53 | 日記
災害医療実習を受けた感想と学びについてご報告したいと思います。突然ですが、みなさんは災害医療という言葉をご存じですか?字面からなんとなく判断できそうですが、その意味をしっかりと知っている人はあんまりいないと思います。

災害医療とは、地震や火災など、大規模な災害が発生した時に行われる医療のことを言います。そういった災害時にはたくさんの人が怪我や病気になりますが、それに対応するお医者さんたちの人数は急には増えません。災害医療とは、「傷病者の人数>対応できる人(医療従事者)の人数、という状況になった際に行われる医療」のことを指します。大規模な災害時に一人でも多くの人の命を救うことがその目的です。

具体的には、医療体制、避難場所の準備、食糧支援の確保、PTSDのケア、ボランティアの組織、災害派遣医療チームの連携などが行われます。今回は、災害派遣医療チームにあたるDMAT(ディーマット)からお二人の講師を招きました。

まずDMATについて簡単にご説明をしたいと思います。DMATとは、「災害急性期(48時間以内)に活動できる機動性を持った トレーニングを受けた医療チーム」と定義されています。医師や看護師、そしてそれらを補佐する業務調整員で構成されたスペシャリストの集団です。

今回の講習では、そのDMATから河嶌先生と鈴木先生にお越し頂き、災害医療とトリアージについて教えていただきました。まず、災害医療について教わりました。災害医療ではCSCATTTという行動原則があります。これを分解すると以下のようになります。

Command&Control:指揮命令系統の確立
Safety:安全確保
Communication:情報伝達
Assessment:評価
Triage:トリアージ
Treatment:治療
Transportation:転送

ここでの学びが「指揮命令系統の確立」ということ。これがないと、組織は適切に動くことができません。誰が誰に命令するのか、報告するのか、そういったことをあらかじめ定めていないと、組織はうまく機能できないのです。私たちは修学旅行で石巻の中学生をアテンドします、場合によってはその子たちの命を預かる瞬間が来るかもしれません。Enという組織も明確な指揮命令系統を持っていなければ、有事の際に的確な行動をすることができないのではないかと感じました。

災害医療について説明を受けた後は、トリアージについて詳しく教えていただきました。みなさん、トリアージってご存知ですか?医療分野のドラマや映画でたまに取り上げられたりしますよね。

トリアージとは、災害時に多数発生した傷病者に対して、治療の優先順位を素早く決定するために用いられる手段です。傷病者の状態をもとに黒、赤、黄、緑の4色に色分けをします。

それぞれの色の意味は
黒…死亡、または救命の見込みなし
赤…一刻もはやく処置をすべきもの
黄…赤ほどではないが、早期に治療すべきもの
緑…今すぐ治療や搬送の必要がないもの。また、治療する必要自体がないもの。
となっています。

災害時には用意されている医療資源(医者、医薬品など)よりも多くの傷病者が発生する可能性があります。当然、全ての傷病者を救命することは難しくなるのです。トリアージは、限られた医療資源を最善な結果を生むために配分し、より多くの人命を救うために必要となるのです。

また、トリアージの特徴のひとつとして、トリアージタッグの存在が挙げられます。トリアージタッグとは、黒、赤、黄、緑の4色のマーカーがついたカードで、その人の状態を示すために、傷病者の右手に装着されます。このトリアージタッグがあると、大規模な災害で多くの救助者が入り乱れた中でも、的確に情報共有ができるようです。
 
今回の研修では、参加者が医療者側と傷病者側に分かれ、トリアージの体験をしてきました。実際にやってみると、傷病者の状態を見極めるだけでも難しいのに、そこにスピードも要求される非常に難しい作業であることが理解できました。

それでは、一般人にトリアージは無理なのか?実はそうでもないのです。確かに医療従事者でなければ傷病者の状態を判定することは難しい。ですが、それ以外の部分では私たちでもお手伝いできることがあるのです。

例えば、多くの傷病者がいたとして、彼らの状態は様々です。歩けそうな人もいれば、出血している人、動かない人もいます。そんな彼らに向かって、「歩ける人はこちらに移動してください!」と声をかけることにより、多くの傷病者の中から緑(今すぐ治療する必要のない人)の人を判定したことになりますよね。そうすれば、医療従事者が残った動けない人たちをトリアージすれば良くなるので、非常にやりやすくなります。

このように、医療知識を持たない私たちでも災害時には協力できることがあるのです。しかもこれって、医療だけに関わることではありません。災害時には医療チームの他にも、消防、警察、行政など、様々な人々が複雑に連携を取りながら活動を行います。

そんな場面で、私たちはただ逃げ惑うだけではなく、彼らに何かしら手伝えることがあると思います。避難民の誘導を手伝ったり、避難所の運営に協力をしてみたり、炊き出しをしたり、市民が協力するからこそできることがたくさんあるのです。

 今回の災害医療実習では、トリアージの知識を得るだけではなく、災害時には自分にも協力できることがあるのだという気づきを得ることができました。
                        (ぽんた)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【防災】 修学旅行当日に備えた災害研修②

2015-04-23 21:46:10 | 日記
天寺先生のご指導のもと、5月13日の修学旅行の最中に東京直下型地震が起きた際における、タイムライン(目黒巻き)をグループワークで作成しました。

災害救援支援ボランティア推進委員会は阪神淡路大震災から発足したボランティア団体や自治体に災害時における対策のレクチャーをしています。

東京で直下型地震が起きたら誰が動く?
国の支援が届くまでの時間、どうするのか?
被害を最小限にとどめるには民間の市民が動かなければ難しい、というお話から今回のレクチャーは始まりました。
今回の目的は災害が起きた時のイメージ力を養うことで、イメージトレーニングのツールとして東京大学の教授が考案された「目黒巻」を用いました。

書き方は
①自分がどのような状況に置かれているのか
②その時自分は何を思い、どう行動するのか
という2点を可能な限り具体的に時系列で書き出し、また書き出すことによって整理しました。

5月13日(水)、天気は曇りで気温は25℃。お昼を終えた中学生の引率中、13:00に地震に襲われます。まずは最初の10分間に何ができるであろうか。

グループで白熱した議論を行っていた最中に、一度天寺先生がある動画をスクリーンに映されました。
それはあの阪神淡路大震災発生時の映像で、想定外の衝撃にメンバーは現実を突きつけられました。あの中で本当に自分たちができることは何なのか。

私たちはスーパーマンにはなれませんが、自身や中学生を守らなければなりません。安全を確保する為により具体的に、現実的に考えようとする姿勢が各グループの発表から見受けられました。

天寺先生のお話は事前の準備の大切さを説いたものでもあります。この場で考えなかったことは、実際に起きた時にも行動できない。あらゆる可能性を考えて準備をしなければならない。修学旅行当日は全体の1割であり、残りの9割は準備の時間です。

被災地支援プロジェクトチームEnは、東日本大震災後に発足しました。震災をきっかけに立ち上がった団体だからこそ震災後だけを考えるのではなく、未然に被害を防ぐためにも震災前の対応を考えなければならないと感じました。

そして何よりも震災が起きた時、その最中は自分の命を守ることに全力を尽くすことが、結果的に救える人の数を増やすということを改めて参加したメンバーは考える機会となったのではないでしょうか。
                       (はづ)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【防災】 修学旅行当日に備えた災害研修①

2015-04-22 21:48:52 | 日記
平成27年4月12日(日)13時〜17時に、修学旅行企画の第2回研修(災害研修)を行いました。

この研修の目的は、修学旅行が大前提として安全であること、私達の活動の原点が3月11日の東日本大震災だったということをもう一度考え、教訓にすることし、災害救援ボランティア推進委員会の天寺事務局長代行、国立病院機構災害医療センターDMAT事務局運営室の河嶌室長補佐、日本体育大学保健医療学部鈴木助教授からお話をしていただきました。

研修内容は、大きく分けて「タイムライン」とは何か知ること、災害時の時間軸について知ること、災害時に活躍する機関の役割を知ることの3つです。

「タイムライン」とは、事前行動計画のことを指し、ある程度被害の発生が見通せるリスクに対し、実施すべき対策を時系列で計画して文書化しておくことで、台風などに用いられています。
通常、地震災害は予測不可能であることからタイムラインは用いられませんが事前行動計画と従来の防災訓練を組み合わせることで災害をよりリアルに意識し、実際に災害が発生した時にもより迅速な判断と行動ができるようにするためにEnの研修でこのタイムラインを取り入れました。

災害救援ボランティア推進委員会の天寺事務局長代行から災害時の時間軸を知ることの大切さをレクチャーして頂きました。こちらは、目黒巻という方法によって災害時のタイムラインを考え計画しました。災害時の様々なリスクや可能性を考える上で、3.11の時はどんなものが必要だったのか、どんな状況に陥ったのかを改めて考え直し、それを防いだり回避したりするために何ができるかを話し合いました。グループのメンバーには、実際に東北で被災した人もいて、様々な場所で違った状況を経験してきていたので、一人では思いつかないリスクについて知ることができました。

このことで、今までは考えが及ばなかった事前に準備しなくてはいけないものを具体的には挙げることができました。

また、国立病院機構災害医療センターDMAT事務局運営室の河嶌室長補佐、日本体育大学保健医療学部鈴木助教授からは、医療活動の一つとして、トリアージという方法についても学びました。

実際のトリアージという方法を教えていただいたことで私たちが学んだのは、災害時も、「自分ができることをする」ということです。医療専門家ではない私たちが直接人の命を救うのは難しいことだけれども、安全の確保の方法や迅速な対処法を知っているだけで、医療関係者のお手伝いが出来たり、自分が怪我をしないことで他の患者に時間を使うことができ、結果救われる命があると思います。

普段は学習支援という形で関わっている私たちですが、改めて3.11、災害について考えどう行動すべきなのか考え直せた機会でした。

防災機関や医療従事者の皆様に普段は聞けないようなお話を聞くことができ、様々な関わり方で災害と向き合っている方々がいらっしゃるのだと改めて気持ちが引き締まりました。
                            (みず)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【修学旅行】 中学生が取り組む事前学習

2015-04-15 21:59:37 | 日記

【中学生が取り組む事前学習】

Enがお手伝いしている修学旅行企画では、中学生は修学旅行当日の前に「予習」に取り組みます。

東京でしか出来ないゲストとの出会い、場所の訪問。このせっかくの機会を十分に活かすには、事前に知識を持つこと、まず自分なりに考えてみることが大切です。

そこでEnでは、現地での学習の前準備として『事前学習』という課題を中学生に取り組んでもらっています。「テクノロジーって何だろう?」「英語で自己紹介を書いてみよう!」などコースごとの特色が出ています。

事前学習課題は「ひと」と「まち」という2種類があります。

「ひと」は、中学生が訪ねるゲスト・場所に関連した問いが載ったワークシートです。ゲストが中学生に伝えること、場所から学べることを学習するために必要な知識や思考問題が並んでいます。中には、3Dプリンターで作成するマスコットの設計図まであります!

「まち」は、中学生が訪れることになる東京の街を過去・現在・未来という時間軸に沿って調べ学習をします。その上で、「なぜこの街の〇〇は△△なのだろう?」という仮説を立て、それを現地学習で検証します。

中学生は今ワークシートに必死に取り組んでくれています!中学生の学びが実のあるものになるためにEnもサポートしていきます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【修学旅行】 こんな修学旅行、行ってみたいと思いませんか?

2015-04-05 22:08:06 | 日記

「学びを修める」と書いて、修学旅行。
子どもたちが普段とは違う世界に飛び込むからこそ、出会える人、訪れるべき場所、そして、何ものにも代えがたい学びがあります。

Enは今年度、宮城県石巻市のある中学校の修学旅行の行程の一部を企画、またそのサポートをしています。

今年の5月に東京で実施されるこの修学旅行企画では、中学生たちが東京でしか体験することのできない「人」と「場所」に出会います。

中学生は普段の教室だけでは学べないこと、例えば「近未来に実現されるであろう最新超音速航空機」や「日本に来ている留学生とのコミュニケーション」をリアルに体験します。

ゲストとして迎えるのは、携帯アプリの開発で途上国の子どもたちの支援に奮闘する女子大生や、最新テクノロジーで障害をもつ子どもの可能性を伸ばす大学教授など、信念をもって行動する大学に関係のある方々です。
その後、それに関連して、そのゲストたちの取組みがどのように社会で活かされるかを知ることができる場所や人を訪問します。

この現地学習の前に、中学生は予習として自分たちの学びを深めるためにゲストから出された事前学習に必死に取り組んでいます。また、修学旅行が終わった後も、中学生は東京での学びを石巻に持ち帰り、それを自分のものとするため事後学習としてアウトプットをする予定です。

「震災があっても、負けない力をつけてほしい」
私たちEnはこれまで、「中学生が自分自身と向き合う」ということを目的に学習支援を続けてきました。震災から4年が経った今、普段の学習支援の枠を超えて、修学旅行という新しいチャンスで彼らの可能性を広め自信をつけるきっかけを提供したいと考えています。

ここまで、中学校の先生方、石巻の地域の方々、いつも寄付や活動を通じてサポートしてくださる方々、この企画のゲスト、頼もしいEnのメンバーに支えられてこの企画がカタチになろうとしています。

これからも皆様と「共に歩む」存在として頑張っていきます。
引続き、応援宜しくお願い致します!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加