日本画家・伊賀晶子

日本画家伊賀晶子の山口での創作活動について。

芍薬のスケッチ

2017-06-02 10:57:34 | 土曜画廊
やっと芍薬のスケッチができました。 油性色鉛筆で描いたあとメルツという専用の溶剤で溶かして水彩風に描いています。 花はリアルタイムで葉は写真をもとに。 本当はすべてリアルタイムで描きたいけれど、今回は久しぶりに本画で描きたいので無理だと思いました(;^_^A 本画用のスケッチは細部まで描かないといけないのです。そうすると時間がかかりすぎて植物の動きに間に合わないのです(;^_^A ぶっつけ本番で色紙に描くならリアルタイムで描けます。
以下覚書。 3輪の花のうち2輪は花弁を数えたが80枚と120枚と差が大きいです。めしべは5つ、2つ、そしてないものもありました。 今年は牡丹にばかり気を取られて芍薬のお手入れがおざなりになっていたからそのせいかも(;^_^A

このスケッチをもとに本画のアイデアを練りながら、明日の土曜画廊のお掃除にかかります。

画廊の住所と連絡先については4月17日の投稿の山口新聞さんの記事をご覧くださいm(__)m
http://blog.goo.ne.jp/admin/editentry?eid=def16fe09ea3df7b728b8035974d90fe&p=2&disp=10
11時から18時まで開いています。

明日どなたかにお会いできるのを楽しみにしています(*^^*)
『うれしい』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 昨日は | トップ | ランチ会 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

土曜画廊」カテゴリの最新記事