ぱたぱた仙鳩ブログ

徳島から書道文化を発信します。

岩手大学の学会

2016年09月26日 | 日記

9月23日の夕方に飛行機で出かけ、24日(全国大学書写書道教育学会)、25日(全国大学書道学会)に出席して、夕方徳島に戻ってきました。来週に岩手国体が有る関係で、盛岡市内は全く部屋が空いていなくて、仕方がないので新幹線で一駅前の新花巻の駅前のペンションに2泊しました。「ケンジの宿」という場所です。トイレや風呂は共同で家族的な雰囲気でした。徳島の特産のスダチをお土産にしたらたいへん喜ばれました。

花巻は宮沢賢治の故郷です。記念館も近かったのですが、時間の関係で開館時に行くことはできず、でも駅前に賢治ゆかりのモニュメントもたくさんあり、景色や町の雰囲気を楽しみました。これはセロ弾きゴーシュのレリーフです。

銀河鉄道のモニュメントです。

学会会場の岩手大学です。

教育学部の建物の前に学会の看板が立っていました。

シンポジウムでは、国で新たに常用漢字表の字体に注目されたことがテーマとなりました。上越教育大学の押木秀樹教授が重要な策定メンバーの一人として出席されていました。彼は信州大学での後輩なので、活躍を応援しています。また、山梨大学の宮沢正明教授は、長野県で高校教員をしている時に、何度か教育研究集会の講師にお呼びしてお世話になった先生です。

別会場で学会会員の先生方の書道展も開かれていました。

今回は、岩手県ゆかりの宮沢賢治や高村光太郎の文章を題材にするテーマ作品展示でしたので、私は光太郎の言葉を作品にしました。

全国大学書道学会では、福岡教育大学大学院2年の日高拓哉君が朝鮮書道史の発表をしていました。日本が朝鮮半島を支配していた時代のハングル書芸の実態に関することでした。私も関わっている朝鮮書道史の若手研究者が出てきたので、楽しく拝見しました。書道史も中国・日本・朝鮮半島をすべて見ていくことで、東アジアの文化としてよく理解できます。

東北と長野県はやはり気候も近く、雰囲気がよく似ていました。年に一度は、このような全国的な学会に出て様々な地域の先生方と交流すると刺激を受けます。帰りはやはり7時間ほどはかかりましたので、明けた今朝はまだ疲れが残っています。明日は卒業論文の中間発表会があり、明後日からは後期の授業開始、今週末は松江に出張、その翌週はマチ★アソビと、また仕事がどんどんやってきますが、楽しみつつ頑張ります。

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

セレモニーホール「花水木」の看板 

2016年09月21日 | 日記

9月21日(水)、1週間前に標記の板の扁額を2枚依頼されて、1枚を2年生の遠山颯希さんにお願いしました。彼女は重厚な隷書が書ける学生です。「遍照殿」と隷書で書く依頼を受けました。何度か紙に練習してから、一気に板に書きました。

印を押して出来上がりです。板がカーブしているので、少しだけ扇型のように書いてもらいました。うまく入っています。板の割れ目がありますが、「花水木」の社長の柳本さんによれば、仏教で縁起の良い木なので、割れ目は気にならないそうです。

本日夕方に、大学に取りに来られましたので、遠山さんと一緒に記念撮影させていただきました。縦書きの方はたいへん難しい配置を要求されたので私が書きましたが、もう少し線が太くてもよかったです。これらの看板は「花水木」の香川県坂出市のホールに飾られるということです。

この書が、ご葬儀の雰囲気を少しでも和らげる存在であればうれしいことです。

これがかかる場所は、下記のサイトに示された場所のようです。

http://www.setouchiseremo.com/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エクセレント両国での書道教室3

2016年09月21日 | 日記

9月21日(水)、ゼミ学生4年生の赤瀬美乃里さんが標記の授業に取り組みました。施設は両国本町商店街の中ほどにあり、ウッドアイビスの少し北側です。私の妻が撮影係で参加して、写真データをもらいました。もう同施設での3回目の授業なので、本人も慣れたもので、事前に作品の題材をアンケートにとり、手本を書いておいて、参加者に書いてもらいました。俳句が趣味で、ご自分の俳句を書かれた方もいます。参加者は約20名でした。

職員さん3名がお手伝いをしてくださいました。慣れた職員さんがお年寄りに声かけしてくださるので、皆さん、安心して取り組んでいます。

最初は、あまり乗り気でない人もいましたが、だんだん皆さん楽しさに目覚めてきて、最後は和気藹々とした雰囲気で、約1時間を過ごしました。一人一作品は必ず提出ということで行ないました。

第1回目の教室の作品を裏打ちして、色画用紙に貼り付けたので、この日に展示して頂きました。楽しい作品がたくさんできていました。

福祉施設で、書を活用する方法を模索する卒業研究が着々と進んでいます。彼女も、このような授業を1人でどんどん進めることができるようになってきて、頼もしい限りです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ウッドアイビス2016秋作品

2016年09月18日 | 日記

9月18日(日)、昨日、希望の書展の搬出作品の中から3点を、徳島市両国本町商店街のウッドアイビスに飾りました。既に2点を半年ほど飾っていましたが、椿がテーマの作品で、かなり時季外れになっていましたので掛け替えました。

まずは、大分県出身、2年生の後藤知美さんの作品、「綺羅星」です。線が冴えています。

次は、大分県出身、3年生の中野佑衣さんの作品。ガーベラの花言葉「夢と希望」です。墨彩画も彼女の作品です。

最後は、和歌山県出身、2年生の橋本薫さんの作品。これは書道作品としては異色の作品で、「望」の文字を招き猫の絵の一部にしたデザイン書道です。発想がすばらしい。このレストランには、小さなお子様もたくさん来られます。月に2度は「子ども食堂」と題して、お子様だけを招待する催しもありますので、喜んでいただけると思いますし、お客様をたくさん招いてくれる縁起物の作品です。

今後は、3カ月に1度くらいは作品を替えて、なるべく大勢の学生の作品を展示するようにしたいと思います。お客様に楽しんでいただけると嬉しいです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第4回 希望の書展 搬出

2016年09月17日 | 日記

9月17日(土)、夕方、標記展覧会の搬出に行きました。今日は単独行です。現地で実行委員の皆さん3名が手伝ってくださいました。看板は一昨日、帰る直前に時間が無い中で私が2分で書いたものです。なぐり書きで、時間のところの空間が狭くなってしまいました。最初にもっと計画すべきでした。反省点です。スカイピアの前に飾られていました。

スカイピア会場が終了する1時間前に着いて、見に来られていた地元のデザイン会社の社長さんともお会いして、今後の協力体制を築くことができました。やはり学生の応用力を見ていただくことでこのようなつながりもできるのだと思います。スカイピアの片付けを40分間ほどで済ませてから、次に蚕糸記念館に移動しました。こちらの看板は一昨日に宮崎隆子さんに書いてもらったものです。

搬入時は3・4班の合同作品が撮影できなかったので、今日しました。

全部片付を済ませた後に、実行委員会の3名の方の記念撮影をしました。台風が近づいて蒸し暑い中、皆さん汗だくで作業して頂きました。ありがとうございました。なお3枚の巨大作品は、取り外しに労力がかかり、持ち帰っても置く場所がないので、蚕糸記念館に寄付してきました。まだしばらくは展示されていますので、見逃した方はお出かけ下さい。

今回の展覧会は、両会場とも、2日間で地域住民の皆さん約60名の方が見に来て下さいました。延べ人数で120名です。おそらくは両会場を見ていただいた方が多いと思います。人口の少ないこの地域としては、予想以上の来場者です。皆さんにたいへん喜んで頂きました。特に蚕糸記念館長さんからは、「開館以来最高の入場者数だった」と言われました。このような会場を蚕糸の産業遺跡の展示会場として見るだけでなく、芸術作品の展示場として考えたことが、多くの皆さんに驚きを与えたようです。今後、この会場で絵画や写真、生け花の展示会をすることも、館長さんに提案してきました。コスプレの撮影会なども面白いでしょう。田舎の古い施設にも、まだまだ様々な可能性があると思います。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加