日本スピッツPITZちゃんKINGくん ワンコとお散歩いつでもいっしょ ピッツすぴっつのブログ  いつでも一緒

少なくなった日本スピッツ
先人たちがつくりあげた固定種
大切に次世代に残したいですね

ニホンスピッツ! ニホンスピッツ保存会

2017-04-18 14:19:46 | ニホンスピッツ保存会

 

ニホンスピッツ保存会 (代表代行の名の下で)

 

日本スピッツ PITZ.MOKOMOKO.KINGのお散歩お出かけ。



少ない資料より

(書籍と満洲生まれ、満洲育ちの、 故岸田誠司氏より当時の事を教わる)

 故(岸田誠司氏) 

(日本スピッツ協会 組織部長、審査員、ニホンスピッツの撮影、交配の指導 等歴任)

(ニホンスピッツクラブ 顧問、審査員、審査員指導、等歴任)

 

 初代 ニホンスピッツ協会の歴史(一番最初にニホンスピッツの団体を立ち上げた組織です)

 現 ニホンスピッツ協会(上の団体とは違う団体です)

 この二つの団体の同一名称! この事も詳しく教えて頂きました。

 当時の仲間の(友人)方々も90歳位

 ニホンスピッツの歴史を 書に残されたら嬉しいでのですが。

 

 

ニホンスピッツの(元来)大元の基礎犬は?

戦前戦中戦後?

旧ロシアがつくった町ハルピン

白色系ロシア人が飼っていたホワイトスピッツを

満洲より日本に移送しました(軍用犬を扱う者が極秘で)

 

 

 

わかった名前を記述します。

 マック・ハルピン

 カーテー・ハルピン

   (上の二頭の交配で生まれたのが、タフィ・オノ)

 ホワイト・キング・ハルピン 

  (うちのKINGくんの愛称名ホワイトキング)

 ケニー・オノ(ハルピンから来た系統)

 フリッカー(ハルピンから来た系統)

 

 

アメリカ/カナダ方面から移入したホワイトスピッツ(アメリカンエスキモー犬)の

系統はわかりません(交配に成功?)

 

 

 第二次基礎犬の 代表犬 白王は

ハルピンから来た系統です。

 

少ないニホンスピッツの交配は 親近交配は当たり前の様に行なわれていました。

(可哀想かもしれませんが 沙汰されて良い犬だけを残す事になります)

 

白王の子供には 牡の子はいません。(全て牝犬)

 

 白王の親犬は

牡(♂) ハッポーキムラ

牝(♀) チェリー

 

 白王の兄弟犬は

第一子 富士

第二子 白王

第三子 コニー・オブ・アラカワ

 

  *

 

 残しておきたい ニホンスピッツ を

  つくりあげた方々(今回は未記入)と血統資料 と、思い

書き残します。

(各書籍等 に 渡来文がありますが 大元の事は記載されていません)

(金儲けの為 繁殖を繰り返した分けではありません)(一部に居たとも聞くが)

(より良いものをつくり上げる 日本人気質ですかね)

 

今日は ここまで

また 気が向いたときに 書き込みます。

(PITZちゃん、KINGくん、もこもこ丼 と 遊びまわっています。

(短い犬生と自身の健康、愛犬の思い出残しの為

 

昔の画像(PITZちゃん)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

https://pitzsnoopymokomokoking.amebaownd.com

 

 

ピッツすぴっつのブログ
 いつでも一緒

 

 

 

   とびだすピスケ2 まったねぇ~     サッ

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今年も終わりか櫻花 👀 | トップ | 今年見納めの櫻花の中で »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL