パース日本語キリスト教会

オーストラリア西オーストラリア州パースに有る日本語キリスト教会の活動報告を掲載いたします。

パース日本語キリスト教会概要

2017-09-24 21:46:30 | 日記
*教会概要は常にトップに表示されます。活動報告は、スクロールしてご覧ください。*

パース日本語キリスト教会は、オーストラリア長老教会西オーストラリア中会に所属するHenderson Memorial Presbyterian Churchの日本語部です。日本長老教会と協力関係に有ります。

所在地 101 Kimberley Street West Leederville 6007 WA

集会
日曜礼拝     午後1時より(第五日曜日は合同礼拝のため午前10時半より)
聖書研究会   火曜日午後1時より
プレイグループ 水曜日午前10時より(就学前のお子さんとお母さんのためのグループです。)

関連サイト等
Henderson Memorial Presbyterian Church
Facebook


2001年にアメリカ人宣教師Stephen Young師によって開拓されました。
Stephen Young師は2013年に帰国し、テネシー州で日本語礼拝の開拓を始めました。
Stephen Young師の現在の奉仕は、こちらと、こちらからご確認いただけます。

2015年10月森本実牧師が就任しました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日曜礼拝 2017年9月24日

2017-09-24 21:11:46 | 日記
ワーシップソング
さあ主の家に行き
心に感謝を持ちながら
イエス、麗しい御名

聖書箇所:ガラテヤ5章1節~12節
説教題:しっかり立ちなさい

1)キリストが私達を自由にされたのだからしっかり立ちなさい
  自由をくださったキリストがどのような方であるかを明確に確認すること。
  キリストから目を離すと、奴隷のくびきを負い、キリストから離れ、恵みから落ちる
  結果になる。

2)私達は信仰による義をいただく望みを抱いているのだからしっかり立ちなさい
  義をいただく望とは、審判の日に主から「無罪」という判決をいただくことである。
  それは、信仰により御霊によっていただくのであり、それは愛によって働く信仰につ 
  ながる。対照的に偽の教えは律法により行いによって義を求め、不安、敵意、分派に
  つながった。

3)私達はよく走り続けなければならないからしっかり立ちなさい
  よく走り続けるために心掛けるべきことがらは
  1-使徒たちが宣べ伝えた真理、福音をしっかり保持すること
  2-異なった教え、新しい教えを受け入れないこと
  3-偽の福音、偽教師を排除すること
   *「いっそ切り取ってしまったらよい(12節)は原文では「彼ら自身を切り離す」
    という意味が有り、彼らが去ればよいとパウロが思ったことをうかがわせる。

説教音声ダウンロード (mp3ファイルをダウンロードすることができます。)
ダウンロード画面右上のダウンロードボダンをクリックしてください
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日曜礼拝 2017年9月17日

2017-09-17 22:52:06 | 日記
ワーシップソング
主の名を賛美せよ
その御名は
主イエスの御名は

聖書箇所:ガラテヤ4章12節~31節
説教題:約束の子ども

1)約束の子どもは肉の働きを離れなければならない
  パウロが「私のようになってください」と訴えるのは、キリストのゆえに律法を去っ
  た姿勢に倣ってもらいたいから。
  肉の働きの有るところには、喜び・平安の喪失、敵意、分裂、人の注目を求める態度
  が現れる。
  求めるべきことは、神を愛し、互いに愛し合うキリストの律法である。
2)約束の子どもは律法(旧約)にキリストを見出す
  創世記のアブラハムの契約とイザヤ書の預言はイエス・キリストを証している。
  聖書全体をキリストの明かりを通して理解する姿勢を持つこと。
3)約束の子どもが真の神の国の相続者である
  肉の働きを象徴するイシュマエルが追放され、イサクと共に相続をできなかったよう
  に、約束の子どもでない者は神の国に入ることはできない。
  約束の子ども、信仰によって義とされた者だけが神の国を継ぐのである。

今週の説教音声は有りません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日曜礼拝 2017年9月10日

2017-09-10 22:13:00 | 日記
ワーシップソング
さあ主の家に行き
心に感謝を持ちながら
イエス、麗しい御名

聖書箇所:ガラテヤ4章1節~11節
説教題:相続人として

1)相続人として、私達はキリストに贖われた(1節~5節)
  贖われたという語は、奴隷市場から買われたことを意味する。
  ユダヤ人も異邦人も区別なく、キリストに贖われる必要が有った。
2)相続人として、私達は聖霊の証印を受けた(6節~7節)
  天の父なる神を「父」と呼び敬愛する心の存在が聖霊の証印である。
3)相続人として、私達は無価値なものを認識しなければならない(8節~11節
  キリストの贖いの前には、この世の道徳、異教の教えのみならず、律法さえも「幼稚
  な教え(3節、9節)」である。パウロは具体例をあげてその認識を促した。


説教音声ダウンロード (mp3ファイルをダウンロードすることができます。)
ダウンロード画面右上のダウンロードボダンをクリックしてください

SOUNDCLOUDプレーヤーは3週間程度で削除されます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日曜礼拝 2017年9月3日

2017-09-03 20:34:29 | 日記
ワーシップソング
さあ主の家に行き
心に感謝を持ちながら
イエス、麗しい御名

聖書箇所:イザヤ46章1節~13節
説教題:力強い救い主

1)偶像礼拝は虚しいものであるから力強い救い主に頼れ
  ベルやネボは後にユダ王国を滅ぼすバビロンで礼拝されていた。ペルシャに敗北し
  た時に、これらの神の像は略奪されてしまった。
  私達にとっての偶像は、神以外に私達が頼りとしてしまうあらゆる物事である。
2)悔い改めて力強い主に頼れ
  神はイスラエルの民を「そむく者ら、強情な者、正義から遠ざかっている者たち」
  と呼び、「わたしに聞け」と悔い改めを迫っている。
3)主がどのような方であるかを心に留めて力強い主に頼れ
  ・主は私達の全生涯を守ってくださる主である。
  ・主は比べ得るものなき全能の主である。
  ・主は救いと勝利をくださる主である。

説教音声ダウンロード (mp3ファイルをダウンロードすることができます。)
ダウンロード画面右上のダウンロードボダンをクリックしてください

SOUNDCLOUDプレーヤーは3週間程度で削除されます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加