パース日本語キリスト教会

オーストラリア西オーストラリア州パースに有る日本語キリスト教会の活動報告を掲載いたします。

日曜礼拝 2017年7月16日

2017-07-16 21:08:53 | 日記
ワーシップソング
ただ一つの願い
あなたの御顔を
待ち望め主を
栄光イエスにあれ

聖書箇所:ガラテヤ3章1節~14節
説教題:原点に返る

要点
1)回心の時の霊的体験に返る
@@「愚かな」という呼びかけは、知識・理解の欠如を意味する。知性の欠如ではない。
@@「迷わせた」という語は、魔術などにかけられた様子を表す語。
@@しかし、十字架上のキリストは彼らに明らかに示されたのだから、パウロの質問への回答は、
@@御霊によってであるということは明白である。その入信の原体験、回心の体験に返ることが
@@必要である。
2)聖書に見出されるアブラハムの信仰に返る
@@ユダヤ主義者である偽教師もアブラハムを父祖として尊敬していたため、アブラハムの例は
@@有効な反論であった。また、異教の文化から唯一の神に帰依したという点で、異邦人の回心
@@の理想的な模範と考えられた。しかし、そのアブラハムが義とされたのは律法ではなく信仰
@@のゆえであった。異邦人も霊的なアブラハムの子孫であるから、信仰のゆえに義とされる必
@@要がある。
3)聖書の律法と預言者が証するイエス・キリストの知識に返る
@@ルカ24章で、イエス・キリストがエマオの途上で弟子たちに現れた時にも復活を理解しない
@@彼らに愚かであると言われた。そして、律法、預言書を通してもう一度キリストについて説
@@明をした。パウロも同様に律法と預言書から律法はのろいをもたらし、義人は信仰によって
@@生きることを簡潔に説明をする。
@@13節の「木」は、人を固定する木という意味が有り、十字架を意味することになる。キリス
@@トが人類の罪のために身代わりになってのろいを受けられたことが、旧約聖書から説明され
@@る。
@@ガラテヤのクリスチャンが信仰に入る時にも説明されたはずの事柄である。

説教音声ダウンロード (mp3ファイルをダウンロードすることができます。)
ダウンロード画面右上のダウンロードボダンをクリックしてください。


SOUNDCLOUDプレーヤーは3週間程度で削除されます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日曜礼拝 2017年7月9日 | トップ | パース日本語キリスト教会概要 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。