被災地支援プロジェクトチームEn

東北の中長期的な復興を目的としたボランティア任意団体です。活動のご報告をしていきます。

【学習サポート】2016年度第6回:社会に広げたいリーダーシップ

2017-01-25 22:31:01 | 日記


12月、1月の学習サポートは、中学生たちが受験に向き合う姿勢に変わるために、
まずは私たち自身が変わることを求められた回でした。

それがEnの伝えたかった「リーダーシップ」という考え方そのものであり、メンバーにとって、
組織としての考え方、自分と相手のあり方を考え深める機会としてもらえました。

チームの目的に当事者として臨むこと、それを可能にするチームとしての意識。
その心地よさが、Enの活動を超えて社会に広がってくれたら。

前回の12月メンバーの投稿に続けて、1月メンバーが「リーダーシップ」について考えを深めてくれました。ぜひお読みください。

-----------------------------------------

「リーダー」あなたの思うリーダーとは、どんな人でしょうか。

「リーダーシップ」そう聞いて、どんなことを想像するでしょうか。

Enでのリーダーとは、チームのメンバー全員。
リーダーシップとは、ある目標を達成するため、チームのために貢献すること、自分のできることを実践すること。

リーダーシップと言うと、頼り甲斐のある1人のリーダーがメンバーを引っ張る、というイメージが強いかもしれません。
Enの活動では、
①お互いを尊重すること
②相手の話をしっかり聴くこと
③メモをとること
④コミュニケーションに努力すること

これら4つをルールとして、1つの目標に向かってメンバーひとりひとりがリーダーであることを強く意識し、
主体性を持って活動していました。

全員が同じ負担で仕事をしなければならないという訳ではなく、できる人ができる時にやる。
でも人任せにはしない。常に周りを見渡し観察して、「今自分に何ができるか」「誰か困っていないか」
「今自分が何をしたらメンバーが助かるか」を皆が考えていたと思います。
こうした「主体性」と、常に相手に寄り添って考えること、聴くこと、がメンバー内に信頼関係や団結力を生み、
活動をより活気あるものにしたのだと感じます。

しかしこのEnのリーダーシップは、Enの活動内だけではなく、社会のあらゆる場面においても応用できると考えます。
学校、会社、組織、政治等々、このEnのリーダーシップがスタンダードになったら、日本社会はどんなに活気あるものになるでしょうか。
ひとりひとりが主体的に参加をしたら、議論をしたら、耳を傾けたら、どれだけたくさんのアイディアが生まれ、
どれだけたくさんの解決策が導き出せるでしょうか。

今回のEnの活動を振り返って、「不満」というものが生まれなかった、と感じました。
それは他人事にせず、そこにある問題に当事者として向き合ったから、そして全員がリーダーだったからだと思います。
「何でやってくれないの」「何でこうなの」。私たちが一般に想像するリーダーシップでは、どこかで溝が生まれ、不満が生まれます。
「どうしたらより良く変えられるか」「自分には何ができるか」。
全員がこの視点に立てたとき、その問題が、組織が、社会が変わっていくのだと思います。

リーダーシップ。少々重荷に感じる言葉かもしれません。
でも、チームのために自分ができることで貢献すること、と捉えると少し肩の荷がおりるのではないでしょうか。
このリーダーシップが社会に広がることを願うとともに、まずは私自身が身の回りで実践していきたいと思います。

(あゆみ)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【学習サポート】2016年度第6... | トップ | 【学習サポート】2016年度第6... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。