パース日本語キリスト教会

オーストラリア西オーストラリア州パースに有る日本語キリスト教会の活動報告を掲載いたします。

日曜礼拝 2017年7月9日

2017-07-12 12:29:39 | 日記
ワーシップソング
生ける限り主を
小羊イエスよ
イエスこそ我が主

聖書箇所:ガラテヤ2章11節~21節
説教題:神の恵みを無にしない

要点
1)人を恐れることによって神の恵みを無にしない
@@ペテロは割礼派のユダヤ人を恐れたために、異邦人クリスチャンと食事をしなくなった。
@@それは、イエス・キリストによって分け隔てなく全ての民を一つにされた神の恵みを無にし
@@た。
2)イエス・キリストによる義という神の恵みを無にしない
@@伝統に従えば、異邦人がユダヤ人と食事をするためには割礼を受けて改宗者となる必要が有
@@った。
@@それは、イエス・キリストによる義を不十分なものとして神の恵みを無にすることだった。
@@パウロはペテロを始めとするユダヤ人クリスチャンに、福音の原点を思い起こさせている。
@@➡我々ユダヤ人もキリストによってのみ義とされることを信じて受け入れたではないか。
3)私達の内に生きて働き続けておられるイエス・キリストを否定して神の恵みを無にしない。
@@ペテロの理解と行動が一致していないことを指摘している。
@@キリストによって一つにされたから異邦人とも食事ができるようになったのに、伝統に帰る。
@@そこで異邦人と食事をすることを罪とするならば、一致をもたらしたキリストが罪の助成者
@@となる。
@@それは全く理屈に合わないことである。
@@20節「私はキリストともに十字架につけられました。」は現在完了時制である。すなわちキリ
@@ストの救いの御業は過去に完成し、その効果が現在も持続していることを示す。
@@キリストの救いの中で、キリスト者は完成されたのに、それを不足として律法を要求するなら
@@ば、律法だけでも十分であったことになり、キリストの十字架は無駄になる。
@@パウロは今も生きて自身を義としてくださるキリストの恵みを無にしない。

補足
ペテロ、バルナバ、ユダヤ人クリスチャンは、悪魔の誘惑の手口にまんまと引っ掛かっている。
偽兄弟、偽教師の欺きの手法は、悪魔の欺きの手法をそのまま踏襲している。

説教音声ダウンロード
(mp3ファイルをダウンロードすることができます。)
ダウンロード画面右上のダウンロードボダンをクリックしてください。


SOUNDCLOUDプレーヤーは3週間程度で削除されます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日曜礼拝 2017年7月2日 | トップ | 日曜礼拝 2017年7月16日 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。