パタヤ日本人友好会のブログです

パタヤ日本人友好会の色々投稿です。。

タイに長く住んでみたい人(短期)継ぎ足し文章方式

2017-06-27 01:23:31 | パタヤ日本人友好会イサン支部
前のブログでイサンの生活費の事を書いて見たのですが、其処までびっちりでなくて気楽にタイに居た人の?事を書いて見たいと、思います。
何を今更、と、言われそうですが、私の経験は、多くの雑誌やネットで書かれて有るのとは、少し違う状態で20世紀末から今まで、ずっとタイに居る事実に、基づく説明なので、気楽にタイに居たいひと向きだと、思うので、参考にならない可能性が高いのですが、書いて見たいと思います。。

私のタイでの1日めは、休暇を取らない私に強制的に、勤め先から休暇を取らされた事に始まります、書類を書くので、行き場所を考えて居る途中に、都内の地下街の出張旅行デスクに、8日で70000円の海外旅行が、出て居たので、決めて書類を勤め先に出して出向いた、海外がパタヤだった訳で、プールサイドでコーラ干しを、目指してタイへの、飛行機に乗っちゃいました。

着るものは現地で買えば、良いぐらいの気持ちで、手持ちの旅行バックは、アタッシュケースを、一回り大きくした位の、もので、中身もてじかなものと、本ぐらい。。

この時はまさか此処から、20年近く日本に戻らないとは、夢にも思わない、タイの始まりでした。

続く。。



と書き出しは文章で書くと、綺麗ですが実際は、結構ドタバタな始まりでした、最初は、両替で当時一万は二千バーツも無かったので、小遣いを余り持って来なかったので、此処で金欠病になり、慌てて送金、次にパタヤの町の特徴を、まるで知らなかった、為の間違いなど、次に言葉の問題、当時のタイ人の白人崇拝主義など。。

此処で最も大きな問題は、タイでは無くて日本人の問題、当時の日本人の多くは日本では、滅多に見掛けない日本人が、大半を占めて、又、彼らを普通の日本人だとタイ人が思っている事など、多くの点で日本の日本人のそれとは、違う事。。

これらが、当初予定のタイの滞在期間に全て起こって仕舞ったこと、これらの事が結局、私の足をタイがひっぱって、現在に至る訳ですが、これらの事の問題を、上手く切り抜けて、現在に至る訳ですから、ある意味タイは、逆に目に見えない部分で住み易い国なのかも、知れません。。

続く。。



話は、庶民的なスペースに戻るのですが?短いツアーから始まった、私のタイの日常ですが、着替えをパタヤで買えば良い考えが、買った服の仕舞い場所が、元から無いので、パタヤでスーツケースを、買う羽目に、成りました。

幸いな事に当時の、タイの物価は今に比べて、日本円のレートは悪いのですが、安かったので、服もバリバリ着替えが増えて、スーツケースのサイズも、大きく変わって行ったのには、笑って仕舞いました。

続く。。。




で次は食い物の話で、私はタイに旅に来る人の様に、何もタイ料理を食べる趣味や気は無かったし、バカの一つ覚えの様な、バックパッカーの様な屋台でメシを食う気もないので、ずーっと日本食を普通にタイのパタヤの日本食屋で食べて居ました、気楽に格安に便利に当時のパタヤでは、日本食がたべれた所為も有りますがこれが、私のタイ全土へ旅をする場合の、障害になりそうでしたが、不思議と当時でも日本食を食べれる所が、大抵の地域にあったので、問題にはならなかったと言えます。。
最近は韓国式の様なムウカタと言うのが、多いのですが、当時は普通の日本風の焼肉も各地域にあったので、これが、幸いして、地方でのスタミナ補給に、成った感じですね。。

偶然、立ち寄った茶店にてステーキが有り、注文して、食べたところ、懐かしい昭和の時代のビフテキの、味だったので、結構田舎の茶店だったので、思うにタイでタイ料理を食べるだけで無くて普通の、物を食べて見るのも良いかも知れませんね。。


これが私がお節介を、頼まれはじめた大きな原因になり、日本食しか食べれないかたや、帰国後直ぐに重要な要件の仕事などが有り、食を試せない方が多かった所為も有ります。

続く。。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 移動の | トップ | イサンでの生活費の続編。。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。