わたしの可愛い小鳥ちゃん~15羽のセキセイインコとの日記~

15羽のセキセイインコだけが生き甲斐の明るく寂しい毎日を綴りたいと思います。

鳥飼になって初めて体験した光景

2017-09-10 17:12:11 | 日記
今日は朝の掃除中に雌のティアラが脱走したのをきっかけに雌の放鳥日になりました。

雌はトラブルが多いのでかなり注意しての放鳥で、軒並みちゃんと6羽いるか確認します。

夕方、1、2、3……?アレ、一羽足りない。

「キューちゃん、キューちゃん、どこ??」

キューティーがいません。

既にいつも居る和室にはいないと考えた飼い主、家中の電気を付けて、キッチンへ行く。

キッチンにはベランダに通じる窓があるのですが、その編み戸に直接張り付いている物体が!!

カーテンはもちろん半分普通のカーテン、その後ろにレースのカーテンが掛けてありますが、ほんの少しレースのカーテンが開いていた様です。

私も10年セキセイを飼ってきて、昔の子供たちはとにかく野獣野生化で暴れまわりました(笑)が、気を付けていたので、編み戸になんて触れさせた事はありませんでした。


ほんとお外に出なくて良かった、10秒位心臓が止まった様な気持ちしました(泣)。

時々強風で編み戸が自然に開いてしまうので、南側はロックが掛けてあります。←北側は行かないと信じて無防備でした。


キューちゃん、青いお空に憧れるのはよく分かるけれど、もう本当に勘弁してよね🙍💨⤵

ごめんなさい、飼い主過保護のカホコちゃんママです(笑)。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加