ぱたぱた仙鳩ブログ

徳島から書道文化を発信します。

紙漉き授業2

2016年10月17日 | 日記

10月17日(月)、大学院の授業「文房四宝特論」の紙漉き授業の2回目です。既に材料の下準備は2週間前に終わりました。長野君が、ミキサーで材料を何度か砕いています。

何度か洗って精製しながら繰り返すと、徐々に白い繊維が水に浮遊するようになります。

ボールに水を張って、木枠に網を付けたものにあけて、表面を整えます。

雑巾の上に置いて、枠を外します。雑巾でサンドしてプレス。水分を吸い取ります。

アイロンで乾燥させます。

白い繊維が全体に絡んで、紙に仕上がりました。茎の表皮が強くて、全体に緑色の紙になってしまいました。春先だと、皮が柔らかいのでもう少し白っぽくなります。でも風合いのある紙です。ここに書を書かなくても、額の地の装飾用に使うことができます。

一見、アサクサノリのような感じですが、やはり和紙としての強度はあって、簡単には破れません。この日は、このほかに、和紙の反故を砕いて、ハガキも作成しました。普段なにげなく紙を使っていますが、材料から自分で作ってみると、紙に愛着が湧きます。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 四国放送まつり2016 | トップ | 石濱裕美子先生の高松市での... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。