被災地支援プロジェクトチームEn

東北の中長期的な復興を目的としたボランティア任意団体です。活動のご報告をしていきます。

【学習サポート】2017年度第4回:11月学習サポート 活動報告

2017-12-09 13:42:37 | 日記
11/24-11/26に学習サポートを行いました!

今月は「中学生が苦手(伸びしろ)に向き合う勉強法を見つける」という目的で活動を行いました!

先月は台風の影響もあり活動が1日しかなかったことで生徒達の声に十分に耳を傾けられなかったという課題が残ったので、今月は特に中学生のモチベーションを維持すること、そのために1人ひとりに丁寧に向き合うことを心がけました。

勉強面については3年生とこれまで何回か参加してくれた子たちは伸びしろを見つけること、初参加の1.2年生は勉強を楽しんでもらい、その上でひとつでも「わかった!」という経験をしてもらうためにEnが大切にしていることを伝え、一緒に基礎を固めることを大切にしました。

3年生は積極的にスタッフにわからないところを聞きながら、粘り強くそれぞれの伸びしろに向き合ってくれました。
1.2年生は、初めは少し遠慮がちだったものの、次第に基礎からの学習を楽しんでくれるようになり、途中からは自分から積極的に答えを言ってくれるようになりました。

その結果、アンケートは以下のようになりました。

〈振り返りの結果〉
(5:とてもそう思う、4:そう思う、3:わからない、2:そう思わない、1:全くそう思わない)

Q1.学習会は満足できましたか?
→5が70%、4が23%、3が7%

Q2.楽しく勉強できましたか?
→5が67%、4が30%、3が3%

Q3.伸びしろに向き合おうと思えるようになりましたか?
→5が67%、4が22%、3が11%

また、記述式アンケートの結果では以下のような声を聞くことができました。

〈記述式アンケートの結果の一部〉
・伸びしろに向き合うための自分なりの勉強法は、基礎に戻ってやり直す。なぜならば、もう1度基礎をやることで自分の苦手な部分を理解できるから。
・Enは自分の苦手なことを素直に話せる場。
・学習会は優しく丁寧に教えてくれる場所。
・学習会は楽しく勉強ができるところだと思います。

このように、多くの子たちが自分なりの勉強法を見つけられたり、学習会という場でスタッフと一緒に勉強することで勉強をただ大変なものではなくプラスに捉えてくれたことがわかり、先月のフォローもしっかりできたのではないかと考えます。

今月は年内ラストの学習会になります。ゴールから逆算して何を伝えたいのか、中学生にどうなってほしいのかをしっかり考え当日を迎えたいです。
(こがっち)



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【学習サポート】2017年度第3... | トップ | 【学習サポート】2017年度第4... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事