ぱたぱた仙鳩ブログ

徳島から書道文化を発信します。

第4回 仙鳩書展

2016年12月07日 | 日記

12月7日(水)、既に標記の展覧会が始まっています。もう始めてから4回目になりました。大学のオープンカレッジ「書に遊ぶ」の受講者の他に、かつての受講者や、オープンカレッジの時間にたまたま隣の部屋にいて、1回だけ参加した学生の作品、かぜまーるのポロシャツなどを展示しています。会場はいつもと同じ、徳島市の中心部にある千秋閣1Fのパブリックギャラリーです。徳島市役所のすぐ南側にあるホテルにあります。ホテルの場所がわからない方は下記サイトをご確認ください。

http://www.sensyukaku.jp/access/

 

山本淹子(ひさこ)さんの、ろうけつ書「道」。

植野美穂さんの隷書「山高水長」。

同じく植野さん。両国内町の陶芸家である八寸先生の協力を得て、植野さんが授業内で制作した陶器製の額に、篆書の「夢」を入れました。

三宅素子さんの隷書「高情與青松共爽」

新井義治さんの隷書「歳月如流水」。

講座卒業生の満村泰子さんの彩墨画「ひよこ」

大学院生の長野勇輝くんの篆書「楓」。和紙をちぎって書いています。「文房四宝研究」の授業内で、紙の研究の一環で制作した作品です。

大学3年生の界慶子さんの行書「愁」。たまたま隣の部屋にいて1時間だけ特別参加しました。淡い青墨で書いています。文字配置が抜群。

3年生の潮崎佳那さんのろうけつ書「いつもありがとう」。たまたま隣の部屋にいて1時間だけ特別参加しました。かわいい作品です。

太田の旧作。世阿弥の言葉「秘すれば花」。昔、軽井沢で買った写真額に手漉き和紙ハガキの作品を入れました。

妻のろうけつ書「藍愛」。徳島に移住してから藍染めの製品と出会ってそれが大好きになり、最近は藍染めの服やスカーフを好んで身に着けるようになりました。

今回は、小品ばかり約30点が展示されています。

29年の1月5日(木)まで、9:00~19:00。約1ヶ月間、無休で展示されています。

時々、部分的に展示替えもします。

ホテルのフロントの方が管理して下さいますので、受付はおりません。自由にご観覧下さい。この会場は、受付も置かずに無料で1ヶ月間お借りするという破格の条件。大感謝です。

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« かぜまーる フーヌイユまつ... | トップ | 脇町見学2016 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。