ぱたぱた仙鳩ブログ

徳島から書道文化を発信します。

芳藍祭2016 1日目

2016年11月11日 | 日記

11月11日(金)、今日から、四国大学の芳藍祭が始まりました。今日は平日ですので、一般客は少なめです。天気が良くて、紅葉も輝いています。祭り日和です。

書道文化館1Fでは、書道クラブの書道展が開催されていました。

クラブ員の井上さん、宮崎さんがいて、見学に来た4年生の美馬君と話していました。クリスマスツリーをあしらった合同作品が楽しいです。

3年生の門田君の作品は、「まとまの間」 という哲学的な題名の作品でした。敢えて隅のところに間をあけて展示するという新しいスタイルです。

会場には、例年のように、青春川柳の入賞作品も展示されていました。書道文化学科の教員5名が分担して書きました。

野外ステージでは、渡邊君がカンフーを披露していました。彼は中国武術クラブにも所属しています。右端がそうです。

藍の家の会場では、生活科学科の学生たちの制作した藍染め製品が販売されていました。毎年、この文化祭の時に学生が作った製品を購入して愛用しています。今年は藍染めのハンカチを購入しました。

夕方、暗くなってからは、生活科学部デザイン専攻の学生達による「アンドン・シコナリエ」が実施されていました。絵を入れた燈籠にLED電球をつけています。静かでお洒落な雰囲気です。

明日、12日(土)の10:00~10:20に、野外ステージで書道クラブの「書道パフォーマンス」が披露されます。長期間練習を積み重ねたので、完成度も高くなっているでしょう。今年は天候が良さそうです。ぜひ皆さまお出かけください。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高松藩校講道館展 | トップ | 芳藍祭書道クラブパフォーマ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。